Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/07
Update

イーストウッド映画『リチャード・ジュエル』あらすじとキャスト。日本公開日は2020年1月17日!

  • Writer :
  • 石井夏子

この映画で、アトランタ・オリンピック爆破事件の“真実”を知る。

この度、ワーナー・ブラザース映画配給により『アメリカン・スナイパー』クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日(金)より日本公開されることが決定致しました。

© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

東京オリンピックが開催される2020年、アカデミー賞俳優、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツらを迎えて贈る『リチャード・ジュエル』は、1996年アトランタ・オリンピックの爆破テロ事件の容疑者と、真実を追う弁護士を描く実話です。

全世界待望のクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』の日本公開決定を受けて、日本版予告編&メイキング写真が同時解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』について

参考:『リチャード・ジュエル』アメリカ版ツイッター

『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ハドソン川の奇跡』(2016)、『15時17分、パリ行き』(2018)、『運び屋』(2018)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督

89歳、40本目となる監督最新作『リチャード・ジュエル』は、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の“真実”を描く“衝撃の問題作です。

映画『リチャード・ジュエル』の予告編

今回解禁となった予告編は、パニックに陥った五輪会場の公園で「爆弾だ!早く逃げろ!」と人々を避難させるジュエルの姿、警察による爆破物の検証場面から始まります。

「彼が爆破犯だと?」というFBIと思われる声に、爆弾を発見した警備員に疑いの目が向けられたことが示唆。

彼の無実を信じるたった一人の弁護士ワトソンは「容疑が晴れるまで黙秘しろ、俺が話す」とアドバイスし、息子を愛する母ボビー(キャシー・ベイツ)は「母さんが守るからね」と、第一容疑者となった息子への報道を見つめます。

声紋判定のためにボイスサンプルが欲しいFBIは、ジュエルに「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と言えと強要。

ワトソンは「彼を陥れようとしているのは、政府とマスコミだ」と会見で釘を刺しますが、「事件を起こす動機は、ヒーロー願望と警察への憧れ」だとする女性記者キャシー・スクラッグス(オリビア・ワイルド)によって、“悪人か聖人か”という記事がスクープされ、容疑者報道は次第にエスカレートしていきます。

その頃、FBIの取調室では、「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と執拗に迫る捜査官(ジョン・ハム)の尋問が続き…。

緊迫感に溢れる衝撃的な映像となっています。

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』のメイキング写真

本記事冒頭に掲載した、撮影現場でのひとコマをとらえた3ショットのメイキング写真

クリント・イーストウッド監督が話しかけ、スーツで正装した主人公リチャード・ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーと、弁護士ワトソンを演じるサム・ロックウェルが耳を傾けています。

腕組みをしたサムが監督をじっと見つめている姿が印象的な1枚です。

映画『リチャード・ジュエル』の作品情報

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原作】
マリー・ブレナー バニティ・フェア 「American Nightmare―The Ballad of Richard Jewell」

【原題】
RICHARD JEWELL

【監督・製作】
クリント・イーストウッド

【製作】
ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル

【脚本】
ビリー・レイ

【キャスト】
サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』のあらすじ

1996年、アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。

不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われました。

ですが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまうジュエル。

ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えますが…。

まとめ

参考:『リチャード・ジュエル』アメリカ版ツイッター

本作で描かれる爆破テロ事件は国とメディア報道、それに便乗する世間の誹謗中傷。SNSの普及により冤罪社会が確立された現代社会にも通じる、他人事ではない事件です。

同時に、“真実”を伝えるはずのメディア報道に対する危機管理の問題も浮かび上がります。 

リチャード・ジュエルは悪人なのか、それとも聖人なのか!?その真実は、スクリーンで明らかになります。

巨匠クリント・イーストウッド監督がアカデミー俳優を迎えて贈る、“真実“のヒューマンドラマ『リチャード・ジュエル』は、オリンピック・イヤーの幕開けとなる2020年1月17日(金)より日本公開です。



関連記事

新作映画ニュース

フランス映画『スザンヌ、16歳』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ヴァンサンランドンの娘が監督主演で思春期を描く

2000年生まれの新星スザンヌ・ランドンの鮮烈なるデビュー作。 2020年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに認定されたフランス映画『16 Printemps』。 この度映画の邦題が『スザンヌ、 …

新作映画ニュース

映画『GAGARINE ガガーリン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌ国際映画祭を魅了した強烈なデビュー作とは

第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション選出 オスカーフランス代表・最終選考作品 圧倒的な映像美と世界観で世界中のメディアから絶賛されたフランス・パリ郊外を舞台にしたかつてないエモーショナルな …

新作映画ニュース

しんゆり映画祭2019開催情報!10月27日から上映する第25回作品プログラムの内容紹介

全プログラム発表! キャッチフレーズは「Across the border~のり越える想い~」。 25回目となるKAWASAKIしんゆり映画祭が、川崎市麻生区の新百合ヶ丘にある川崎市アートセンターにて …

新作映画ニュース

映画祭『坪井篤史のカルトdeシネマ』開催日/公開劇場/上映作品。鉄男や狂った野獣などを池袋HUMAXシネマズのスクリーンで見る!

カルト映画の一般化大作戦。「坪井篤史のカルトdeシネマ」7月開催決定! 池袋HUMAXシネマズとシネマディスカバリーズが共同開催。 インディペンデント映画の配信サービス「CINEMA DISCOVER …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの医師・小堺司役は大谷亮平【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学