Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/22
Update

映画『ミナリ』感想評価と解説レビュー。韓国系移民の物語でサンダンス映画祭グランプリと観客賞2冠達成!|銀幕の月光遊戯 73

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第73回

映画『ミナリ』が2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショーされます。

1980年代のアメリカ南部を舞台に、成功を夢見てやってきた韓国系移民一家が理不尽な運命に翻弄されながらもたくましく生きる姿を描き、サンダンス映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞。その後も各国の映画祭の観客賞を総なめにし、受賞リストを更新し続けています。

『ムーンライト』(2016)などを手掛けたスタジオA24とブラッド・ピットの制作会社プランBがタッグを組み、リー・アイザック・チョンが脚本と監督を務めました。

リー・アイザック・チョンは、アメリカの映画メディア『インディワイア』にて2020年の「最高の監督10人」にデヴィッド・フィンチャーらと並び選出された逸材で、新海誠監督の『君の名は。』のハリウッド実写版の監督に抜擢されたことで知られています。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ミナリ』の作品情報

Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

【公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【原題】
Minari

【監督】
リー・アイザック・チョン

【キャスト】
スティーブン・ユァン、ハン・イェリ、アラン・キム、ノエル・ケイト・チョー、ユン・ヨジョン、ウィル・パットン、スコット・ヘイズ

【作品概要】
1980年代のアメリカ南部を舞台に、韓国出身の移民一家が理不尽な運命に翻弄されながらもたくましく生きる姿を描いたリー・アイザック・チョン監督の自伝的作品。

2020年・第36回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞したのを皮切りに、デンバー国際映画祭、ハートランド国際映画祭、ミドルバーグ映画祭など数多くの映画祭でノミネート、受賞を重ね、高い評価を得ています。第78回ゴールデングローブ賞(2021)では最優秀外国語映画賞を受賞しました。

映画『ミナリ』のあらすじ


Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきました。

荒れた土地とぽつんと佇むトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じ、不安を覚えます。

しっかり者の長女アンと好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい生活に希望を見出しますが、父と母は喧嘩を繰り返し、気が休まりません。

ジェイコブとモニカは話し合って、韓国からモニカの母を呼ぶことにしました。毒舌で破天荒な祖母にデビッドは戸惑いますが、2人の間には不思議な絆が生まれ始めます

そんな一家に思いもしない事態が立ち上がります──。

スポンサーリンク

映画『ミナリ』の解説と感想


Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

韓国系移民の家族を描いた監督の半自伝的作品

アーカンソーの高原に韓国系移民の一家が引っ越してくるところから物語は始まります。美しく広がる緑の風景にエミール・モッセリによる甘美なメロディーが重なりますが、そこにはどこか不安な空気が漂っています。

車を運転する妻モニカの気持ちが反映されているからです。引越し前に夫のジェイコブの口からは語られなかった風景の連続に、彼女は戸惑いを隠せません。

妻に何もかも正直に話せば、おそらく反対されるだろうと考えたジェイコブは、半ば強引に一家をこの地に連れてきたのです。

ここに来る前の10年間、彼らはカリフォルニアやシアトルで暮らし、鶏の孵化場で働いてきました。ひよこの雄雌の選別だけで一生を終えたくないと考えたジェイコブは農業での成功を夢見て、アーカンソーの誰も欲しがらない土地を購入したのです。

監督のリー・アイザック・チョンは、1978年アメリカ・コロラド州に生まれ、アーカンソー州・リンカーンのオザークにある小さな農場で育った韓国系アメリカ人です。

家族というものが自分にとってどれほど大切かということを幼い娘に語り継ぎたいと感じたチョン監督は、自身の両親や祖母の想い出を詰め込み、1980年代にアメリカンドリームを夢見てやってきた韓国移民の物語を生みだしました。

幼い末っ子、デビッドというキャラクターにはチョン監督自身の姿が投影されています。

ジェイコブを演じたスティーブン・ユァンもまた、10歳の時にソウルから家族とともにアメリカに渡った韓国系アメリカ人です。

人気テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のグレン・リー役で知られ、イ・チャンドン監督の『バーニング 劇場版』(2018)では謎めいた富裕層の若者を演じ、強烈な印象を残しました。

チョン監督は、1970~80年代に夢を求めてアメリカに渡った大勢の韓国人の一人であるジェイコブ役に彼ほどふさわしい役者はいないと、誰よりも先に脚本を送ったといいます。

堅実な生活を望んでいるため夢を追う夫としばしば衝突する妻のモニカには、韓国で数々の受賞歴があるハン・イェリが扮し、感情の機微を繊細に表現しています。

幼いアンとデビッドの姉弟を演じたのは、ネイル・ケイト・チョーとアラン・キム。いずれも本作が初の映画出演ですが、驚くほど瑞々しく聡明な演技を見せています。

そして、韓国からやってくる祖母に扮するのは、『それだけが僕の世界』(2018/チェ・ソヒョン)でイ・ビョンホンの母親役を、『チャンシルさんには福が多いね』(2019/キム・チョヒ)ではヒロインの下宿先の大家さんを演じていたユン・ヨジョン。‟韓国のメリル・ストリープ”と称されるなど、韓国でもっとも敬愛されている俳優のひとりです。

