Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/06
Update

フランス映画の名匠フィリップ・ガレル監督のオススメ代表作の公開決定!『救いの接吻』『ギターはもう聞こえない』

  • Writer :
  • 中村綾子

フランス映画の名匠フィリップ・ガレル監督のオススメ作品
日本初公開!至高の家族映画『救いの接吻』(1989)

16歳から70歳になっている現在でもなお精力的に映画を撮り続けている、ヌーヴェル・ヴァーグ以降のフランスを代表する映画監督フィリップ・ガレル。

フィリップ・ガレル中期の代表作にして日本初公開となる『救いの接吻』(1989)と亡き恋人ニコに捧げたフィリップ・ガレル映画のひとつの頂点を成す傑作『ギターはもう聞こえない』(1991)の2作品が、4月27日(土)より東京都写真美術館ホールほかにて全国順次公開することが決定しました。

スポンサーリンク

映画監督フィリップ・ガレルについて

1948年フランス生まれたフィリップ・ガレルは、13歳の時に初めて8ミリ映画を製作しました。

1964年に監督した35ミリの短編映画『Les enfants désaccordés (調子の狂った子供たち)』では、映画史家ジョルジュ・サドゥールに「神童」といわしめ、1968年に製作した初の長編映画『Marie pour mémoire (記憶すべきマリー)』はイェール映画祭でヤングシネマ賞を受賞するなど、若い頃からその才能を遺憾なく発揮しています。

その後も1984年に発表した『自由、夜』ではカンヌ国際映画祭のフランス映画の展望賞を受賞、1991年の『ギターはもう聞こえない』と2005年の『恋人たちの失われた革命』では、ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞しています。

ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなどヌーヴェル・ヴァーグの作品の影響を受けていて、“ポスト・ヌーヴェルヴァーグ”の1人とされています。

特に、フィリップ・ガレルはジャン=リュック・ゴダールの再来と言われています。

映画『救いの接吻』の作品紹介

【公開】
1989年(フランス映画)

【原題】
Les Baisers de Secours

【監督・脚本】
フィリップ・ガレル

【キャスト】
ブリジット・シィ、フィリップ・ガレル、ルイ・ガレル、アネモーネ、モーリス・ガレル、イヴェット・エチエヴァン

【作品概要】

フランスの名匠フィリップ・ガレルが傑作『ギターはもう聞こえない』(1991)の前に製作した、あるひとつの愛の物語です。

つねに私小説的な映画をつくりだしてきたガレルならではの、私生活と創作をめぐる果てなき問いがくりひろげられます。

出演は、フィリップ・ガレル本人と当時のパートナーであるブリジット・シィ。

今やフランスを代表する俳優となったフィリップ・ガレル監督の息子であるルイ・ガレルと実父である名優モーリス・ガレルも出演しています。

崩壊の危機にある家族の物語を、監督を含め実際の家族たちが演じた、至高の家族映画。

この作品を機にフィリップ・ガレル監督と数々の名作をつくりだすことになる詩人で小説家のマルク・ショロデンコによるダイアローグは、愛の可能性と、物語の誕生の瞬間を描き出しています。

映画『救いの接吻』のあらすじ

新作の準備を進めていた映画監督のマチュー。

彼は主役を別の女優に決めたことで、妻で女優のジャンヌから激しい糾弾を受けてしまいます。

愛の終わりとその持続について苦悩し語り合う男と女。

映画監督と女優であり、夫と妻であり、また息子の父と母でもあるふたりの対話は永遠に続いていきます。

スポンサーリンク

映画『ギターはもう聞こえない』の作品紹介

かつて愛した人、ニコに捧げた愛の物語


【公開】
1991年(フランス映画)

【原題】
J’entends plus la guitare

【監督・脚本】
フィリップ・ガレル

【キャスト】
ブノワ・レジャン、ヨハンナ・テア・ステーゲ、ミレーユ・ペリエ、ヤン・コレット、ブリジット・シィ

【作品概要】

フィリップ・ガレルが元恋人ニコの急逝直後に製作した、極めて私的なラブストーリー。

ニコとの生活と破局、息子の誕生、そして突然訪れた彼女の死。

かつて愛した人との記憶と死の衝撃が、美しくも残酷にスクリーンへ映し出されます。

自伝的な物語でありながら、俳優たちの演技と洗練された台詞によって誕生した、普遍的な愛の物語です。

この作品は、1991年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞しました。

1964年から現在までのガレルの膨大なフィルモグラフィのなかでも、あるひとつの頂点を成すといえる傑作です。

撮影は、今やフランス映画には欠かせない名撮影監督カロリーヌ・シャンプティエ。

前作『救いの接吻』に引き続き、マルク・ショロデンコによる印象的な台詞の数々が、陰惨で残酷な物語を美しく彩ります。

映画『ギターはもう聞こえない』のあらすじ

海辺の町で共同生活を送るジェラールとマリアンヌ、マルタンとローラの2組のカップル。

一度は別れたジェラールとマリアンヌは、パリで再びともに暮らしますが、次第にドラッグに溺れ生活は困窮を極めていきます。

最終的に別離を選び新しい家庭を持ったジェラールに、ある日、マリアンヌの訃報が届き…。

まとめ

今回公開されることが決定した1989年の作品『救いの接吻』は、フィリップ・ガレル自身が自らの数多くの作品のなかで「自伝と台詞の時代」として区切る中期の作品です。

また、かつての恋人で事故死したニコとの生活、彼女の死をもとにした映画『ギターはもう聞こえない』は、フィリップ・ガレル中期の傑作であるとされています。

どちらの作品も共に彼の私的な映画であると評されてはますが、家族の映画と亡き恋人へささげた映画。

それは根本は周りへの愛にあふれた映画であり、誰でも当てはまるものかもしれません。

ミニマリズムの作家として呼ばれるフィリップ・ガレルのシンプルな映像が、より美しく見えるモノクロの映像で綴られた日本初上映となる『救いの接吻』

そして亡き恋人のニコへの愛が溢れた『ギターはもう聞こえない』

両作品とも4月27日(土)より東京都写真美術館ホールほかで全国順次公開です

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

菅田将暉&仲野太賀&YOSHI映画『タロウのバカ』キャストの場面写真公開!大森立嗣監督が青春の光と闇を描き出す

タロウ、エージ、スギオ。 絆で結ばれた3人の青春の光と闇を切り取ったシーン写真6点解禁! 3人の少年の純粋にして過激な疾走を描く、大森監督渾身のオリジナル作品! 『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら …

新作映画ニュース

原一男映画『れいわ一揆』上映館/予告編/公開日。山本太郎の政党に迫った選挙ドキュメンタリーが完成!

ドキュメンタリー映画の鬼才、原一男監督待望の最新作。 令和に突如現れた話題の政党に、原一男が迫る――。 (C)風狂映画舎 『ゆきゆきて、神軍』(1987)の原一男監督の最新作ドキュメンタリー映画『れい …

新作映画ニュース

『あらののはて』長谷川朋史監督の映画演出!リアリティの追求は“見せない・描かない妙味”。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aリポート

映画『あらののはて』長谷川朋史監督が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aに登壇! 俳優のしゅはまはるみと藤田健彦、そして舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「 …

新作映画ニュース

【2020年2月7日〜2月8日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

< あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche( ...

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの猪原奈々役は関水渚(せきみずなぎさ)。プロフィールと演技力の評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀監 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学