Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/09
Update

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』公開日/上映館。1人の若者の変化と成長を追ったドキュメンタリー

  • Writer :
  • 松平光冬

NHK番組版がギャラクシー賞候補になったドキュメンタリーが遂に劇場公開!

《女》から《男》へ、そしてその先にあるものとは?


(C)2019 Miyuki Tokoi

NHKで放映されギャラクシー賞候補になるなど大きな反響を呼んだドキュメンタリーが、全長版映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』として、アップリンク渋谷にて2020年7月24日(金・祝)よりロードショーされます。

映画公開に先がけ、メインビジュアルと場面写真が到着しました。

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』について


(C)2019 Miyuki Tokoi

本作『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』は、女性として生まれるも、自分の性に違和感を感じ続けていた小林空雅(たかまさ)に密着した、ドキュメンタリー映画です。

13歳のとき、心は男性でも生物学的には女性である「性同一性障害」と診断され、17歳の時に出場した弁論大会では、700人もの観客を前に男性として生きていくことを宣言

そして20歳で性別適合手術を受けて戸籍も男性に変えた空雅の、9年間の変化と成長を追います。

NHKで放映されたドキュメンタリーを劇場用に映画化


(C)2019 Miyuki Tokoi

監督を務めたのは、元NHKディレクターの常井美幸です。

彼女は2010年、新聞記事で「心と体の性別が一致しない性同一性障害の子供たちは、男女別の生活を求められる学校で、さまざまな悩みや苦しみを抱えている」ことを知ります。

当時は、LGBTQという言葉も普及していなかったころで、そんな子供たちを取材したいと考えていたとき、偶然知り合ったのが空雅でした。

それから実に、9年間にわたり空雅の生活の一部始終を捉えていきました。

実は本作は、短縮版として再編集され、2019年11月にNHKのドキュメンタリー番組「僕が性別“ゼロ”になった理由」として放送されています。

このNHK版は、ギャラクシー賞候補になるなど大きな反響を呼び、加えて、公開に先立って自主上映会を全国で50回以上開き、3000人以上もの観客を動員しました。

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』の作品情報


(C)2019 Miyuki Tokoi

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
常井美幸

【コ・プロデューサー】
両角美由紀

【音楽】
上畑正和

【編集】
吉田浩一

【アート】
伊藤ともこ

【キャスト】
小林空雅、八代みゆき、中島潤

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』のあらすじ


(C)2019 Miyuki Tokoi

女の子として生まれ、男の子として生きたいと希んだ続けていた小林空雅は、果敢に身体を変え、戸籍も男性に戻しました。

でももし、男でもなかったとしたら?

心と体が一致しない不具合を感じつつ、心を開き、社会へと飛び立っていった空雅が出会ったのは、世界最高齢で男性から女性へと性別変更した90歳のチェリスト・八代みゆき。

男と女に二分される性に違和感を感じ、自ら「Xジェンダー(性別なし)」であることを明かして、性の多様性を伝える中島潤。

空雅が様々な人とふれあうなかで浮かび上がってきたのは、性という枠組みでは括りきれない、多様で豊かな人生でした。

そして、空雅が映画の最後で下した判断は、驚くべきものだったのです…。

まとめ

(C)2019 Miyuki Tokoi

本作監督の常井美幸は、劇場公開にあたって以下のメッセージを寄せています。

「どうしたら自分らしさを失わずに、この社会で生きていけるのだろう?」私は常に自分自身に違和感をもちながら、自分の居場所を探してきました。人格の根幹である「性」が揺れている人たちを描くことで、その答えを見つけようとしたのかもしれません。
登場人物たちはそれぞれ「自分とは何者か」「自分らしい生き方」を真剣に模索する人たち。「性別」という枠を超えた向こう側には、本当の自分がいることを見つけた人たち。彼らと出会うことで、私は自分の生き方を問い直し、新たな気づきをもらい、自分が目指す社会へのイメージを膨らませるきっかけをもらいました。
このドキュメンタリーは「性別」をモチーフにしていますが、「性別」のことだけを描きたかったわけではありません。男と女だけではない、いろいろな形の性別があることを描くことで、カテゴリーの枠をはずれて自分らしく生きられる社会、ひとりひとりが互いの違いを超えて受け入れあえる社会。そういう自由な社会に少しでも近づけたらと思って制作しました。このたび劇場で公開されるにあたって、ひとりひとりが自分らしい生き方を問い直すきっかけになったらうれしいです。

性別の向こう側に隠れていた「ありのままの自分」とは何か?

たくさんの観客から熱心な支持を受けた1人の若者の“今”が、いよいよ劇場で公開となります。

ドキュメンタリー映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』は、7月24日(金・祝)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー、以降全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

フランス映画界のおじさん俳優のキャラが立つ!『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』本編場面映像が解禁

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』が、2019年7月12日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国ロードショー! フランスで動員400万人を動員し、冴えない …

新作映画ニュース

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。マッツ・ミケルセンのアクションムービーが日本上陸

マッツ・ミケルセン×アナス・トマス・イェンセン 北欧最強タッグが贈るリベンジ・アクション・エンターテインメント。 デンマーク・アカデミー賞最多15部門ノミネート4冠を達成した映画『RETFÆRDIGH …

新作映画ニュース

映画『わたしかもしれない(仮)』キャスト/コメント/公開時期。滝澤エリカ×道田里羽W主演で描く“身体の壁”

元テレビ朝日・TBS気象キャスター千種ゆり子プロデュース 気象予報⼠として NHK ⻘森を経て、テレビ朝⽇「スーパーJ チャンネル(⼟⽇)」や、TBS「THE TIME,」に出演してきた千種ゆり⼦が、 …

新作映画ニュース

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』あらすじ/キャスト。異色のドキュメンタリーで弾き語りトラックメイカーアイドルに迫る

「MOOSIC LAB2019」観客賞・審査員特別賞・ベストミュージシャン賞・女優賞の4冠受賞作品。 型破りな個性で人気を博し、「ゴッドタン」などのバラエティ番組で即興ソングが話題となるなど今最も勢い …

新作映画ニュース

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。園子温ハリウッドデビューはニコラス・ケイジ主演のエンタメ作!

ティザービジュアル&日本人キャスト解禁! 数々の問題作を世に送り、常に日本映画界の話題をさらい続けている園子温監督のハリウッドデビュー作であり、ニコラス・ケイジ主演最新作『Prisoners of t …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学