タイトルの「ミナリ」とは、植物の「セリ」を表す韓国語です。祖母が韓国から持ってきたミナリの種は、小川の河床で根付き繁殖します。

風味豊かで少し苦味もあるその植物(食物)は、この家族の現在と未来を示すメタファーの役割も果たしています。

映画『ミナリ』の新しさ

Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

リー・アイザック・チョン監督は、自身の父親がアメリカに渡ったのは、『大いなる西部』(1956/ウィリアム・ワイラー)などの映画に憧れ、豊かな大地に希望を見たからだと述べています。

『ミナリ』を観ていて、フランスの名匠ジャン・ルノワールがアメリカに来て初めて撮った『南部の人』(1945)という作品を思い出していました。

アメリカ南部の移動農業労働者一家が、親方から数年開墾されていなかった土地を借り受け、トラックに荷物を詰め込んで引っ越してくる展開は『ミナリ』の冒頭部分を思わせます。

91分の映画とは思えないスペクタクル感てんこ盛りの作風は『ミナリ』とは全く持ち味の違うものですが、農業従事者の厳しい生活、家族の絆や葛藤を描いている点、監督の温かな視点などに共通点を感じます。

リー・アイザック・チョン監督が『南部の人』を意識していたかどうかは定かではありませんが、移民や労働者を描いたこうした伝統的なアメリカ映画の精神は、『ミナリ』にも間違いなく受け継がれています。それらは大地と自然に挑む人間の記録ともいうべきものです。

その上で、これまで映画でほとんど語られることのなかった韓国系移民の生活が主題であるところに、『ミナリ』の新しさがあります。

1980年代という時代を背景にしていますが、過去を懐かしく振り返るようなノスタルジックな演出は一切行われていません。80年代という時代が含むものをきちんと踏まえつつ、その時の「今」をリアルに生きる一家の姿が描かれます。

夫婦間の対立、子どもたちの成長、新しいコミュニティへの参加など、一家が経験していく事柄は、国や時代を超えた普遍的で身近な問題であり、自分たちの物語としても共感できる作品になっています。

まとめ


Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

前述した映画『南部の人』には頑固で手のかかる強烈な個性を持つ祖母が出てきます。彼女は目の前に現れた新しい住処となるボロ屋を見て、へそを曲げてしまい車から降りようとしません。

ユン・ヨジョン扮する『ミナリ』の祖母も独特の個性を持っています。けれど『南部の人』の祖母に比べると、心が広く、何より新しい環境にすぐ馴染む柔軟性を持ち合わせています。

祖母に初めて会い戸惑うデビッドは「おばあちゃんらしくない」と祖母への違和感を吐露しますが、それはデビッドが持つ西洋的価値観に祖母があてはまらないからです。

しかし、デビッドと祖母は徐々に凸凹コンビのような絆を結び始めます。祖母を通して異文化を知る過程が「花札」というのがユニークです。祖母が見せる柄の悪い威勢のよい打ち方は、祖母から孫へ、孫からアメリカ人の友人へともたらされます。

夫婦と子どもたちの家庭に、このユニークな祖母が加わることで、物語はおおらかでユーモラスな味わいを獲得するのです。

エンディングの「すべてのおばあさんに捧ぐ」という献辞には、なんだか胸が熱くなってしまいました。

映画『ミナリ』は、2021年3月19日(金)より劇場公開!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『ブリスBLISS』ネタバレ感想評価と結末解説あらすじ。激ヤバ画家の狂気とどんでん返しなトリップムービー|未体験ゾーンの映画たち2021見破録24

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第24回 世界の国々から集めた、過激で危険な問題作まで取り扱う「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第24回で紹介するのは『BLISS ブリス』。 …

連載コラム

【今野健太インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』マルカム役への意気込みと劇団への想いを語る| THEATRE MOMENTS2019⑦

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第7回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

実写映画『スポーン』あらすじと解説。ジェイミー・フォックスでリブートするダークヒーローとは|最強アメコミ番付評17

こんにちは、野洲川亮です。 今回は『ヴェノム』を生んだ作者の代表作、ダークヒーロー映画『スポーン』を解説していきます。 映画『スポーン』の魅力、そして2019年にジェイミー・フォックス主演で公開予定と …

連載コラム

天願大介監督が説く映画づくりの魅力と大学教育の未来。台北市での講演より|映画道シカミミ見聞録18

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第18回 こんにちは、森田です。 映画は国境を越えゆくもの。もうじき東京国際映画祭(10/25~11/3)が開幕しますが、映画には国と国とを、そして人と人とをつなぐ力 …

連載コラム

『ザ・ファイブ・ブラッズ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。スパイクリーがベトナム戦争を背景に人権問題を描く|Netflix映画おすすめ2

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第2回 ベトナム戦争を背景にスパイク・リーがアフリカ系アメリカ人に対して繰り返される暴力、差別を描くNetflixオリジナル映画『ザ・ファイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学