Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開

その名を知らない者はいないほど、著名な歴史上の人物であるヴィクトリア女王の晩年を輝かせた真実の物語です。

3度目のタッグを組むジュディ・デンチと、スティーブン・フリアーズ監督の仲睦まじいメイキング画像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』について

©2017 FOCUS FEATURES LLC.

手を取り合う2人

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』でジュディ・デンチとは『ヘンダーソン夫人の贈り物』『あなたを抱きしめる日まで』と続く三度目のタッグを組みました。

前2作の作品もデンチの演技は高く評価され、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされています

デンチの監督への信頼は厚く「スティーヴンは人として大好き。彼と仕事する時はすべてをゆだねます。私たちは言葉にせずとも心が通じる仲なの」と語ります。

フリアーズ監督自身もデンチを“素晴らしい女優”だとコメントするほど相思相愛。

さらには彼女の「いたずら好きで破壊的な性格」も本作のヴィクトリアにそっくりだったといいます。

そんなユーモアたっぷりに演じたデンチは本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。

フリアーズ監督が信頼を置くスタッフは英国最高峰

来年生誕200年を迎える、女王ヴィクトリアの一世紀も眠っていた知られざる物語を描いた今作品。

描くには「重厚さの中にもウィットな富んだユーモア」が求められたそうです。

そこで白羽の矢が立ったのは、歴史的荘厳さと軽やかさが両立する作品を、数多く手掛けてきたフリアーズ監督でした。

彼を筆頭に『リトル・ダンサー』『戦火の馬』などを手掛けるヒットメイカーのリー・ホールが脚本を手掛けました。

撮影監督を担ったのは、トム・フーパー監督との数々のタッグを組み、『英国王のスピーチ』ではアカデミー賞撮影賞にノミネートされたダニー・コーエン。

さらには『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に続き、本作でもアカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた衣装を、フリアーズ監督と長年タッグを組むコンソータ・ボイルが手掛けました。

さらに、これら完璧の布陣に駄目押しといわんばかりにトーマス・ニューマンの音楽が彩ります。

監督の確かな手腕に花を添える一流のスタッフが、集結し作り上げた息を呑む程の映像美を見逃す手はどこにもありません!

名匠スティーブン・フリアーズ監督に出演熱望する女優たち

名優ダニエル・デイ=ルイスの出世作となった『マイ・ビューティフル・ランドレッド』(1985)、『危険な関係』(1988)、そして先日、若手人気女優のゾーイ・クラヴィッツ主演でリメイクも発表された『ハイ・フィデリティ』(2000)など、数々の名作を生み出し映画賞レースも常連の名匠スティーヴン・フリアーズ監督。

作品の質はさることながら、女優にも数々の冠を授けるフリアーズの手腕に、大女優からの熱いオファーが絶えません。

数々の賞にノミネートされる実力派ヘレン・ミラン

長年アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞など名だたる賞にノミネートされてきたヘレン・ミレン

彼女のキャリアを確立させたのは、紛れもなくフリアーズ監督作『クィーン』(2006)です。ダイアナ元皇太子妃の事故死を巡って窮地に陥るエリザベス女王を見事演じ切り、同年の賞レースを席捲しました。

アカデミー賞授賞式では「オスカーを獲得した喜びを監督たちと共有したい」とフリアーズへ感謝の思いを述べたほどです。

アカデミー賞女優メリル・ストリープ

(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』では、こちらも大女優メリル・ストリープを起用

彼女は、実在した社交界の大物でありながら、苦悩に満ちた“音痴の歌姫”を演じました。

同作への参加についてストリープは「スティーヴンが電話してきて『史上最悪のオペラ歌手の役をやっ てほしい』と言われた時は大喜びしたわね。ずっと彼と一緒に仕事をしたいと思っていたの」とフリアーズとのタッグを熱望していたことを明かし、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

スポンサーリンク

スティーブン・フリアーズ監督の審美眼

スティーブン・フリアーズ監督は第60回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めました。

その年は、日本を代表する女性監督である河瀨直美監督の作品『殯の森』が、審査員特別賞である「グランプリ」を受賞した年でした。

2020年東京オリンピックの公式記録映画の指揮監督にも決定した河瀨監督。このグランプリは彼女のキャリアを決定づける重要な賞となり、スティーブン・フリアーズ監督の若き才能を見抜く確かな審美眼も証明されました。

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』作品情報

©2017 FOCUS FEATURES LLC.

【公開】
2019年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Victoria&Abdul

【原作】
シャラバニ・バス

【監督】
スティーヴン・フリアーズ

【キャスト】
ジュディ・デンチ、アリ・ファザル、エディ・イザード、アディール・アクタル、マイケル・ガンボン

【作品概要】
主演はイギリスが誇る名優ジュディ・デンチ。『ヘンダーソン夫人の贈り物』『あなたを抱きしめる日まで』今作品と、スティーブン・フリアーズ監督とは3度目のタッグを組みます。

インド人従者アブドゥルに抜擢されたのは、インドの若手実力派俳優アリ・ファザル。

英領インドからイギリスにやってきたアブドゥルは、孤独を感じていたヴィクトリア女王と少しずつ心を通わせていき、彼女の晩年を輝かせていきます。

2017年に第90回アカデミー賞衣装デザイン賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル/コメディー部門)ノミネート、第24回全米映画俳優組合賞主演女優賞ノミネートされました。

スポンサーリンク

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』あらすじ

(C)2018 Focus Features. A Comcast Company.

1887年、ヴィクトリア女王の在位50周年記念式典。
記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってきます。

最愛の夫と従僕を亡くし、心を閉ざし生きてきた女王ヴィクトリア。

孤独で気難しい彼女が心を許したのは、インドから来た名もなき使者アブドゥルでした。

身分も年齢をも超えた強い絆で結ばれていく2人でしたが、周囲はそんな“君主と従者”の関係に猛反対し、英国王室を揺るがす大騒動へと発展していきます…。

まとめ

(C)2018 Focus Features. A Comcast Company.

役者、スタッフが持つ才能を余すことなく引きだしてきたフリアーズ監督の真骨頂『ヴィクトリア女王 最期の秘密』は数々の賞にノミネートされました。

華やかな衣装、ジュディ・デンチの茶目っ気たっぷりなヴィクトリア女王、何百人もの人が列席した王宮儀式のシーンなど、壮大なスケールで映し出されるその映像美に息を呑むことでしょう。

映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』は2019年1月25日(金)よりBunkamuraル・シネマほかで全国公開です

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

新作映画ニュース

インド映画『ガンジスに還る』あらすじ。評価が高くヴェネチア国際映画祭でも話題に

誰にでも訪れる「死」というテーマをユーモアと人情味溢れるタッチで描き、不器用な親子と個性的な人々が織りなす心温まる物語。 インド映画『ガンジスに還る』は10/27(土)より岩波ホールほか全国順次公開で …

新作映画ニュース

『バグダッド・スキャンダル』キャストのベン・キングズレーが見せた演技力!国連職員に激怒する本編映像

©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED. 実話に基づくベストセラー小説を映画化! …

新作映画ニュース

映画『マダムのおかしな晩餐会』あらすじとキャスト。トークイベント報告紹介

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテ ほか全国公開。 マダムが開く豪華ディナーに正体を隠したメイドが出席し、客の紳士が彼女に一目惚れしたことから巻き起 …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/07/27より公開】

今週7月27日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/7より公開】

今週9月7日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩みを …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP