Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/24
Update

映画『草間彌生∞INFINITY』あらすじ。ドキュメンタリーで前衛芸術家の人生を捉える!

  • Writer :
  • 石井夏子

世界が認める前衛芸術家、草間彌生の人生を
アメリカ人女性監督ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー!

11月22日(金)に開業する渋谷PARCO8階のミニシアター「WHITE CINE QUINTO」のオープニング作品『KUSAMA:INFINITY』の邦題が『草間彌生∞INFINITY』に決定いたしました。

この度、邦題決定と共にポスタービジュアルが解禁

予告編と場面写真もあわせてご紹介致します。

また、10月17日(木)から20日(日)の日程で開催される京都国際映画祭での特別招待作品に決定し、ヘザー・レンズ監督の来日も併せて決定となりました。

スポンサーリンク

映画『草間彌生∞INFINITY』について

Peter Moore, Photo of Yayoi Kusama with “My Flower Bed” in her NYC studio, c.
1965 © 2018 Barbara Moore / Licensed by VAGA at Artists Rights Society (ARS), NY, Courtesy Paula Cooper Gallery, New York.

70年以上にわたる芸術活動の中で独自の芸術を表現し続け、世界で最も有名な芸術家の1人となった草間彌生

第2次世界大戦下の日本で暮らした過去、芸術への情熱を理解されなかった家庭環境、芸術界における人種差別や性差別、自身の病など、数々の困難を乗り越えながら様々な分野で輝かしい功績を残し、今もなお創作活動に全てを捧げる人生を送る彼女。

本作『草間彌生∞INFINITY』は、幼少期からアメリカへ単身で渡るまで、そしてニューヨーク時代に苦悩しながら行った創作活動と、当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、草間彌生の知られざる過去をアメリカ人女性監督、ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー作品です。

映画『草間彌生∞INFINITY』のポスタービジュアル

© 2018 TOKYO LEE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

解禁されたポスタービジュアルには、「天才芸術家の知られざるドラマティックな人生」「激動の1960年代ニューヨーク。彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ―。」のコピーが。

そして全体に散りばめられた赤い水玉、そして赤い水玉の服を着て正面を見据える草間彌生の横には「草間彌生」の大きな文字が配置され、彼女の人生のようなインパクトの強いビジュアルに仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『草間彌生∞INFINITY』の作品情報


Artist Yayoi Kusama drawing in KUSAMA – INFINITY. © Tokyo Lee Productions, Inc. Courtesy of Magnolia Pictures.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
『KUSAMA: INFINITY』

【監督】
ヘザー・レンズ

【脚本】
へザー・レンズ、イデノケイタ

【キャスト】
草間彌生ほか

映画『草間彌生∞INFINITY』のあらすじ

SONG OF A MANHATTAN SUICIDE ADDICT, 2010-present. Image © Yayoi Kusama. Courtesy David Zwirner, New York; Ota Fine Arts,
Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London/Venice; YAYOI KUSAMA Inc.

70年以上にわたり独自の芸術を表現し続け、2016年にTIMES誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された草間彌生。

そんな彼女がまだ無名だった頃、芸術家としての高みを目指し、単身で渡米。本作で捉えるのは幼少期の芸術への目覚めから、アメリカへ移住するまでの日々。

そして激動の1960年代ニューヨークで苦悩しながら行った創作活動と、当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、アメリカで活動するアーティストへ与えた影響といった、草間氏の知られざる過去が映されます。

スポンサーリンク

映画『草間彌生∞INFINITY』の監督ヘザー・レンズとは?

参考動画:ヘザー・レンズ監督のインタビュー

本作で監督と共同脚本を務めたヘザー・レンズは、脚本家、映画監督、プロデューサーとして活動し、主に類稀な人生を歩む人々に焦点を当てたドキュメンタリー映画や自伝映画を手掛けてきました

ケント州立大学美術学部を卒業し、南カリフォルニア大学映画学部で美術学の修士を取得。

自転車発明家に焦点を当てた短編ドキュメンタリー映画『Back to Back』(2001・日本未公開)は学生アカデミー賞にノミネートされ、世界中の映画祭で上映されました。

本作が長編ドキュメンタリーデビューとなります。

まとめ


Portrait of Yayoi Kusama in her studio. Image © Yayoi Kusama. Courtesy of David Zwirner, New York; Ota Fine Arts,
Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London; YAYOI KUSAMA Inc.

美術学生時代に草間彌生の作品にはじめて触れ、一目見た瞬間から魅了されたヘザー・レンズ監督。

草間彌生について探求していく中で、15年に渡る草間のニューヨークでの創作活動が、アメリカのアート界に及ぼした影響が見落とされていることに気が付いたそうです。

本作の企画を始めてから約10年。レンズ監督自身も、草間彌生が世界で最も売れた女性アーティストになるとは思ってもいなかったと言います。

本作では、世界中の人々から人気を博す彼女の作品が果たしてどのような想いで、どのようにして制作されてきたのかを描きました。

映画『草間彌生∞INFINITY』は2019年10月17日(木)から20日(日)の日程で開催される京都国際映画祭での特別上映と、11月22日(金)に開業する渋谷PARCO8階のミニシアター「WHITE CINE QUINTO」のオープニング作品として上映されます。


関連記事

新作映画ニュース

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。 肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。 葬儀 …

新作映画ニュース

ジュディ・デンチ映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』公開日情報。予告編とビジュアル解禁

©2017 FOCUS FEATURES LLC. ヴィクトリア女王と英領インドからイギリスへとやってきた若者アブドゥルとの交流を、壮観の映像美でユーモラスに綴る、愛すべき珠玉の人間ドラマ! ジュディ …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開。 日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族 …

新作映画ニュース

貫地谷しほり映画『夕陽のあと』あらすじとキャスト。鹿児島長島町が撮影地の人間ドラマは11月公開決定!

選択と決断の狭間で生まれる希望“家族”とは何か。 養子縁組と血のつながり、悲願と現実を描き出すドラマが誕生しました。  ©2019長島大陸映画実行委員会 『海辺の生と死』(2017)も記憶に新しい越川 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP