Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/07
Update

エル・ファニングをメラニー・ロランが撮る!映画『ガルヴェストン』日本公開日と予告解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

殺し屋と娼婦の逃避行

エル・ファニング主演映画『ガルヴェストン』の公開が2019年5月17日(金)に決定し、あわせてポスタービジュアル・予告映像が到着しました。


COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

美しくも激しい痛みが胸に突き刺さるハード・クライム・ムービーです。

『レオン』(1995)『ドライヴ』(2012)といった数々の名作を彷彿とさせる本作は、国際派女優のメラニー・ロランが監督を務めました。

女優が女優を撮ることのこだわり、ぜひ感じてみて下さい。

スポンサーリンク

映画『ガルヴェストン』予告映像

予告編では、これまでにない大人メイクに扇情的な衣装を着こなしアダルトな雰囲気を漂わせ、新境地を開拓しているエル・ファニングの姿が垣間見えます。

一方病に冒された殺し屋を演じたベン・フォスターは、その男臭い魅力をいかんなく発揮

組織に捨てられたものの、ここでは終われないと、ファニング演じる若い娼婦を連れて逃げだす殺し屋。

彼女の幼い妹も連れ、3人は美しい海が見える場所“ガルヴェストン”へと辿りつきます。

人生の美しさ、その意味を初めて見出す殺し屋と娼婦。

しかしそこに追手が迫ります。

激しい銃撃戦の合間に映し出されるエル・ファニングの輝く笑顔が、この物語の切なさを予感させます。

激しいアクションシーンはもちろん、死の恐怖に囚われながらも若い娼婦と出会い心を通わし、やがて彼女を救うことに死ぬ意味を見出していく様は予告篇を見るだけでも胸が熱くなること間違いなしです。

また、未来を見据えるファニングの眼差しと、死を覚悟したフォスターの決然とした表情が非常に印象的なポスタービジュアルもぜひご覧ください。

映画『ガルヴェストン』作品情報


COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
GALVESTON

【原作】
ニック・ピゾラット

【監督】
メラニー・ロラン

【キャスト】
エル・ファニング、ベン・フォスター、リリ・ラインハート、アデペロ・オデュイエ、ボー・ブリッジス

【作品概要】
傑作ドラマシリーズ「TRUEDETECTIVE」『マグニフィセント・セブン』(2016)などの脚本家としても知られるニック・ピゾラットのデビュー作にして、アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補にもなった傑作犯罪小説「逃亡のガルヴェストン」(早川書房刊)。

監督は『Respire』でカンヌ国際映画祭の批評家週間に正式出品されるなど、評価の名高いフランス出身の国際的女優、メラニー・ロランが監督を務めました。

主演は日本でも圧倒的な知名度と人気を誇る女優エル・ファニングと、『インフェルノ』(2016)『疑惑のチャンピオン』(2015)などで知られる実力派曲者俳優ベン・フォスターです。

スポンサーリンク

映画『ガルヴェストン』のあらすじ


COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

故郷を捨て裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)がその日、ボスの勧めで行った病院で見せられたのは、まるで雪が舞うように白くモヤがかかった自分の肺のレントゲン写真。

命の終わりが近いことを悟った彼は「どうせクソみたいな人生だ。死ぬならそれも仕方ない」そう自分に言い聞かせます。

ですが死への恐怖は彼を追い込み、苛立たせて行きました。

その夜いつものようにボスに命じられるまま向かった“仕事先”で、ロイは突然何者かに襲われます。

組織に切り捨てられたことを知った彼は、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女(エル・ファニング)を連れて逃亡。

彼女の名前はロッキー。

家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生活していたと言います。

組織は確実に2人を追ってくるでしょう。

全てを失い孤独な平穏を願いながらも女を見捨てることのできないロイと、他に頼る者もなく孤独な未来を恐れるロッキー。

傷だらけの2人の、果てなき逃避行が幕を開けます。

まとめ

View this post on Instagram

GALVESTON is out today! Watch on @iTunes. #GalvestonMovie #BenFoster

Elle Fanningさん(@ellefanning)がシェアした投稿 –

女優としても名高い、メラニー・ロランが監督を務めた映画『ガルヴェストン』。

予告を観ると、ハードなシーンは押さえた色調、ガルヴェストンでの幸せなシーンは鮮やかな色調と、こだわりを感じます。

また、青い海辺で笑顔を浮かべるエル・ファニングの眩しいほどの美しさにも目を奪われます。

生きる意味を見出した、ふたつの孤独な魂の行きつく先はどこなんでしょうか。

映画『ガルヴェストン』は5月17日(金) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年10月4日〜5日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche モデル:蟹江まり 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

映画『誰かの花』あらすじ/キャスト【ミニシアター・ジャック&ベティの30周年記念】奥田裕介監督が等身大の横浜を描きだす!

横浜のミニシアター ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』が始動! 抜擢されたのは、横浜出身の映画監督、奥田裕介。 2021年に30周年を迎える横浜のミニシアター、ジャック&ベティの30周年記念 …

新作映画ニュース

映画『スイング・ステート』あらすじ/キャスト/上映館。スティーヴ・カレルが最新作で選挙コメディ作品に再来!

ブラット・ピット製作総指揮のPLAN Bが贈る、抱腹絶倒の選挙エンタテインメント! 大統領選でトランプに大敗した民主党選挙参謀が、起死回生を狙って田舎の町長選挙で大波乱を巻き起こすドタバタコメディ『I …

新作映画ニュース

映画『太陽と踊らせて』内容解説/公開日/上映館。実在のイビサ島のDJを追ったドキュメンタリー

息をのむような島の映像とバレリアックな音楽にのせて贈る、あまりにも自由で極上な音楽ドキュメンタリー。 リリー・リナエ監督作『太陽と踊らせて』が、2021年7月24日(土)より新宿K’s cinema、 …

新作映画ニュース

映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』あらすじ/日本公開日/上映館。カナダの新鋭監督が描く長編アニメの予告動画紹介

レイモンド・カーヴァーの名作短編を現代的に蘇らせる長編アニメーション作品。 カナダの新鋭が、1995年のケベック州独立運動を背景に、ある(元)夫婦の過去・現在・未来の物語を詩的に描いた長編アニメーショ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学