Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/10/30
Update

【映画プレゼント応募】『おろかもの』キャストのサイン入りプレスシートを抽選で3名様に進呈!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『おろかもの』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて上映。

若手映画監督の登竜門田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む史上初の最多5冠を受賞したほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019観客賞、ドイツ・ニッポンコネクション2020にも正式招待されるなど、2019年の映画祭シーズンを席巻した映画『おろかもの』。

本作『おろかもの』が、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて公開されます。テアトル新宿では、11月20日(金)・12月4日(金)〜10日(木) 、シネ・リーブル梅田では、12月18日(金)〜21日(月) にレイトショー上映です。

上映を記念して、本作のプレスシートを3名様にプレゼント。芳賀監督と、キャストの笠松七海、村田唯の直筆サインが入った、非売品を手に入れるチャンスです。

スポンサーリンク

映画『おろかもの』とは?

(C)2019「おろかもの」制作チーム

本作の主人公は、高校生の洋子と、その兄の浮気相手・美沙
 
衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の物腰の柔らかさと強かさ、そして彼女の中にある心の脆さを目の当たりにして、ある提案をします。

本作は、そんな2人の女性による、新感覚シスターフッド・ムービーです

主演を務めるのは、田辺・弁慶映画祭でグランプリを受賞し高評価を得た『空(カラ)の味』や、『次は何に生まれましょうか』『アルム』などの笠松七海と、今泉力哉監督『退屈な日々にさようならを』等へ出演のほか、映画監督としても活躍する村田唯

2人は本作の演技で田辺・弁慶映画祭や各映画祭で俳優賞を受賞、その熱演と魅力、コンビネーションを高く評価されました。

その他にもイワゴウサトシ(『カメラを止めるな!』『カランコエの花』)、猫目はち(『退屈な日々にさようならを』)、南久松真奈(『スペシャルアクターズ』)など、インディーズ映画界で活躍してきた俳優陣が集結し、各々に当て書きされた役柄で魅力溢れる最高のアンサンブルを織り成します。

監督は、『空(カラ)の味』で撮影を務めた芳賀俊、監督作品『ボーダー』が映文連アワードで準グランプリを受賞した鈴木祥が共同で長編初監督を務めました。

本作は、『横道世之介』の沖田修一監督や『愛がなんだ』の今泉力哉監督等、今の日本映画界を牽引する監督を輩出してきた若手映画監督の登竜門田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む史上初の最多5冠を受賞したほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019観客賞、ドイツ・ニッポンコネクション2020にも正式招待されるなど、他の映画祭でも多数受賞し、2019年の映画祭シーズンを席巻した1作です。

『田辺弁慶映画祭」について

(C)2019「おろかもの」制作チーム

田辺・弁慶映画祭は、2007年に第1回目を開催し、今年で第14回を迎える和歌山県田辺市で行われる映画祭

若手映画監督を対象としたコンペティションを実施しており、全国から応募があった作品のうちから予備審査を通過した作品(入選作品)を映画祭において上映し、本審査を経て各賞が決定されます。

受賞作は「田辺・弁慶映画祭セレクション」としてテアトル新宿、シネ・リーブル梅田で公開

過去のコンペティション部門入選・入賞監督がその後商業デビューを果たすなど、「若手監督の登竜門の映画祭」として全国的に知られるようになっています。

映画『おろかもの』の作品情報

(C)2019「おろかもの」制作チーム

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
芳賀俊、鈴木祥

【脚本】
沼田真隆

【キャスト】
笠松七海、村田唯、イワゴウサトシ、猫目はち、葉媚、広木健太、南久松真奈

スポンサーリンク

映画『おろかもの』のあらすじ


(C)2019「おろかもの」制作チーム

結婚を目前に控えた兄の健治が、美沙という女性と浮気をしている現場を目撃してしまう高校生の洋子。

衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の物腰の柔らかさと強かさ、そして彼女の中にある心の脆さを目の当たりにして、自分でも予期せぬ事を口走ってしまいます。

「結婚式、止めてみます?」

2人の女性達の奇妙な共犯関係が始まり…。

映画『おろかもの』プレスシートプレゼントの詳細

(C)2019「おろかもの」制作チーム

「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」での上映を記念して、本作のプレスシートを3名様にプレゼント芳賀監督と、キャストの笠松七海、村田唯の直筆サインが入った非売品です。

プレスシートとは試写会などで、マスコミ向けに配布される宣伝用の小冊子。劇場鑑賞時には手に入らない、貴重なプレゼントとなっています。

プレスシートプレゼントの応募受付

(C)2019「おろかもの」制作チーム

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年12月10日(木)PM23:59まで

【当選者数】
3名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019「おろかもの」制作チーム

映画『おろかもの』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて公開。テアトル新宿では、11月20日(金)・12月4日(金)〜10日(木) シネ・リーブル梅田では、12月18日(金)〜21日(月) にレイトショー上映となります。

上映を記念して、本作『おろかもの』のプレスシートを3名様にプレゼント。芳賀監督と、キャストの笠松七海、村田唯の直筆サインが入った、非売品です。

応募締め切りは12月10日(木)。貴重なプレゼントをぜひこの機会にゲットしてくださいね。


関連記事

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】『太陽とボレロ』10組20名様ご招待!5月31日丸の内 TOEI①にて開催

『太陽とボレロ』一般試写会へ10組20名様をご招待。 オリジナルの映画を作り続けている水谷豊の監督作品第3弾となる『太陽とボレロ』。 “クラシックのオーケストラ”を題材に、音楽を愛する普通の人々の人間 …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『あらののはて』映画館/池袋シネマ・ロサへ5名をご招待。8月21日(土)より公開!

映画『あらののはて』は、2021年8月21日(土)より池袋シネマ・ロサレイトショー公開。 長谷川朋史監督率いる自主制作ユニット「ルネシネマ」第2弾として企画・製作された本作『あらののはて』。 国内の映 …

プレゼント応募

『スパイの妻<劇場版>』映画オリジナルグッズプレゼント!非売品のトートバッグを抽選で3名様に進呈

映画『スパイの妻』は2020年10月16日(金)より全国公開。 第77回ヴェネチア国際映画祭で、日本人作品としては17年ぶりの快挙となる銀獅子賞(監督賞)を受賞した、蒼井優主演、黒沢清監督最新作『スパ …

プレゼント応募

スタジオジブリの2022年オリジナルカレンダーを5名様にプレゼント!ウィンターキャンペーン開催

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』開催! ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)が、スタジオジブリを築き上げた数々の名作から最新作『アーヤと魔女』までを一堂にそろえた豪華作品集『ジブリがいっぱ …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント】特撮『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』10名様へ。3月19・20日に中野ゼロ視聴覚ホールにて公開!

『アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー』東京凱旋公開決定。 映画演出、特撮技術に造詣が深い石井良和監督が、日本特撮映画の技術と伝統を若い世代に伝えるため、ワークショップのメンバー、日本を代表す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学