Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/01
Update

映画『ONODA』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。津田寛治と遠藤雄弥が実話を基にした人間ドラマにW主演!

  • Writer :
  • 大塚まき

太平洋戦争後、約30年目に生還した小野田旧陸軍少尉とは。

史実を基に小野田という1人の男が生き抜いた孤独と壮絶な日々を描いた人間ドラマが誕生しました。


(c)bathysphere – To Be Continued – Ascent film – Chipangu – Frakas Productions – Pandora Film Produktion – Arte France Cinéma

遠藤雄弥と津田寛治がダブル主演キャストの映画『ONODA 一万夜を越えて』が、2021年10月8日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定しました。

映画『ONODA 一万夜を越えて』について


(c)bathysphere – To Be Continued – Ascent film – Chipangu – Frakas Productions – Pandora Film Produktion – Arte France Cinéma

実在の人物である小野田寛郎(おのだ ひろお)旧陸軍少尉が、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて孤独な日々を過ごし、約30年後の1974年、自身が51歳で日本に帰還したというニュースは、未だに日本人の記憶に残っています。

そして、この史実を元に小野田という1人の男が生き抜いた孤独と壮絶な日々を描いた人間ドラマが、長編映画として完成。

監督は、長編デビュー作『汚れたダイヤモンド』(2016)でフランス批評家協会賞・新人監督賞のほか数々の賞を総なめ、社会派の作品を得意とする新鋭実力派アルチュール・アラリ

全編日本語での演出にこだわり、徹底したリサーチと演出力で鬼気迫るドラマを作り上げました。

遠藤雄弥と津田寛治がダブル主演を務め、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の合作でありながら、全キャストを日本人俳優で固めています。

監督:アルチュール・アラリのプロフィール

アルチュール・アラリは、1981年7月9日パリ生まれ。祖父は俳優・演出家のクレマン・アラリ。兄は撮影監督のトム・アラリ。

パリ第八大学で映画を専攻します。長編第1作となる『汚れたダイヤモンド』(2016)は、フランス批評
家協会賞・新人監督賞のほか、多くの映画賞を受賞、最も実力のある新鋭監督として注目

また俳優としても活躍、私生活のパートナーであるジュスティーヌ・トリエ監督作などに出演しています。

映画『ONODA 一万夜を越えて』の作品情報

(c)bathysphere – To Be Continued – Ascent film – Chipangu – Frakas Productions – Pandora Film Produktion – Arte France Cinéma

【日本公開】
2021年(フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・日本合作映画)

【原題】
ONODA

【監督】
アルチュール・アラリ

【キャスト】
遠藤雄弥、津田寛治ほか

映画『ONODA 一万夜を越えて』のあらすじ

太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて孤独な日々を過ごした小野田寛郎旧陸軍少尉。

約30年後の1974年、小野田が51歳で日本に帰還しました。

この史実を基に、小野田という1人の男が生き抜いた孤独と壮絶な日々を描いた人間ドラマです。

まとめ

(c)bathysphere – To Be Continued – Ascent film – Chipangu – Frakas Productions – Pandora Film Produktion – Arte France Cinéma
ジャングルでの壮絶なドラマと孤独に打ち勝つ1人の男を描いた人間ドラマ『ONODA 一万夜を越えて』。

フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の合作でありながら、遠藤雄弥と津田寛治のダブル主演キャストを始め、全キャストを日本人俳優で固め、満身創痍の撮影に挑んで完成しました。

映画『ONODA 一万夜を越えて』は、2021年10月8日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開です。

続報にもご期待ください。




関連記事

新作映画ニュース

山田裕貴が始球式登板の画像!父は元プロ野球選手。映画『あの頃、君を追いかけた』

10月5日(金)から全国ロードショーされる映画『あの頃、君を追いかけた』の主演を務める山田裕貴が、本日8月10日にナゴヤドームで行われた中日・ヤクルト戦の始球式に登板しました。 以前から夢だったという …

新作映画ニュース

映画『マックイーン:モードの反逆者』天才ファッションデザイナーの生涯に迫るドキュメンタリー

ファッション界の反逆児と呼ばれたアレキサンダー・マックイーン。 恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生に迫るドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆者』は4月5日(金)より …

新作映画ニュース

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』あらすじ/キャスト/日本公開日。コン・ユとチョン・ユミが現代女性の生きづらさと向き合う

日本でも社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説の映画化。 韓国で130万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』。 (C)2019 LOTTE ENTERTA …

新作映画ニュース

『ストレージマン』DVDが2024年4月1日〜発売開始!瀬戸かほ×連下浩隆らの公開初日舞台挨拶も収録!

映画『ストレージマン』DVDが2024年4月1(月)よりリリース開始! ”時代”に追い詰められていく男の閉塞感を描いたソーシャル・スリラー『ストレージマン』。 プロデューサーも務めた連下浩隆が主人公の …

新作映画ニュース

映画『実りゆく』あらすじ/キャスト。堤幸彦賞受賞の漫才師まんじゅう大帝国主演作!

夢はどうして実るのか?愛はどうして実るのか? 第三回未完成映画予告編大賞にて堤幸彦賞を受賞した作品『実りゆく長野』が題名を改め『実りゆく』として映画化されました。 (C)「実りゆく」製作委員会 映画制 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学