Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/22
Update

EUフィルムデーズ2020はオンライン映画祭として開催!無料配信動画もラインナップされた自宅から「映画で旅するヨーロッパ」

  • Writer :
  • 石井夏子

EU加盟各国の話題作を、今年はオンライン映画祭で楽しもう。

「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や見逃してしまった近作など、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭『EUフィルムデーズ』。

2020年は、新型コロナウィルスの感染拡大の防止とお客様の安全を考慮する観点から、東京、京都、広島での開催を残念ながら中止しましたが、関係各所との慎重かつ度重なる協議の結果、この度『EUフィルムデーズ2020オンライン』と題したオンライン映画祭を青山シアターにて特別開催することが決定しました。

スポンサーリンク

CONTENTS

『EUフィルムデーズ2020オンライン』について

『EUフィルムデーズ2020オンライン』は、EU加盟国より20ヵ国が参加、日本未公開作品(7作品)はもちろん、過去のEUフィルムデーズで好評だった選りすぐりの作品など、全21プログラムの配信となります。

日本未公開作品には、2018年、本国ラトビア最大の映画祭で最優秀作品賞を受賞し、海外の数々の映画祭で話題となり、ヨーロッパはもちろん南米各国で上映された『ビッレ』がラインナップ。ソ連占領時代に発禁処分を受け、幾度となくノーベル文学賞候補となった作家ベルシェヴィツァの自伝的小説の映画化で、1930年代のソ連とドイツに翻弄されるラトビアで過ごした少女時代を描きます。

その他ドイツ作品として、第91回(2019年)アカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー賞にノミネートされた『父から息子へ~戦火の国より~』を上映。ドイツ在住シリア人監督が、アルカイダ組織の一員である父親とその息子たちに密着。戦争への眼差しとシリアの民主化を求めて奮闘する若者たちに迫った話題作が、本オンライン映画祭に登場します。

また、過去のEUフィルムデーズで上映されご好評いただいた『リトル・マン』(チェコ)や『アルデンヌ』(ベルギー)や、劇場公開された話題作『パパは奮闘中』(ベルギー)や『バルバラ セーヌの黒いバラ』(フランス)など、この機会だからこそ観ておきたい充実のラインナップが勢ぞろいです。

視聴方法は、青山シアターにて会員登録(無料)後、作品単品での購入視聴のほか、映画祭がセレクトした作品パックなどが用意されています。

さらにカンヌ・クラシック2012のクロージングを飾ったハンガリーの『ファイナル・カット』は無料配信が決定。男女の恋や別れという普遍的な物語を、有名な映画作品450本から選ばれたカットの絶妙な編集によって語る、映画愛に溢れる作品です。

『EUフィルムデーズ2020オンライン』開催概要

マチュー・アマルリック監督作『バルバラ セーヌの黒いバラ』

【期間】
2020年6月12日(金)~25日(木)

【配信元】
青山シアター

【視聴料金】 
単品(全作品*ハンガリーを除く) …300円(税込)
お得なプログラムパック(予定)…各500円(税込)
  A.ヨーロッパの逞しくしなやかな女性たち(3作品/ギリシャ、スロヴェニア、スペイン)
  B.20世紀に輝く人物ーその真実と嘘(3作品/オーストリア、ラトビア、ポルトガル)
  C.家族―悲喜こもごもの物語(3作品/ベルギー、フィンランド、キプロス)
  D.ミステリアスすぎる個性派たち(4作品/スウェーデン、イタリア、ベルギー、ブルガリア)
  E.覚醒するドキュメンタリー(3作品/オランダ、ドイツ、クロアチア)
  F.期間限定パック(3作品/フランス、ポーランド、チェコ)
   
*購入・視聴可能期間は、青山シアター「EUフィルムデーズ2020オンライン」サイトにて近日発表されます。

Aプログラム
「ヨーロッパの逞しくしなやかな女性たち」(3作品) 

1.ギリシャ映画『メルテムー夏の嵐』

【製作年】
2019年・日本初公開

【原題】
Meltem

【監督】
バジル・ドガニス

2.スロヴェニア映画『ルーザーとしての私の最後の年』

【製作年】
2018年・日本初公開

【原題】
Ne Bom Vec Luzerka/My Last Year as a Loser

【監督】
ウルシャ・メナルト

3.スペイン映画『フリア・イスト』

【製作年】
2017年

【原題】
Júlia ist

【監督】
エレナ・マルティン

B.プログラム
「20世紀に輝く人物ーその真実と嘘」(3作品)

1.オーストリア映画『ヨハンナ・ドーナル 女性大臣・フェミニスト』

【製作年】
2019年・日本初公開

【原題】
DIE DOHNAL-Frauenministerin/Feministin/Visionärin/JOHANNA DOHNAL-Visionary of FeminismDie Dohnal

【監督】
ザビーネ・デルフリンガー

2.ラトビア映画『ビッレ』

【製作年】
2018年・日本初公開

【原題】
Bille

【監督】
イナーラ・コルマネ

3.ポルトガル映画『ジョゼとピラール』

【製作年】
2010年

【原題】
José e Pilar/José and Pilar

【監督】
ミゲル・ゴンサルヴェス・メンデス

Cプログラム
「家族―悲喜こもごもの物語」(3作品)

1.ベルギー映画『パパは奮闘中』

(C)2018 Iota Production / LFP – Les Films Pelléas / RTBF / Auvergne-Rhöne-Alpes Cinéma

【製作年】
2018年(フランス語圏国際交流振興庁提供)

