Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト夏帆は児童相談員・高橋亜矢役を演じる【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介

母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開されます。

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた本作。

この記事では児童相談員・高橋亜矢役を演じる夏帆(かほ)について詳しくお伝えしていきます。

映画『MOTHER マザー』の作品情報


(C)2020「MOTHER」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【脚本・監督・撮影】
大森立嗣

【脚本】
大森立嗣、港岳彦

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花

【作品情報】

河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した本作。

主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じています。

製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(2019)、『宮本から君へ』(2019)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズです。

映画『MOTHER マザー』のあらすじ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子。

生活に困って両親に金を借りに行きますが、散々家族からの借金を繰り返してきた彼女は、愛想をつかされ追い出されてしまいます。

昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、ホストの遼と出会い意気投合。遼は秋子のアパートに入り浸るようになります。

実の息子・周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける秋子。

しかし、秋子は周平に異様な執着をみせ、自分に忠実であるようにと強います。

歪んだ愛に翻弄されながらも、母しか頼れるものがいない周平は、彼女の要求にこたえようとしてもがきます。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立した母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせ…。

映画『MOTHER マザー』高橋亜矢役は夏帆(かほ)

参考映像:『海街diary』(2015)

映画『MOTHER マザー』で役を演じる夏帆は1991年6月30日生まれの女優、タレント、ファッションモデル。東京都出身。スターダストプロモーション所属。

二卵性双生児の二人姉弟の長女。小学5年生で原宿でスカウトされ、2003年にツーカーホン関西のCMでデビュー。

ティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』などでモデルを務めました。

若手女優の登竜門として知られる三井不動産販売の「三井のリハウス」11代目リハウスガールに選ばれ、2004年から3年間CM出演。

その後、『ケータイ刑事 銭形零』に13歳にして初主演。

2007年、主演映画『天然コケッコー』で多数の新人賞を受賞。

2008年には『東京少女』など3本の映画で主演をつとめました。

2009年、連続ドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』、『オトメン(乙男)〜秋〜』ではヒロインを務めます。

2015年『海街diary』、2020年主演作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』でも演技を評価され、映画賞を受賞しました。

そのほか映画『Red』『箱入り息子の恋』やドラマ『みんな!エスパーだよ!』『いだてん~東京オリムピック噺~』『ひとりキャンプで食って寝る』などで活躍。

映画『MOTHER マザー』高橋亜矢はどんな役?


(C)2020「MOTHER」製作委員会

夏帆演じる高橋亜矢は児童相談所の相談員。

住む家もなくなり困窮する長澤まさみ演じる秋子とその子供・周平らに救いの手を差し伸べます。

周平は亜矢から学ぶ楽しさを教えられますが、平穏な日々も束の間、借金取りに追われる秋子の内縁の夫・遼が舞い戻り…。

夏帆(かほ)の演技力の評価は

参考映像:『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(2019)

幅広い役柄を魅力的に演じる若手実力派女優の筆頭格・夏帆。

2007年の主演映画『天然コケッコー』で演技を高く評価され、日本アカデミー賞や報知映画賞をはじめ、多数の新人賞を受賞しました。

2008年には『東京少女』『うた魂♪』『砂時計』と主演映画が立て続けに公開され、第21回日刊スポーツ映画大賞最優秀新人賞を受賞。

2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、夏帆自身も日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。一躍注目を集めるようになります。

主演作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』では第43回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞

『友罪』や『Red』での官能的な役から、『架空OL日記』のコミカルな役まで、様々な役柄をこなす実力派としてオファーのたえない役者となっています。

夏帆(かほ)の公式SNSの紹介

残念ながら夏帆の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

「少年による祖父母殺害事件」の実話をもとに、大森立嗣監督が映像化した衝撃作『MOTHER マザー』。

長澤まさみがこれまでの清純派イメージを脱ぎ捨て、毒母・秋子役に挑戦することで大きな話題を呼んでいます。

秋子らを手助けする児童相談員の高橋亜矢を演じるのは若手実力派筆頭の女優・夏帆。息子の周平と心通わせる大事な役で、どんな魅力をみせるのか期待が高まります。

阿部サダヲ、仲野太賀ら実力派俳優陣が共演。

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。

関連記事

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』 日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる (C)講談社2018 極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを …

新作映画ニュース

映画『サラブレッド』あらすじとキャスト。アントン・イェルチンの遺作のポスター解禁!

幼馴染みの二人の少女アマンダ&リリーの「凶暴な友情」とは。 ドラッグの売人ティム役で故アントン・イェルチンが出演していることでも話題の映画『サラブレッド』が、2019年9月27日(金)よりシネクイント …

新作映画ニュース

ヴァンダム映画『ザ・バウンサー』あらすじとキャスト。予告編と上映スケジュール情報も【WEC2019】

男は愛する娘を救うため、危険な犯罪組織へ潜入する。 ジャン=クロード・ヴァン・ダムが挑むリアリスティック・アクション! 闇社会で生きる漢ヴァンダムの拳が唸る! この度、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主 …

新作映画ニュース

映画『オードリー・ヘプバーン』あらすじ/キャスト/公開日。ドキュメンタリーで時を超えて愛される永遠のヒロインの素顔に迫る

永遠の妖精オードリー・ヘプバーンの本当の姿とは? 『ローマの休日』をはじめ、銀幕で数々の名作を残し、世界中の人々から時を超えて愛され続ける大スター、オードリー・ヘプバーン。 しかし、私たちが彼女の本当 …

新作映画ニュース

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』あらすじ/キャスト/公開日。ピエール・ニネの音声分析官が事件を暴く!

全仏で大ヒットを記録した聴覚が暴走する体感型サスペンススリラー! 『ブラックボックス:音声分析捜査』が全国公開! フランスが誇る若手俳優ピエール・ニネが天才的な音声分析官に! 全仏で大ヒットを記録した …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学