Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャストの嵯峨大輔役は滝藤賢一。演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー

白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の俊英・白石和彌監督が、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いた柚月裕子原作の『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

本作でも白石和彌が監督を務め、前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、オリジナルストーリーが展開します。

鈴木亮平をはじめ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一らが豪華俳優陣が脇を固めます。

この記事では嵯峨大輔役の滝藤賢一について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』の作品情報


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
白石和彌

【キャスト】
松坂桃李、鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一

【作品情報】

日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を獲得した『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務めます。

原作は、柚月裕子の『孤狼の血』シリーズ三部作。本作は原作では描かれていないオリジナルストーリーとなっています。

目的のためには手段を選ばない一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作から引き続き松坂桃李。

『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど活躍目覚ましい松坂が、前作の役所広司から主演を引き継ぎます。

共演には鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が集結。

暴力と狂気がはびこる街を舞台に、刑事、暴力団ほかさまざまな人々による壮絶なバトルロイヤルが幕を開けます。

映画『孤狼の血LEVEL2』のあらすじ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

暴力組織の抗争に巻き込まれ伝説のマル暴の刑事・大上がこの世を去ってから3年。

呉原市では彼の遺志を継いで、刑事の日岡が広島の裏社会を治めていました。

日岡の前に立ちはだかったのは、刑務所から出所してきた上林組組長・上林成浩。

悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていき…。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』嵯峨大輔役は滝藤賢一

参考映像:『はなちゃんのみそ汁』(2016)

映画『孤狼の血LEVEL2』で嵯峨大輔役を演じる滝藤賢一は1976年11月2日生まれの俳優。愛知県名古屋市出身。エージェントオフィスタクト所属。

高校卒業後、映画監督を志して上京しますが、映画『バレット・バレエ』オーディションの合格を機に俳優を志すようになります。

仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に在籍し、舞台中心に活動。

2008年に映画『クライマーズ・ハイ』に出演。当時無名でしたが、面識のあった原田眞人監督から呼ばれオーディションに合格、新聞記者役での演技が注目されます。

2009年ドラマ『外事警察』で連続ドラマ初レギュラー。この撮影からスケジュールが忙しくなり、それまで続けていたアルバイトを辞めました。

2013年TBS日曜劇場の大ヒットドラマ『半沢直樹』で、主人公と同期の銀行員役を演じてブレイク。

2014年深夜ドラマ『俺のダンディズム』で初主演を果たしました。

そのほか映画『はなちゃんのみそ汁』『64-ロクヨン-』『孤狼の血』『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』『初恋』、ドラマ『龍馬伝』『踊る大捜査線』『探偵が早すぎる』『東京独身男子』『コタキ兄弟と四苦八苦』など、演技派として数多くの作品に出演。

プライベートでは4人の子どもを持つイクメンパパとして知られています。

映画『孤狼の血LEVEL2』嵯峨大輔はどんな役?


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

滝藤賢一演じる嵯峨大輔は広島県警本部・捜査一課の管理官。

暴力団組織と癒着しており、自分の弱みを握る日岡を警察から排除したいと考えて考えています。

スポンサーリンク

滝藤賢一の演技力の評価は

参考映像:『孤狼の血』(2018)

仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」で実力を培い、今や数多くの作品からオファーの絶えない演技派・滝藤賢一

「無名塾」は実力派俳優を輩出していることで知られ、「劇団の東大」と評されるほど倍率が高いそうです。

アルバイトをしながらの長い下積みを経験した後、2013年放送の大ヒットドラマ『半沢直樹』で、主人公の半沢の同期の銀行員・近藤直弼役を好演し、大きな反響を得ました。

オリコンによる「2013年 ブレイク俳優ランキング」では8位にランクイン。実力派バイプレーヤーとして広く知られるようになります。

2015年のドラマ『破裂』で、第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞を受賞しています。

ワンシーンの出演であっても、リサーチや心理状況の分析などを徹底的に行い、入念な役作りをして臨んでいるそうです。呼吸のタイミングまでも緻密に決めると語っています。

演技に対してはとてもストイックで、1話だけの登場にもかかわらず、末期がん患者役を演じるのに10kgの減量をして臨んだこともあるそうです。

監督との話し合いも重ね、具体的に作品イメージを固めて土台にしているといいます。

その努力の甲斐あり、遅咲きながら、幅広い役を演じられるカメレオン俳優と呼ばれるまでになりました。

脇役にとどまらず、映画『はなちゃんのみそ汁』、ドラマ『俺のダンディズム』『探偵が早すぎる』では主役を、『東京独身男子』では準主役を演じ、好評を博しています。

2019年にはドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』で古舘寛治とダブル主演。

軽快なトークや、子煩悩な父親として好感度も高く、『レイクALSA』など数多くのCMにもひっぱりだことなっています。

本作『孤狼の血LEVEL2』では、大ヒットした前作『孤狼の血』に引き続き広島県警の嵯峨大輔役を演じます。

いかにして日岡への復讐を果たすかを3年間虎視眈々と狙っていたと言う滝藤。

再会のシーンでどんな感情が湧くか楽しみにしていたところ、まさかの恋心を抱いたと笑いながらも、痺れるくらい面白いと確信しているとコメントしています。

滝藤賢一の公式SNSの紹介

滝藤賢一の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

柚月裕子原作の大ヒット映画『孤狼の血』の続編となる『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務め、オリジナルストーリーが展開します。

一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作に続いて松坂桃李。役所広司が演じた前作主人公の大上から主演を引き継ぎます。

個性派俳優の滝藤賢一が、前作『孤狼の血』から引き続き主人公・日岡と敵対する広島県警の嵯峨大輔役を演じます。

鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が顔を揃えます。

注目の映画『孤狼の血LEVEL2』は、2021年8月20日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

新作映画ニュース

映画『花と雨』あらすじ。キャストの笠松将がSEEDAの分身を演じる【東京国際映画祭スプラッシュ部門出品】

笠松将主演で日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を映像化。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花 …

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。 そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパ …

新作映画ニュース

【2020年3月13日〜14日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。社会派感動作にセバスチャン・スタンが初主演!

ベトナム戦争で自らの命を犠牲にして仲間を救った英雄。 名誉勲章は30年も却下され続けたのか。 1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいました。 彼の名は、ウィリ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学