Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

  • Writer :
  • 石井夏子

衝撃の映像が露わに!
レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。

スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」。

2020年も10月より『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』(以降『シッチェス映画祭 2020』)が東京、名古屋、大阪にて、開催されます。

このたび、全6作をプレミア上映する本映画祭の予告編が、ついに完成しました。

常識度外視!刺激に満ちあふれたラインナップを、レジェンド声優古川登志夫が紹介します。

スポンサーリンク

『シッチェス映画祭 2020』の予告編

常識も論理も通じない『シッチェス映画祭 2020』今年の6作品をまとめた予告編が解禁されました。

これまで、中尾隆聖や千葉繁、大塚芳忠がナレーションを担当してきた本映画祭の予告編に、満を持して古川登志夫が登場します。

「ドラゴンボール」シリーズのピッコロや、『うる星やつら』の諸星あたる、『ONE PIECE(ワンピース)』のポートガス・D・エース、『機動戦士ガンダム』のカイ・シデンなど多くのアニメキャラを担当する古川登志夫。

古川登志夫が、新時代最恐の悪夢『シッチェス映画祭 2020』予告編のナレーションを担当、予告編を大いに盛り上げ、観客を震え上がらせます。

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』の開催概要

【場所と会期】
・東京…ヒューマントラストシネマ渋谷:10月30日(金)~11月12日(木)
・名古屋…シネマスコーレ:10月~より
・大阪…シネ・リーブル梅田:10月30日(金)~11月12日(木)

【料金】
一般料金:1600円
専門・大学生、シニア:1200円
高校生以下:1000円

【上映作品】
『スリー・フロム・ヘル』『ザ・ヴィジル~夜伽~』『とっととくたばれ』『ココディ・ココダ』『VS 狂犬』『恐怖ノ黒電波』

※詳細につきましては、公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

『シッチェス映画祭』とは?

画像:ロブ・ゾンビ監督作『スリー・フロム・ヘル』

(c)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『シッチェス映画祭』は、1968年に創設された、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭

国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF 映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつです。

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定するのが特徴

歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがあります。

最優秀賞受賞者には、ヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではありません。

近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の『君の名は。』がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりの深い映画祭です。

まとめ

画像:オルチュン・ベフラム監督作『恐怖ノ黒電波』

(c)BINA

さまざまなキャラクターに命を吹き込んできた古川登志夫が、シリアスからコミカルまで、七色の声で本映画祭を盛り上げます。

観客を恐怖のどん底へ叩き落す強力なラインナップをぜひ劇場でお楽しみください。

『シッチェス映画祭2020』は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、名古屋・シネマスコーレ、大阪・シネ・リーブル梅田にて、2020年10月より順次開催です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。 ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探 …

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

新作映画ニュース

【イメージフォーラム・フェスティバル2020】開催日/上映作品。アート映画祭の開催概要とラインナップ発表!

34回目を迎える映像アートの祭典が2020年も開催。 「映画上映」を考えさせるライヴ上映、上映オルガナイザーたちとのコラボを実施! 商業性にとらわれず先鋭的・実験的な映像作品、話題作を世界中から集めて …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/14より公開】

今週9月14日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

『凪待ち』特製令和カレンダーをプレゼント!映画公開&新元号を記念したグッズを抽選で5名様に

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 香取慎吾×白石和彌のタッグが放つ、ヒューマン・サスペンス映画『凪待ち』。 震災後の宮城県石巻市を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学