Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

しんゆり映画祭2018野外上映会の開催日時とアクセス。雨天の場合は?

  • Writer :
  • かりごめあき

2018年で第24回を迎えた、KAWASAKIしんゆり映画祭

恒例となった夏のイベント「なつやすみ野外上映会」は19回目を数え、今回は親子で楽しめる映画『パディントン2』の上映が決まりました

スポンサーリンク

しんゆり映画祭2018とは


提供:日本映画大学

1995年に川崎市の「芸術のまち構想」の一環として、KAWASAKIしんゆり映画祭はスタートしました。

今年で24回目を迎えました映画を楽しむ市民主導によるお祭りですが、90年代の当初、川崎市にある新百合ヶ丘周辺は新たに開発された地域とあって、これといった目玉になる文化事業はありませんでした。

現在の日本映画大学の前身である、日本映画学校の初代学長でもあった映画監督の今村昌平が、「文化が無いなら作ればいい!」という応援の掛け声もあったことを原点に現在の盛り上がりに至ります。

今では映画祭ボランティアによる、映画好き人々の熱心な活動に支えられ、第24回という新たな1ページの広がりを見せています。

なつやすみ野外上映会と『パディントン2』


(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

市民と街がつくる映画のお祭りのKAWASAKIしんゆり映画祭のプレ企画として、2000年からスタートを切った、なつやすみ野外上映会も今年で19回目

すっかり市民のあいだに根付いた2018年の上映作品は、ご存知『パディントン2』

パディントン生誕60周年となる2018年1月に公開された本作は、前作に引き続き“紳士すぎる”クマのパディントンが、ロンドンの街中を飛び回り大騒動を巻き起こし、さまざまな人たちの心を解きほぐすハートフルなエンターテイメント作品

原作者のマイケル・ボンドは、映画の撮影終了目前に惜しくも亡くなってしまいましたが、マイケルの優しいと祈りは確実の作品に盛り込まれています

夏休みに野外で親子で見るには、ぴったりな作品ですね!

上映される『パディントン2』は日本語吹替え版!

人気俳優の松坂桃李や斎藤工の日本語で吹替えが行われた作品は、小さなお子さんや野外で楽しむにはベストチョイスなので見逃せません。

スクリーンいっぱいにパディントンが大活躍する『パディントン2』は、あなたをはじめ、年齢や性別を問わず多くの人たちに満足いただけますよ!

スポンサーリンク

映画『パディントン2』作品情報


(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

【公開】
2018年(イギリス、フランス映画合作)

【原題】
Paddington2

【原作】
マイケル・ボンド

【監督】
ポール・キング

【キャスト】
ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、マデリーン・ハリス、サミュエル・ジョスリン、ジュリー・ウォルターズ、ベン・ウィショー(声)

【作品概要】
マイケル・ボンドの児童文学「パディントン」シリーズの実写映画化第2弾。

ブラウン家の一員として生活するパディントンは小さなクマのジェントルマン。そんな彼の前に、変装の名人の悪人が現れた。ヒュー・グラントが、新たな敵役フェリックス・ブキャナンを演じている。『シェイプ・オブ・ウォーター』が話題のサリー・ホーキンスの活躍も見逃せない、

心暖まるファミリー映画であり、ハラハラ・ドキドキのアクション映画であり、社会派映画でもある傑作に仕上がっている。パディントンの声を担当するのは、ベン・ウィショー。日本語吹き替え版では 松坂桃李が担当している。

映画『パディントン2』あらすじ

ロンドンのウィンザーガーデンでブラウン家の家族の一員として幸せに暮らす子熊のパディントン。今朝も電動歯ブラシ2本を使って、耳も鼻もきれいにしました! 

近所の皆さんともすっかり仲良しです。親切なお姉さんの自転車に乗せてもらい、車上からいつもドアの鍵を忘れる男性に声をかけ、お姉さんと別れるとゴミ収集車に乗せてもらい街に出ます。

ペルーで川を流されている時に助けてくれて、パディントンを育ててくれたルーシーおばさんの100歳の誕生日をお祝いするために、パディントンはプレゼントを探していました。

グルーバーさんの骨董品屋で、パディントンはロンドンの町並みを再現したユニークな飛び出す絵本を見つけます。

ロンドンに行く予定を立てていたのに、パディントンを育てるために、ロンドン行きを諦めたルーシーおばさん。この絵本を送れば、ルーシーおばさんにもロンドンの雰囲気が伝わることでしょう!

でも、この絵本、世界に一つしかない貴重品で、とても高価なのです。そこで、パディントンは働いてお金をためることにしました。どうしてもこの本をルーシーおばさんにプレゼントしたいのです!

散髪屋の助手として働き始めたパディントンでしたが、店主がいない間にお客さんが来てしまい、断ろうとしたのですが…。

スポンサーリンク

なつやすみ野外上映会の詳細

【名称】
第24回KAWASAKIしんゆり映画祭2018 なつやすみ野外上映会

【開催日時】
2018年8月25日(土) pm17:00開場。同時に屋台・ゲーム開始。
pm19:00より映画上映開始(21:00終了予定)

【開催場所】
川崎市立麻生小学校 校庭
川崎市麻生区上麻生3-24-1

【入場料】
無料(座席はブルーシートと若干数のパイプ椅子となります)

【アクセス】
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩8分
※駐車場の用意はありません。

【雨天・強風の場合】
*雨の場合は体育館で開催、定員500名になります。(整理券配布予定)

*屋台やゲームは規模縮小予定

*荒天の場合は中止

【問い合わせ】
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局 ()
TEL:044-953-7652 (平日10~18時に担当:大多喜/柳町まで)

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合21ビルB2階
E-mail:cinema-uma@siff.jp

まとめ

神奈川県川崎市の新百合ヶ丘で行われるKAWASAKIしんゆり映画祭

そのプレイベントして、川崎市立麻生小学校の校庭で開催される、なつやすみ野外上映会。

夏休み最後の8月25日の土曜日。普段の見慣れた校庭が屋台やゲームも楽しめるどこか懐かしい“村祭り”に変身!

地域の飲食店や障がい者支援団体のご協力いただく屋台と、映画にちなんだゲームも行われます。

ぜひ、お近くの映画ファンは足を運んでみてはいかがでしょう。お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『真夏の夜のジャズ4K』日本公開日/上映館。音楽ドキュメンタリーのデジタルリマスター版がスクリーンに蘇る!

『真夏の夜のジャズ』初公開から60周年。 ジタルリマスターされた4K版が本邦初公開! 日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス(アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ …

新作映画ニュース

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開。 日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族 …

新作映画ニュース

ロマンチックなデートの本編映像を公開!映画『パリ、嘘つきな恋』は真実の愛を描くラブストーリー

トンデモナイ嘘から最高の恋が始まります! 本国フランスで動員250万人超(2019年5月10日時点)の大ヒットを記録した、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が5月24日(金 …

新作映画ニュース

映画『君が世界のはじまり』あらすじ。キャストの松本穂香や金子大地らネクストブレイク俳優集結の特報動画紹介!

原作・監督:ふくだももこ×脚本:向井康介×主演:松本穂香。 ブルーハーツの名曲が劇中歌に! ふくだももこ監督最新作、映画『君が世界のはじまり』が松本穂香を主演に迎え、2020年夏に全国公開されます。 …

新作映画ニュース

【2019年11月22日〜23日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP