Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。
鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画

女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母と娘の関係が明らかになっていく映画『クシナ』。

大阪アジアン映画祭2018では、JAPAN CUTS Awardを受賞。北米最大の日本映画祭であるニューヨークのJAPAN CUTSに招待され、独特の感性と映像美によって支えられる世界観は海外レビューでも高い評価を獲得しました。

今回は、村長的存在である鬼熊(オニクマ)の娘で、14歳で妊娠・出産を経験。14歳の娘・奇稲(クシナ)の母親でもある鹿宮(カグウ)役を演じた女優・廣田朋菜のインタビュー動画をご覧ください。

スポンサーリンク

廣田朋菜(ひろたともな)プロフィール


(C)ATELIER KUSHINA

廣田朋菜は鈴木清順監督の映画『オペレッタ狸御殿』(2005)、『猫目小僧』(2006/井口昇監督)、『恋するマドリ』(2007/大九明子監督)、『フレフレ少女』(2008年/渡辺謙作監督)などに出演。

PFFアワード2011入選作『チョッキン堪忍袋』(2011/天野千尋監督)、第4回八王子Short Film映画祭 グランプリ受賞作『悪しき客人』(2016年/田中博巳監督)や“匂いフェチ”の主人公を演じた『タカノの匂い』(2012年/山岡大祐監督)、NHK『トットてれび』(2016年/井上剛監督)、TBSドラマ『ハロー張りネズミ』(2017/大根仁監督)など、大作・話題作に出演。

映画・ドラマ・舞台にPVと様々な映像作品で活躍しています。2020年の10月24日には、第48回 モントリオール・ヌーボー・シネマ、第15回大阪アジアン映画祭正式出品の注目作『VIDEOPHOBIA』(2019/宮崎大祐監督)が公開予定です。。

映画『クシナ』の作品情報

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
速水萌巴

【キャスト】
郁美カデール、廣田朋菜、稲本弥生、小沼傑、佐伯美波、藤原絵里、鏑木悠利、尾形美香、紅露綾、藤井正子、うみゆし、奥居元雅、田村幸太、小野みゆき

【作品概要】
山奥で独自の文化を築いた、女性しかいない村で暮らす、鬼熊と鹿宮(かぐう)、そして奇稲(くしな)の母娘の姿を、本作が長編デビュー作となる速水萌巴が独特の世界観で描きました。

作品の鍵を握る神秘的な少女奇稲役を、女優の土屋アンナに直接スカウトされ、モデルとしても活躍している郁美カデールが演じています。本作の撮影数日前に、彼女の1枚の写真が速水監督の目に留まったことで、女優デビューを果たしました。

また、奇稲の母親、鹿宮を演じるのはドラマや舞台、MVなどの数多くの作品で活躍している廣田朋菜。

村を統率している鹿宮の母親・鬼熊を『戦国自衛隊』や『ブラック・レイン』など、数々の映像作品で活躍している、小野みゆきが演じています。

スポンサーリンク

映画『クシナ』のあらすじ


(C)ATELIER KUSHINA
人里離れた山奥に存在する、「男子禁制」の女性だけが暮らす村。この村は、村長の鬼熊が厳しい規律を作り、村の秩序を守っていました。

村では大麻を収穫しており、鬼熊だけが唯一村を下りて大麻を売ったお金で、村の女たちが必要とする物を買っていました。

鬼熊には、28歳の娘、鹿宮(かぐう)と、鹿宮が14歳の時に産んだ娘、奇稲(くしな)がおり、一緒に村で生活をしています。

村では外からの情報を全て遮断していましたが、奇稲は廃墟となった山小屋に隠れてウォークマンで音楽を聞くなど、外の世界に興味を持っている様子です。

鬼熊は、奇稲に村の仕事を手伝わせようとするなど、共同体の中に奇稲を入れようとしますが、鹿宮はそれを拒否しているように見えます。

人類学者の風野蒼子は、女性だけが暮らす村の噂を聞き、後輩の原田恵太と村を探していました。

何度も探索を続けましたが、これまで村を探し出す事が出来ておらず、蒼子は半ば諦めかけていました。

ですが、蒼子は山中で奇稲の姿を見かけて、奇稲を追いかけて村に辿り着きます。

「男子禁制」の村に蒼子と共に恵太が入って来た事を、鬼熊は問題視しますが、蒼子達は下山の為の食糧を所持していません。

鬼熊は下山の為の食料が揃うまで、2人が村に滞在する事を許可しますが、鹿宮は強く反対します。

しかし、閉鎖されていた村に部外者を招き入れた事の影響は大きく、特に男性の恵太の存在により、村の女性たちは内面が乱れ始めます…。

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』あらすじ/日本公開日/上映館。カナダの新鋭監督が描く長編アニメの予告動画紹介

レイモンド・カーヴァーの名作短編を現代的に蘇らせる長編アニメーション作品。 カナダの新鋭が、1995年のケベック州独立運動を背景に、ある(元)夫婦の過去・現在・未来の物語を詩的に描いた長編アニメーショ …

新作映画ニュース

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。 2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』。 中国新世 …

新作映画ニュース

映画『グレート・ウォー』あらすじとキャスト。戦争アクション大作が未体験ゾーンの映画たち2020にて公開!

いまだ語られることのなかった戦場の真実。 2020年1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田にて開催される、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち20 …

新作映画ニュース

『望み』小説ネタバレあらすじと結末。雫井脩介原作の映画化キャストを大胆予想⁈

映画『望み』は2020年10月9日に公開予定。 『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の著者・雫井脩介。 雫井脩介が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたというサスペンス小説『望み』は、2016年に刊行されるや …

新作映画ニュース

映画『彼女が好きなものは』あらすじ。キャスト神尾楓珠がゲイの男子高校生役で“カノホモ”実写作品に初主演!

「異性を愛し、家庭を築きたい。」 僕はゲイだ。だからって“ふつう”の幸せをあきらめたくない・・・。 交わることのない二人の恋を描いた恋愛青春小説『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』が、『彼女が …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学