Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/12/24
Update

映画『ミナリ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。A24とPLAN Bが最新作で韓国出身の移民一家を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

世界の観客賞を軒並み受賞!2020年一番の “愛され映画” 登場。
アカデミー賞最有力!オスカー常連のA24とPLAN Bがタッグを組んだ最新作。

『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んで製作した映画『MINARI』。

本作は、2020年1月開催の第36回サンダンス映画祭で観客賞とグランプリの2冠に輝いたのを皮切りに、各国の映画祭の観客賞を総なめにして快進撃中です。 

全世代の映画ファン必見のこの一作の邦題が『ミナリ』に決定、2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国での公開が決定しました。

スポンサーリンク

映画『ミナリ』について


(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

1980年代、農業で成功することを夢見てアメリカ南部のアーカンソー州に移住してきた韓国人一家を描く『ミナリ』

主人公は、韓国出身の移民の一家。父親は農業で成功したいと夢見てアメリカ南部のアーカンソー州の大地に広大な土地を買いますが、現実は厳しく、一家には様々な困難と予想もしない事件が降りかかります。

父親、ジェイコブ役には『バーニング 劇場版』「ウォーキング・デッド」のスティーヴン・ユァン

監督は、米国有力映画メディア「インディワイア」で「今年最高の監督10人」に、デヴィッド・フィンチャーやスパイク・リーと共に選ばれたリー・アイザック・チョン。新海誠監督の『君の名は。』のハリウッド版の監督として抜擢された大注目の新鋭だ。

アメリカンドリームを胸に、逞しく生きる家族の物語はサンダンス映画祭をはじめ世界の映画祭で<観客賞>を総なめにし、そして辛口批評サイトRotten Tomatoesでは完全無欠の100%(2020.12.23現在)を更新中です

「<普通の小さな家族>が巻き起こした<特別で巨大な熱狂>!」「『パラサイト 半地下の家族』に続きアカデミー賞で波乱を起こす作品」と、メディアからも観客からも愛され、評論家からも「小津安二郎監督作品のような繊細な人間模様を描いている」と大絶賛。

ハリウッド・リポーター誌、ヴァラエティ誌ほか有力誌もこぞってアカデミー賞有力作品として名を挙げています。


タイトル『ミナリ』の意味とは?

「ミナリ(미나리)」とは、韓国のセリのこと。韓国では春と秋に旬を迎えるセリをお料理によく使うようです。

水辺に育ち、独特の香りと歯ごたえに特徴がありますが、2度目の収穫のほうがおいしいとされています。

成長した子供世代の幸せを願う親の気持ちをこめたダブルミーニングのタイトルとなっています。

スポンサーリンク

映画『ミナリ』の作品情報

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
MINARI

【監督・脚本】
リー・アイザック・チョン

【キャスト】
スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン、ウィル・パットン、スコット・ヘイズほか

映画『ミナリ』のあらすじ

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。

荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じています。

しっかり者の長女アンと、心臓に病を持ちながらも好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていきました。

まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結びはじめます。

ですが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がり…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

理不尽かつ不条理な運命に翻弄されながらもまた立ち上がり、一歩一歩、大地を踏みしめるように困難を乗り越えていく一家の姿は、誰もが困難な現実に直面している今こそ求められる希望の物語となっています。

新たなる<家族映画>のマスターピースとして人々の記憶にのこるに違いありません。

映画『ミナリ』は、2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国でロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲』あらすじとキャスト。踊らないブラックコメディ!

予測不能な展開に全インドが喝采! 盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセ者揃いの登場人物が大騒動を繰り広げる予測不能なインドのブラックコメディ「Andhadhun」。 踊らない …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞!『パラサイト 半地下の家族』日本公開の予告編とビジュアルがついに解禁

相反する2つの家族の出会い。 誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。 カンヌ国際映画祭では上映中から異例の熱狂ぶりをみせ、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いた『パラ …

新作映画ニュース

前田多美・佐伯日菜子らがちば映画祭2020のゲスト!1月18日(土)アテネフランセ文化センターにて開催

新年一発! ちば映画祭2020 in アテネ・フランセ文化センターの来場ゲスト発表。 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年1月18日(土)に、千葉県 …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田美緒役は恒松祐里【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

Netflixで海外配給決定の映画『37セカンズ』特報予告編が解禁!ベルリン映画祭最高賞受賞作の見どころ紹介

第69回ベルリン国際映画祭観客賞・国際アートシアター連盟賞受賞作。 Netflixで海外配給も決定!! 2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭のパノラマ部門の最高賞となる観客賞と国際アートシアタ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学