Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/09
Update

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』公開日/上映館。1人の若者の変化と成長を追ったドキュメンタリー

  • Writer :
  • 松平光冬

NHK番組版がギャラクシー賞候補になったドキュメンタリーが遂に劇場公開!

《女》から《男》へ、そしてその先にあるものとは?


(C)2019 Miyuki Tokoi

NHKで放映されギャラクシー賞候補になるなど大きな反響を呼んだドキュメンタリーが、全長版映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』として、アップリンク渋谷にて2020年7月24日(金・祝)よりロードショーされます。

映画公開に先がけ、メインビジュアルと場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』について


(C)2019 Miyuki Tokoi

本作『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』は、女性として生まれるも、自分の性に違和感を感じ続けていた小林空雅(たかまさ)に密着した、ドキュメンタリー映画です。

13歳のとき、心は男性でも生物学的には女性である「性同一性障害」と診断され、17歳の時に出場した弁論大会では、700人もの観客を前に男性として生きていくことを宣言

そして20歳で性別適合手術を受けて戸籍も男性に変えた空雅の、9年間の変化と成長を追います。

NHKで放映されたドキュメンタリーを劇場用に映画化


(C)2019 Miyuki Tokoi

監督を務めたのは、元NHKディレクターの常井美幸です。

彼女は2010年、新聞記事で「心と体の性別が一致しない性同一性障害の子供たちは、男女別の生活を求められる学校で、さまざまな悩みや苦しみを抱えている」ことを知ります。

当時は、LGBTQという言葉も普及していなかったころで、そんな子供たちを取材したいと考えていたとき、偶然知り合ったのが空雅でした。

それから実に、9年間にわたり空雅の生活の一部始終を捉えていきました。

実は本作は、短縮版として再編集され、2019年11月にNHKのドキュメンタリー番組「僕が性別“ゼロ”になった理由」として放送されています。

このNHK版は、ギャラクシー賞候補になるなど大きな反響を呼び、加えて、公開に先立って自主上映会を全国で50回以上開き、3000人以上もの観客を動員しました。

スポンサーリンク

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』の作品情報


(C)2019 Miyuki Tokoi

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
常井美幸

【コ・プロデューサー】
両角美由紀

【音楽】
上畑正和

【編集】
吉田浩一

【アート】
伊藤ともこ

【キャスト】
小林空雅、八代みゆき、中島潤

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』のあらすじ


(C)2019 Miyuki Tokoi

女の子として生まれ、男の子として生きたいと希んだ続けていた小林空雅は、果敢に身体を変え、戸籍も男性に戻しました。

でももし、男でもなかったとしたら?

心と体が一致しない不具合を感じつつ、心を開き、社会へと飛び立っていった空雅が出会ったのは、世界最高齢で男性から女性へと性別変更した90歳のチェリスト・八代みゆき。

男と女に二分される性に違和感を感じ、自ら「Xジェンダー(性別なし)」であることを明かして、性の多様性を伝える中島潤。

空雅が様々な人とふれあうなかで浮かび上がってきたのは、性という枠組みでは括りきれない、多様で豊かな人生でした。

そして、空雅が映画の最後で下した判断は、驚くべきものだったのです…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 Miyuki Tokoi

本作監督の常井美幸は、劇場公開にあたって以下のメッセージを寄せています。

「どうしたら自分らしさを失わずに、この社会で生きていけるのだろう?」私は常に自分自身に違和感をもちながら、自分の居場所を探してきました。人格の根幹である「性」が揺れている人たちを描くことで、その答えを見つけようとしたのかもしれません。
登場人物たちはそれぞれ「自分とは何者か」「自分らしい生き方」を真剣に模索する人たち。「性別」という枠を超えた向こう側には、本当の自分がいることを見つけた人たち。彼らと出会うことで、私は自分の生き方を問い直し、新たな気づきをもらい、自分が目指す社会へのイメージを膨らませるきっかけをもらいました。
このドキュメンタリーは「性別」をモチーフにしていますが、「性別」のことだけを描きたかったわけではありません。男と女だけではない、いろいろな形の性別があることを描くことで、カテゴリーの枠をはずれて自分らしく生きられる社会、ひとりひとりが互いの違いを超えて受け入れあえる社会。そういう自由な社会に少しでも近づけたらと思って制作しました。このたび劇場で公開されるにあたって、ひとりひとりが自分らしい生き方を問い直すきっかけになったらうれしいです。

性別の向こう側に隠れていた「ありのままの自分」とは何か?

たくさんの観客から熱心な支持を受けた1人の若者の“今”が、いよいよ劇場で公開となります。

ドキュメンタリー映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』は、7月24日(金・祝)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー、以降全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『ときめき♡プリンセス婚活記』あらすじとキャスト。シネマートにて公開決定!

『怪しい彼女』のシム・ウンギョン×ドラマ『華麗なる遺産』イ・スンギのW主演で贈る時代劇ラブコメディ。 韓国映画『ときめき♡プリンセス婚活記』は、12月8日(土)より、シネマート新宿他にて全国順次ロード …

新作映画ニュース

父を想う眼差しから家族の愛が溢れる。映画『長いお別れ』新場面写真が解禁

『長いお別れ』新場面写真が解禁 中野量太監督の映画『長いお別れ』が2019年5月31日(金)にロードショーされます 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子 …

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト …

新作映画ニュース

映画『みとりし』あらすじとキャスト。榎木孝明が共感した職業「看取り士」のもつ死生観

映画『みとりし』が、2019年9月13日(金)より、有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー。 看取り士が見守る人生最期の瞬間とは? 榎木孝明が看取り士を演じる映画『みとりし』が、2019年9月13日( …

新作映画ニュース

ゴダール映画『イメージの本』公開記念。『さらば、愛の言葉よ』3D上映がシネスイッチ銀座にて決定

『さらば、愛の言葉よ<3D>』アンコール上映 2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされるジャン=リュック・ゴダール監督最新作『イメージの本』。 その公開を記念し、4月13 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学