Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの天野千日役は石橋静河。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『いちごの唄』が2019年7月5日より全国で公開されます。

数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの唄』。

主演は古舘佑太郎と石橋静河。共演を務めたのは宮本信子、和久井映見、光石研と日本映画界の実力派俳優たち。また、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里など、人気若手俳優も集結しました。

この記事では、天野千日役を演じる石橋静河について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『いちごの唄』の作品情報


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
岡田惠和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版)

【脚本】
岡田惠和

【監督】
菅原伸太郎

【キャスト】
古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、光石研、清原果耶、小林喜日、大西利空、しゅはまはるみ、渡辺道子、ポール・マグサリン、山﨑光、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里、吉村界人、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子

【主題歌】
「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)

【作品概要】

年に一度、たったひとりの親友の命日である七夕に会う約束をするコウタと千日を巡る恋と友情の物語。

コウタ役を演じるのは、『ひよっこ』、『九月の恋と出会うまで』などで好演、ロックバンド「2」を率いるミュージシャンでもある古舘佑太郎。

千日には、初主演を務めた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で数々の新人賞を受賞。また『きみの鳥はうたえる』、『生きてるだけで、愛。』などで若手実力派俳優として高い評価を得た石橋静河。

さらに、伸二が住んでいた孤児院の園長先生役には演技派女優の宮本信子、コウタを優しく見守る両親に中堅実力派の和久井映見と光石研。日本映画に欠かせない実力派俳優陣が勢揃いしています。

さらには、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里たちといった、今ブレイク中の人気若手俳優も集結したところも見どころの一つです。

監督は、岡田惠和の脚本のドラマ『泣くな、はらちゃん』や『ど根性ガエル』を手がけた菅原伸太郎。銀杏BOYZの「漂流教室」、「ぽあだむ」などの名曲たちと、本作のための書き下ろし新曲「いちごの唄」が本作を彩ります。

誰もが経験した友情と切ない恋の想い出が、豪華なキャストとスタッフによって輝く、青春映画となりました。

映画『いちごの唄』のあらすじ


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

不器用で優しい青年のコウタ。

彼のたった一人の親友だった伸二は、中学時代に2人で「天の川の女神」と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守って亡くなっていました。

そして10年後の七夕。伸二の命日に、コウタと千日は、偶然高円寺で再会します。

それから毎年ふたりは七夕に会って、環七通りを散歩するようになります。

しかしある年、千日は伸二との秘密を語って、もう会うのを終わりにしようと告げ…。

スポンサーリンク

映画『いちごの唄』天野千日役は石橋静河

参考映像:『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)

映画『いちごの唄』で天野千日役を演じる石橋静香は1994年7月9日生まれの女優、ダンサー。東京都出身。Plage所属。

父に俳優の石橋凌、母に女優の原田美枝子、姉にシンガーソングライターの優河を持つ芸能一家に生まれました。

4歳からクラシックバレエを始め、15歳でボストン、カルガリーのバレエスクールに留学。

2013年に帰国後、コンテンポラリーダンサーとして活動します。

2015年から舞台や映画に出演。2016年にNODAMAP舞台『逆鱗』に出演します。

2017年映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』に主演し、第91回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞など、多くの新人賞を受賞。

ブルーリボン賞新人賞では、母の原田美枝子と史上初の親子受賞となりました。

2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、主人公の幼なじみ・律のクールな妻・より子役を演じて大きな話題に。

ほか映画『PARKS パークス』『きみの鳥はうたえる』『生きてるだけで、愛。』など数多くの作品に出演。

2019年には本作『いちごの唄』のほか、『楽園』『ばるぼら』が公開予定の、今もっとも注目される若手女優の一人です。

姉の優河とは、2017年にユニクロのCMで共演しています。

映画『いちごの唄』天野千日はどんな役?


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

天野千日は、主人公のコウタの中学時代の同級生。

コウタとその親友・伸二から「あーちゃん」と呼ばれ、女神と崇められる存在でしたが、千日の身代わりに伸二が交通事故で死んでしまい、彼の死を背負って生きることとなります。

離ればなれだったコウタと10年後に偶然再会し、その後毎年七夕の日に会うようになりますが…。

スポンサーリンク

石橋静河の演技力の評価は

参考映像:『きみの鳥はうたえる』(2018)

コンテンポラリーダンサーとしてデビューした後、本格的に女優業に進出した石橋静河。

2017年に石井裕也監督作品の『夜空はいつでも最高密度の青色だ』で主演し、第91回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、ブルーリボン賞新人賞など、多くの新人賞を受賞した実力派です。

2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、主人公の幼なじみ・律のクールな妻・より子役を演じて注目されました。夫の出世に強い欲を持つ「怖すぎる妻」は大きな話題を呼びました。

ほか映画『PARKS パークス』『きみの鳥はうたえる』『生きてるだけで、愛。』など数多くの作品に出演。

2019年には本作『いちごの唄』のほか、『楽園』『ばるぼら』『37 Seconds』と多くの作品が公開予定。今、もっとも注目される若手女優の一人です。

石橋静河の公式SNSの紹介

石橋静河の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

この投稿をInstagramで見る

Tehehehehe 🙃

Shizuka Ishibashiさん(@shizuka_isbs)がシェアした投稿 –

まとめ


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

『ひよっこ』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など数多くの名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、切ない青春と恋の物語『いちごの唄』。

主演映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』で第91回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞ほか数多くの賞を受賞した実力派若手女優・石橋静河が、女神と崇められるヒロイン・千日を演じます。

映画『いちごの唄』は2019年7月5日より全国ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

『僕はイエス様が嫌い』あらすじとキャスト。マカオ国際映画祭でスペシャル・メンション受賞!

第3回マカオ国際映画祭のアワードセレモニーにて『僕はイエス様が嫌い』がスペシャル・メンションを受賞しました。 サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞、ストックホルム国際映画祭の最優秀撮影賞に続く …

新作映画ニュース

映画『決戦は日曜日』キャストの内田慈(ちか)は田中菜々役!演技力の評価とプロフィール

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー 『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の『決戦は日曜日』が、2022年1月 …

新作映画ニュース

映画『渇愛の果て、』キャスト/内容紹介。野生児童の有田あんがコロナ禍で上演中止の舞台を映像化!

妊娠、出産、障がい…出生前診断に女優たちが斬り込む。 野生児童主宰の有田あんが脚本・監督を務める長編映画、『渇愛の果て、』の制作が、2020年7月現在進行中です。 有田あん初の長編映画でも …

新作映画ニュース

『中小企業物語』あらすじ/キャスト(シーズン4)。韓国ドラマをWATCHAで!リアリティあふれるコメディが独占配信

韓国ドラマ『中小企業物語』が「カンヌ国際シリーズフェスティバル 2022」に正式招待され、2022年5月25日(水)より、WATCHA にてシーズン4も独占配信決定! 月額動画配信サービス「WATCH …

新作映画ニュース

映画『アーニャは、きっと来る』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。感動の児童文学を映像化!

児童文学の傑作を映画化。 『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。 映画『アーニャは、きっと来る』は、1942年、当時ナチス占領下にあったフランスはピレネー山脈の麓の小さな村で起き …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学