Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/17
Update

映画『斬、』キャスト池松壮亮&蒼井優の思い。塚本晋也監督の新作とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ


(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

本作品『斬、』の主演は、映画『君が君で君だ』で尾崎豊になりきる男を演じ、女性用の下着姿での熱演を見せ、『万引き家族』では、存在感のある4番さんを好演するなど、独自の演技力を見せつける池松壮亮。

またヒロインには、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で、数多くの主演女優賞を獲得した蒼井優を迎え、最強コンビの共演で贈る作品とは?

スポンサーリンク

その名を世界に知らしめた監督ツカモト

『鉄男 TETSUO』(1989)

イタリアをはじめ、世界のツカモトとして人気と健在ぶりを見せつける塚本晋也監督

1989年の『鉄男 TETSUO』、2002年の『六月の蛇』、2011年の『KOTOKO』などを発表し、世界中に多くの塚本マニアを持つことで知られています。

『野火』(2014)

また、長年温め続けた思いを爆発させた作品といえば、究極の状況下での人間の姿を描き、戦争体験者に聞き取りを行った“恐怖”を映像に焼き付けた『野火』(2014)でも知られています。

その塚本監督が、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだのが『斬、』で、監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナル作品となります。

塚本晋也監督は本作品『斬、』への思いをこのように述べています。

「このたび初めての時代劇に挑戦しました。池松壮亮さんと蒼井優さんを迎え、最高に贅沢な作品となりました。一本の刀を過激に見つめるひとりの若い浪人の姿を通して、過去から今という時代に斬り込んでくる作品になったと思います」

塚本監督の人柄を感じる真摯な姿勢、そして常に今という時代を斬り込む様を感じるメッセージですね。

塚本晋也監督作品『斬、』とは

物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた 国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期

江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る衝撃的な作品です。

塚本監督の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を、渾身のパフォーマンスで演じたのは池松壮亮

2017に主演を務めた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017/石井裕也監督)は、各方面から高い評価を受け、今もっとも注目される若手俳優のひとりです。

映画『斬、』の主人公の浪人を演じた池松壮亮

参考映像:池松壮亮主演『君が君で君だ』(2018)

今年2018年もその活躍はとどまる所を知らない池松壮亮

真利子哲也監督のテレビドラマ『宮本から君へ』や、是枝裕和監督の『万引き家族』では数少ないシーンでの出演だが、追い込まれた4番さんを好演しました。

また、松居大悟監督の『君が君で君だ』では、10年ものあいだ尾崎豊になりきり恋する男を熱演するなど、話題作への出演が続き、他に類を見ない難しい役柄を演じる若手俳優として活躍しています。

池松壮亮は本作品『斬、』に対する思いを、このように語っています。

「これまでの俳優人生の中でもかけがえのない作品に出会えたと思っています。この世界の悦びと、同じ数だけある痛みを、11月24日、塚本晋也監督が見せてくれると思います」

俳優人生のかけがえのない作品”とは、大きな期待感をもたせますね。

また、“同じ数だけある痛み”、これは『万引き家族』や『君が君で君だ』でも、“痛み”をスケール感のある演技で魅力的に見せてくれました。

どのように演じたのか、池松壮亮のパフォーマンスに注目しましょう!

映画『斬、』のヒロインの娘役には蒼井優

参考映像:蒼井優主演『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)

また、浪人の隣人である農家の娘を演じるのは、白石和彌監督の『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)や、山田洋次監督作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優の蒼井優

蒼井優は塚本作品に出演できることについて、このように語っています。

「15歳の私が映画を好きになったきっかけの1本が、塚本監督の「双生児」でした。その塚本監督の下、3週間という短い期間でしたが、映画作りに本当に大切なものだけに支えられた現場は、私にとってこの上なく幸せでした」

このように映画を好きになったのが監督の作品だと述べた蒼井優は、本作品『斬、』では、不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現しています。

ともに本作『斬、』で初めて塚本組への参加を果たした池松壮亮と蒼井優。彼らのぶつかり合うような演技合戦もこの作品の大きな見どころです。

そのほかの出演に、『バレット・バレエ/BULLET BALLET』(1998)や、『野火』(2014)に続く塚本作品への参加となった中村達也。

そして、本作の監督であり、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』(2016)、庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』(2016)など、俳優としても活躍を続ける塚本晋也。

オーディションで多数の候補の中から抜擢された映画初出演の新人、前田隆成などが脇を固めます。

スポンサーリンク

まとめ

塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

監督、脚本、撮影、編集、製作をいつものように一手に臨む塚本晋也監督。

キャストに池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也ほかとなっています。

ぜひ、塚本晋也監督作品の『斬、』をお見逃しなく!

また、最新情報は当サイトでも追ってお知らせいたします。しばし待たれよ!!

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『無垢なる証人』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月24日の感動作が予告編解禁!

韓国動員230万人突破の大ヒット作が日本公開。 チョン・ウソンとキム・ヒョンギという、実力派俳優が豪華競演している韓国映画『証人(原題) 』。 © 2019 LOTTE ENTERTAINMENT A …

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映! デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユ …

新作映画ニュース

イーストウッド出演映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじ。日本公開日と上映館情報も

STAR CHANNEL MOVIES作品『Sad Hill Unearthed(英題)』日本公開&邦題決定! 2017年東京国際映画祭で話題沸騰、強烈な爪痕を残した ドキュメンタリー映画『Sad H …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2020】上映作品とイベント情報。10月より全国開催で全ラインナップも発表

最古で最大のファンタスティック映画の祭典 “シッチェス映画祭2020”今年も日本で開催! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月 …

新作映画ニュース

ザ・スミス映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』予告編と日本版ポスター解禁

“毒舌モリッシー”も最初はただのスティーヴンだった © 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED 2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP