Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『アーニャは、きっと来る』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。感動の児童文学を映像化!

  • Writer :
  • 大塚まき

児童文学の傑作を映画化。
『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。

映画『アーニャは、きっと来る』は、1942年、当時ナチス占領下にあったフランスはピレネー山脈の麓の小さな村で起きた奇跡を描いた物語です。


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

この度、『戦火の馬』などで知られるイギリスを代表する児童文学作家、マイケル・モーパーゴの傑作『アーニャは、きっと来る』が、2020年11月27日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開されます。

本作は11月の劇場公開に先駆け、10月31日(土)より開催される第33回東京国際映画祭にて「特別招待作品」としてジャパンプレミア上映されることも決定しました。

スポンサーリンク

映画『アーニャは、きっと来る』について


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019
ホロコーストを描いたナチス映画の多くはユダヤ人への迫害や差別を描いてきました。

ナチスの悪名高き指導者たち、片やユダヤ人を救うことで語り継がれてきたオスカー・シンドラーや杉原千畝。

しかし、第二次世界大戦時のヨーロッパではユダヤ人を救った名もなき市民も数多く存在しました。

原作者のマイケル・モーパーゴは、戦争を舞台に人間本来の姿やその本質を、市井の人々を通して問い続けてきました。

彼の代表作「戦火の馬」は、2011年にスティーブン・スピルバーグ監督によって映画化されています。

本作も原作者の思いを受け止め、従来のナチス映画とは趣の異なる、生きることの素晴らしさと希望を描いた異色の映画となりました。

原作「アーニャは、きっと来る」は日本でも出版され、主に中学生向けに推薦されています。

しかし、監督のベン・クックソンは、本作を大人まで含めたより広い客層に向けて制作し、史実に忠実な脚色を心掛けました。

暗い歴史に焦点を当てるだけではなく、羊飼いの少年の成長を雄大なピレネーの自然を背景に描き、様々な視点からアプローチした意欲作と言えます。

主役のジョー役を演じるのは、Netflixテレビドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で世界的に人気急上昇中のノア・シュナップが大抜擢。

少々気弱でどことなく頼りなさげな普通の少年が、恐怖に立ち向かう勇気を持ち、窮地を乗り越えて精神的に成長していく姿を見事に演じています。

ジョーの祖父役には、フランスで最も尊敬されている俳優の1人、ジャン・レノ

ジャン・レノ演じる祖父役のパートナーとなる変わり者の老婆役は、アカデミー賞®最優秀助演女優賞のアンジェリカ・ヒューストンがフランス農夫人そのものの好演ぶりを見せました。

ベテラン二人が、ユダヤ人の子どもたちを救わなければいけないという重責と苦悩をいぶし銀の演技で表現しています。

またジョーが慕うナチス将校役は、ドイツ人の名優、トーマス・クレッチマンが演じました。

映画『アーニャは、きっと来る』の場面写真


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

この度解禁された場面写真では、物語の舞台となるピレネー山脈を背景に悠然と佇むジョーの姿を始め、ユダヤ人救出に奮闘する姿や、ジョーを深い愛情で見守る祖父・アンリ役を演じたジャン・レノらと並び凛々しい表情を見せる姿が映し出されています。


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

さらには、そんな緊迫した状況下にありながらも、時折噛みしめる小さな幸せを感じ優しく微笑むジョーの姿を切り取ったスチールもあり、映画とノア・シュナップの魅力を存分に感じ取ることができます。

スポンサーリンク

映画『アーニャは、きっと来る』の予告編

この度解禁された予告編では、第二次世界大戦さなか南フランスの小さな村にナチス・ドイツ軍がやってきたことろからはじまります。

羊飼いの少年・ジョーは、生き別れとなった娘・アーニャを待つユダヤ人のベンジャミンに出会います。

アーニャが戻ったら、他の子どもたちと山を越えてスペインへと逃げる計画を知ることに。

村人全員を巻き込んだ前代未聞の救出作戦がどのような結末を迎えるのか…はらはらさせる予告映像となりました。

映画『アーニャは、きっと来る』の作品情報


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

【日本公開】
2020年(イギリス・ベルギー合作映画)

【原題】
Waiting for Anya

【監督】
ベン・クックソン

【脚本】
トビー・トーレス ベン・クックソン

【キャスト】
ノア・シュナップ、トーマス・クレッチマン、フレデリック・シュミット、トーマス・レマルキス、ジャン・レノ、アンジェリカ・ヒューストン

スポンサーリンク

映画『アーニャは、きっと来る』のあらすじ


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

1942年、ナチス占領下のフランス・ピレネー山脈の麓の小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、生活の大半を羊飼いとして過ごしていました。

ある日ユダヤ人・ベンジャミンと出会います。

彼は秘密裏にユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていました。

ジョーはこの計画を手伝うことになります。

かたやジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなっていました。

ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていましたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると協力を約束します。

村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャは来ません。

救出作戦は成功するのでしょうか…。

そして、アーニャは村に現れるのか…。

まとめ


(c) Goldfinch Family Films Limited 2019

原作者マイケル・モーパーゴは、この映画の舞台ピレネーの村を訪れた際、村人から、クマ狩りの話や、戦争中にユダヤ人等が国境を越えてスペインへ逃亡した実話、ドイツ軍占領時代のエピソードなどを聞いて、着想を得たそうです。

今回の映画化に際して、モーパーゴはこう言っています。この作品のテーマは、「本が出版された30年前よりも、今だからこそ重要になってきている」と。

原作者の思いを受け止め、ピレネー山脈を舞台に希望を捨てなかった人々の奇跡の物語を描いた映画をぜひ、スクリーンでご鑑賞ください。

マイケル・モーパーゴの傑作『アーニャは、きっと来る』は、2020年11月27日(金)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年12月13日〜14日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。 2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』。 中国新世 …

新作映画ニュース

『海底悲歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ピンク映画に挑んだ芸大生が上映拒否を乗り越えて劇場公開!

『海底悲歌(ハイテイエレジー)』は2021年4月23日(金)、上野オークラ劇場にて公開 映画界で活躍する多くの人材を輩出している大阪芸術大学。その卒業制作として堂ノ本敬太監督が手掛けた作品が『海底悲歌 …

新作映画ニュース

東陽一監督初の密着ドキュメンタリー『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』劇場公開情報!半世紀にわたり作品を撮り続けた監督が自らを振りかえる

『サード』、『わたしのグランパ』の東陽一監督初の密着ドキュメンタリー 映画監督にして脚本家の東陽一が、初めて自らの映画人生をカメラの前で語ります。 (C)2020 MONTAGE inc. 『サード』 …

新作映画ニュース

映画『ジョン・デロリアン』あらすじとキャスト。BTTFの車を開発した男の伝記は12月公開!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で世界的に知られる車“デロリアン”。 その開発の裏側にある知られざる真実が明かされる。 伝説の車を作った男“ジョン・デロリアン”初の伝記映画が日本公開決定! © Dr …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学