【原題】
Nos Batailles/Our Struggles

【監督】
ギヨーム・セネズ

2.フィンランド映画『頑固じいさんとしあわせな時間』

(C) SOLAR FILMS

【製作年】
2018年

【原題】
Iloisia aikoja, Mielensäpahoittaja/Happier Times, Grump

【監督】
ティーナ・リュミ

3.キプロス映画『スマグリング・ヘンドリックス』

【製作年】
2018年・日本初公開

【原題】
Smuggling Hendrix

【監督】
マリオ・ピペリディス

Dプログラム
「ミステリアスすぎる個性派たち」(4作品)

1.スウェーデン映画『ANIARA アニアーラ』

【製作年】
2018年

【原題】
Aniara

【監督】
ペラ・コーゲルマン、ヒューゴ・リリャ

2.イタリア映画『小さな灯り』

【製作年】
2018年・日本初公開

【原題】
La Lucina/Distant Light

【監督】
ファビオ・バドラート、ジョンニ・コスタンティーノ

3.ベルギー映画『アルデンヌ』

【製作年】
2015年(アーツフランダース・ジャパン提供)・EU Filmdays 2016上映作品

【原題】
D’Ardennen/The Ardennes

【監督】
ロビン・プロント

4.ブルガリア映画『猿』

【製作年】
2016年・EU Filmdays 2018上映作品

【原題】
Маймуна/Monkey

【監督】
ディミタル・コツェフ=ショショ

Eプログラム
「覚醒するドキュメンタリー」(3作品)

1.オランダ映画『ケースのためにできること』

【製作年】
2014年・日本初公開

【原題】
Het beste voor Kees/Only the Best for Our Son

【監督】
モニーク・ノルテ

2.ドイツ映画『父から息子へ~戦火の国より~』

(C) BASISBERLIN

【製作年】
2017年

【原題】
Of Fathers and Sons

【監督】
タラル・デルキ

3.クロアチア映画『ヴァトレニ~クロアチアの炎~』

【製作年】
2018年

【原題】
Vatreni

【監督】
エドソン・ラミレス

Fプログラム
「期間限定パック」(3作品)

1.フランス映画『バルバラ セーヌの黒いバラ』

(C) 2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

【製作年】
2017年

【原題】
Barbara

【監督】
マチュー・アマルリック

2.ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』

(C) 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź-Miasto Kultury w Łodzi

【製作年】
2016年

【原題】
Wspomnienie lata/Memories of Summer

【監督】
アダム・グジンスキ

3.チェコ映画『リトル・マン』

【製作年】
2015年・EU Filmdays 2017上映作品

【原題】
Malý Pán/The Little Man

【監督】
ラデク・ベラン

その他のプログラム

アイルランド映画『ブレンダンとケルズの秘密』

単品のみでお楽しみいただける冒険ファンタジーアニメーション作品です。

【製作年】
2009年・EU Filmdays 2011上映作品

【原題】
Brendan and the Secret of Kells

【監督】
トム・ムーア

ハンガリー映画『ファイナル・カット』

すべての映画に愛をこめた本作。無料配信されます。

【製作年】
2012年・EU Filmdays 2014上映作品

【原題】
Final Cut: Hölgyeim és uraim/Final Cut: Ladies and Gentlemen

【監督】
パールフィ・ジョルジュ

スポンサーリンク

まとめ

アダム・グジンスキ監督作『メモリーズ・オブ・サマー』

『EUフィルムデーズ2020オンライン』の詳細は、青山シアターにて近日公開されます。

新型コロナウィルス収束への取り組みは長期戦となる様相です。旅に出られない日々はストレスですが、『EUフィルムデーズ2020オンライン』の映画でヨーロッパへの旅を、ご自宅でもお楽しみください




関連記事

新作映画ニュース

【ルーキー映画祭オリジナルグッズをプレゼント!】パンフレットやトートバッグなど抽選で合計15名様に《グッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館》

新旧監督デビュー特集のイベントの特別企画! 2019年8月23日(金) にリニューアルオープンされた京都みなみ会館にて、映画上映・配給団体グッチーズ・フリースクール(以下、GFS)との共同企画 “ルー …

新作映画ニュース

映画『ラスト・ムービースター』あらすじ。キャストのバート・レイノルズ最後の主演作が9月6日公開!

バート・レイノルズ最後の主演作を劇場で! 映画・テレビで半世紀以上にわたって活躍し、2018年9月6日にこの世を去った、ハリウッド稀代の映画スター、バート・レイノルズ。 ハリウッドの一時代を築き、『脱 …

新作映画ニュース

映画『アンティークの祝祭』予告編/上映館。ドヌーヴとマストロヤンニが親子共演で人生最後の日を描く

大女優カトリーヌ・ドヌーヴ&キアラ・マストロヤンニとの実母娘共演が実現 アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生を描く感動ドラマ (C)Les Films du Poisson – Fra …

新作映画ニュース

韓国映画『神と共に』あらすじとキャスト。日本劇場公開は2019年5月と6月で2部作上映決定!

韓国映画史上歴代2位の成績をたたき出し、韓国累計で2700万人を動員したメガヒット・ムービー『神と共に 第一章:罪と罰』は5月24日(金)より、『神と共に 第二章:因と縁』は6月28日(金)より新宿ピ …

新作映画ニュース

韓国映画『君の結婚式』あらすじとキャスト。10年間のラブストーリーをパク・ボヨン&キム・ヨングァンで描く

韓国映画『君の結婚式』は2019年3月1日(金)より、シネマート新宿ほかにてロードショー! 高校3年の夏に出会った男女の10年に渡るラブストーリー『君の結婚式』。 すれ違い続けた2人の、もどかしくて愛 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP