Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/16
Update

新海誠新作『すずめの戸締まり』公開はいつ/内容あらすじ。君の名は/天気の子に続く扉を“閉じていく”物語

  • Writer :
  • 岩野陽花

扉の向こうには、すべての時間があった──
『君の名は。』『天気の子』新海誠の最新作『すずめの戸締まり』!

君の名は。』『天気の子』と大ヒット作を手がけ、国内外に多くの人々がその作品に注目し続けるアニメーション監督の新海誠。

そして2019年の『天気の子』以来3年ぶりの監督作となるのが、アニメーション映画『すずめの戸締まり』です。


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

このたび、『すずめの戸締まり』が2022年秋に全国公開されることが発表。

本記事では本作の作品情報やあらすじなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『すずめの戸締まり』はどんな作品?

『天気の子』以来3年ぶりの新海誠監督作

空前のメガヒットを記録し社会現象にもなった『君の名は。』、それに続く『天気の子』を手がけ、少年少女の物語を美しい色彩と無二の音楽で紡ぎ出す“新海ワールド”で世界を魅力してきたアニメーション監督・新海誠

その新海監督の天気の子』以来3年ぶりの監督作となるアニメーション映画『すずめの戸締まり』は、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービーです。

新海監督が原作・脚本も手がけるほか、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』作画監督の一人である田中将賀がキャラクターデザインを、新海監督作品を多数手がける土屋堅一・丹治匠が作画監督・美術監督をそれぞれ務めるなど、新たな“新海ワールド”の生み出すのにふさわしいスタッフ陣が集結しました。

「開く」のではなく「閉じていく」物語

2021年12月15日開催の『すずめの戸締まり』制作発表記者会見では、同会見に登壇した新海監督が本作がどのような作品であるかについて語りました。

特に本作が扉を「開く」のではなく「閉じていく」物語である理由については、「映画作りはもちろん、仕事にしても、恋愛や家族関係にしても終わらせるほうが難しい」とコメント。

そして「だから可能性が開いていく物語でなく、散らかった可能性を見つめ直して、あるべき手段で閉じていくことで、新しい場所を見つけられるんじゃないか。そういう物語を作るべきなんじゃないか、皆さんが観たいと思っているんじゃないかと思ったんです」と、「閉じる」という行為とそれをテーマにした物語を今描く意味を明かしました。

映画『すずめの戸締まり』のあらすじ


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。

彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。

なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが……。

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。

その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。

──星と、夕陽と、朝の空と。迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった──

不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。

スポンサーリンク

映画『すずめの戸締まり』の作品情報

【監督・原作・脚本】
新海誠

【キャラクターデザイン】
田中将賀

【作画監督】
土屋堅一

【美術監督】
丹治匠

まとめ

アニメーション監督・新海誠の『天気の子』以来3年ぶりの監督作『すずめの戸締まり』。

2022年秋の全国公開が発表されたものの、主人公の少女・鈴芽(すずめ)やあらすじ内に登場する「旅の青年」以外にどのようなキャラクターが登場するのか、彼女らを演じるキャストは誰なのかは未だ明かされていません。

また新海監督は『君の名は。』では東日本大震災を、『天気の子』では豪雨水害と日本で起こった災害を描いてきたことからも、『すずめの戸締まり』もまた「災害」が作品のテーマの一つとして描かれるのではと、すでにその内容には注目が集まり続けています。

果たして最新作で、新海監督は何を描くのか。新たな情報の解禁が期待されるアニメーション映画『すずめの戸締まり』は2022年秋に全国公開予定です。






関連記事

新作映画ニュース

イラン映画『少女は夜明けに夢をみる』あらすじ。上映公開日が11月2日に決定した少女更生施設のドキュメンタリー

無垢な魂は、悲しみの羽をもつ。 残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。 イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちの物語に光をあて、第66回ベルリン …

新作映画ニュース

映画『ジェシカ』あらすじ。キャストのアオミ・ムヨックが女戦士を演じた近未来SFアクション【未体験ゾーンの映画たち2020】

謎に満ちたニューヒロインが降臨する近未来SFアクション。 ベルリン映画祭短編部門金熊賞受賞のキャロリーヌ・ポギ&ジョナタン・ヴィネル監督長編デビュー作『ジェシカ』。 (C) 2018 Ecce fil …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2018】音楽をテーマとした東南アジア特集を解説。プレゼント情報も

10月25日(木)~11月3日(土)に開催となる、第31回東京国際映画祭におきまして、アジア映画特集シリーズ『国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA』の第5弾が『ラララ …

新作映画ニュース

映画『ももいろそらを カラー版』あらすじ/公開日/上映館。小林啓一監督作の特集上映とあわせてスクリーンに蘇る!

第24回東京国際映画祭での鮮烈なデビューから10年。 小林啓一監督の原点が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる。 『ぼんとリンちゃん』 (2014)、『逆光の頃』(2017)、『殺さない彼と死なな …

新作映画ニュース

映画『スターダスト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。デヴィッド・ボウイの若き日を描く

誰もが知るデヴィッド・ボウイの、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト”誕生の物語。 音楽史にその名を刻む偉大なアイコン《デヴィッド・ボウイ》の若き日の姿と“ジギー・スターダスト”誕生を映し出す。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学