Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

  • Writer :
  • 石井夏子

衝撃の映像が露わに!
レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。

スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」。

2020年も10月より『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』(以降『シッチェス映画祭 2020』)が東京、名古屋、大阪にて、開催されます。

このたび、全6作をプレミア上映する本映画祭の予告編が、ついに完成しました。

常識度外視!刺激に満ちあふれたラインナップを、レジェンド声優古川登志夫が紹介します。

『シッチェス映画祭 2020』の予告編

常識も論理も通じない『シッチェス映画祭 2020』今年の6作品をまとめた予告編が解禁されました。

これまで、中尾隆聖や千葉繁、大塚芳忠がナレーションを担当してきた本映画祭の予告編に、満を持して古川登志夫が登場します。

「ドラゴンボール」シリーズのピッコロや、『うる星やつら』の諸星あたる、『ONE PIECE(ワンピース)』のポートガス・D・エース、『機動戦士ガンダム』のカイ・シデンなど多くのアニメキャラを担当する古川登志夫。

古川登志夫が、新時代最恐の悪夢『シッチェス映画祭 2020』予告編のナレーションを担当、予告編を大いに盛り上げ、観客を震え上がらせます。

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』の開催概要

【場所と会期】
・東京…ヒューマントラストシネマ渋谷:10月30日(金)~11月12日(木)
・名古屋…シネマスコーレ:10月~より
・大阪…シネ・リーブル梅田:10月30日(金)~11月12日(木)

【料金】
一般料金:1600円
専門・大学生、シニア:1200円
高校生以下:1000円

【上映作品】
『スリー・フロム・ヘル』『ザ・ヴィジル~夜伽~』『とっととくたばれ』『ココディ・ココダ』『VS 狂犬』『恐怖ノ黒電波』

※詳細につきましては、公式サイトをご覧ください。

『シッチェス映画祭』とは?

画像:ロブ・ゾンビ監督作『スリー・フロム・ヘル』

(c)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『シッチェス映画祭』は、1968年に創設された、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭

国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF 映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつです。

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定するのが特徴

歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがあります。

最優秀賞受賞者には、ヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではありません。

近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の『君の名は。』がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりの深い映画祭です。

まとめ

画像:オルチュン・ベフラム監督作『恐怖ノ黒電波』

(c)BINA

さまざまなキャラクターに命を吹き込んできた古川登志夫が、シリアスからコミカルまで、七色の声で本映画祭を盛り上げます。

観客を恐怖のどん底へ叩き落す強力なラインナップをぜひ劇場でお楽しみください。

『シッチェス映画祭2020』は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、名古屋・シネマスコーレ、大阪・シネ・リーブル梅田にて、2020年10月より順次開催です。

関連記事

新作映画ニュース

【角川シネマ有楽町&梅田ブルク7】中国映画祭「電影2019」を3月6日より開催上映!注目の厳選作品6本を公開

中国映画厳選6本を一挙上映 百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映!! 中国映画祭「電影2019」は2019年3月6日(水)より、東京&大阪で開催です。 さらに開催前日の3月5日(火)に …

新作映画ニュース

「タル・ベーラ伝説前夜」公開日/上映館/予告動画。サタンタンゴ以前の初期傑作群が4K版で蘇る!

伝説の映画『サタンタンゴ』以前の足跡をたどる初期傑作群が集結! 7時間18分の伝説の映画『サタンタンゴ』(1994)、56歳という若さで映画監督からの引退を表明した最後の作品『ニーチェの馬』(2011 …

新作映画ニュース

『またヴィンセントは襲われる』あらすじ/公開日/上映館。カンヌ映画祭発のおすすめサスペンスは“見つめられると襲われる⁈”

映画『またヴィンセントは襲われる』の日本版予告編が到着! フランスから新たな多不条理サバイバル・スリラー『またヴィンセントは襲われる』が誕生し、日本に上陸! 本作は「ただ目が合っただけ」で周囲の人々に …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』劇場公開は2月1日。表現者・友川カズキの日常を描く

歌手、画家、詩人としてカルト的人気を誇る友川カズキ。 その競輪に狂う日々を記録したドキュメンタリー。 ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了したアーティスト・友川カズキの生活の一部とも言える競輪とその …

新作映画ニュース

映画『ひとくず』木下ほうかキャスト陣と監督 上西雄大が舞台挨拶。上映館は大阪なんばパークスシネマなどさらに拡大!

映画『ひとくず』は2021年も全国にて劇場公開を拡大中! 「劇団テンアンツ」を主宰する俳優・上西雄大が監督・脚本・主演などを務め、児童虐待や育児放棄の本質と人々の哀しみを描いた映画『ひとくず』。 20 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学