Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/07/20
Update

【天気の子】『君の名は』瀧・三葉・四葉・テッシー&サヤちん出演シーンまとめ

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国公開!

2019年7月19日より、全国一斉公開された、新海誠監督の『天気の子』。

希望と絶望が入り混じった少年と少女の選択は観客の心を震わせ、深い感動を呼んでいます。

そんな本作でのお楽しみが、新海監督の別作品のキャラクターたちの登場シーン

本作では、前作『君の名は。』(2016)の主人公・瀧、ヒロイン三葉をはじめ、三葉の幼馴染・テッシーとサヤちん、そして妹の四葉まで顔を出しているんです。

エンドロールで名前を見て驚いた方、もう一度確認のために鑑賞しようという方のために、彼らがどこに登場していたか、まとめてお教え致します。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら

スポンサーリンク

立花瀧の登場シーン


(C)2016「君の名は。」製作委員会

『君の名は。』の主人公、立花瀧(たちばなたき)。夢の中で女子高生と体が入れ替わったり、村を救おうとしたりと奔走した彼が、本作で登場。

あまりに堂々と登場するので驚かされます。

『天気の子』の主人公・帆高が、“晴れ女”陽菜の能力を使って、晴れを望む人たちに向けた『お天気お届けサービス』の仕事をはじめます。

その確実な仕事が評判を呼び、テレビにも映ってしまったことで依頼は殺到。“晴れ女”は休業することになります。

休業前の最後の依頼主が立花冨美という名の老婦人。表札の『立花』姓が映された瞬間に、瀧の登場を期待してしまいました。

予感的中で、冨美のもとに瀧が訪ねてきます

髪型や面差しはあの頃のまま。ですがぐっと大人びた表情になった瀧。

陽菜は来週18歳になるんだと口にした帆高に、誕生日プレゼントを用意しなきゃと優しくアドバイスをしていました。

宮水三葉の登場シーン

(C)2016「君の名は。」製作委員会

『君の名は。』のヒロイン、宮水三葉(みやみずみつは)。彼女と瀧を隔てていたのが、距離だけではなく時間だったというのが『君の名は。』の大きな仕掛けとなっていました。

瀧のお陰で生き延びた彼女は、2021年に時代設定がされている『天気の子』にも登場します。

前述の瀧のアドバイスにより、帆高は陽菜の誕生日プレゼントを買いに出かけます。

女性むけのお洒落な店が立ち並ぶショッピングモールのアクセサリー売り場にて、指輪を選ぶ帆高。

そのアクセサリーショップで対応した店員が宮水三葉でした。

大人っぽく下ろした髪には、トレードマークである赤い組紐が結ばれており、ネームプレートには「Miyamizu」と書かれていました。

宮水姓を名乗っているため、独身の可能性が高いですね。

また、アクセサリーショップは常設の店ではなく、移動式の催事出店のような形でした。

値段も比較的安価なものを取り扱っているため、もしかしたら自分で手作りしたアクセサリーを販売しているのかもしれませんね。

なお、『君の名は。』のラストシーンは2021年の春。『天気の子』は2021年の夏。

ということは、瀧と三葉は再会を果たしていることになります。

スポンサーリンク

勅使河原克彦と名取早耶香の登場シーン

(C)2016「君の名は。」製作委員会

三葉の友人、勅使河原克彦(テッシー)と名取早耶香(サヤちん)

サヤちんの長年の片想いが実り、『君の名は。』のラスト直前、2021年の冬に二人は婚約をしていました。

そんな彼らが『天気の子』で恋人同士として登場する箇所があります。

『お天気お届けサービス』の最初の仕事は、フリーマーケット会場。

お台場と思われるその会場は雨。帆高・陽菜・弟の凪の3人は力を合わせて晴れ間をもたらします。

そのお台場の観覧車の中に、テッシーとサヤちんの姿がありました。

宮水四葉の登場シーン


(C)2019「天気の子」製作委員会

三葉の妹、四葉。小学生ながらしっかりものの彼女は、『君の名は。』では祖母や姉と一緒に神社の家業を手伝っており、終盤では高校生として成長した姿で、ワンカットだけ登場しました。

女子高生の四葉が本作『天気の子』でも出てくるんですが、一瞬のうえ、成長した彼女の姿を憶えていないと見付けるのが難しくなっています。

そのシーンとは、陽菜が消えたことで空が晴れて行き、久しぶりの晴天に喜ぶ人びとが映し出される箇所。

その中の、青空を見上げて歓声を上げる女子高生3人組の手前、空を指差すツインテールの女の子が四葉です。

スポンサーリンク

映画『天気の子』の作品情報

(C)2019「天気の子」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
新海誠

【音楽監督・主題歌】
RADWIMPS

【キャラクターデザイン】
田中将賀

【作画監督】
田村篤

【美術監督】
滝口比呂志

【キャスト】
醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子、小栗旬

【作品概要】
『君の名は。』(2016)が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

『君の名は。』に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザインを手掛け、『猫の恩返し』(2002)などスタジオジブリ作品に多く携わってきた田村篤が作画監督、『言の葉の庭』(2013)の滝口比呂志が美術監督を担当しました。

『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)に出演した醍醐虎汰朗と、『地獄少女』(2019)『Last Letter』(2020)など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じます。

他にも、小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが出演し、『愛にできることはまだあるかい』など複数の主題歌を含む全ての音楽を人気ロックバンドRADWIMPSが担当しています。

まとめ


(C)2019「天気の子」製作委員会

ストーリーと情景描写の繊細さだけではなく、前作キャラクターのカメオ出演という遊びがあることで、新海監督の作品へ込めた愛情がより伝わってきます。

監督を見守り続けるファンにとっても、嬉しい驚きと発見に満ちていました。

本作では、新宿一帯を上空から捉えた場面がいくつか登場し、そこに新宿御苑も映り込んでいます。

新宿御苑といえばもちろん『言の葉の庭』。あそこだけは“ふたり”のためにずっと雨が降っていて欲しい、そう願ってしまいました。

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国劇場にてロードショーです。

何度鑑賞しても新たな気付きがある本作、お見逃しなく。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら






関連記事

まとめ記事

【映画ライター育成講座:6月開講】感想・解説記事の書き方を実践によって「みる・まなぶ・かく」

映画ライター育成講座「KAWAI塾」 Cinemarcheでは「映画ライターの育成講座:KAWAI塾」を開設! 現在、2020年6月からの開講に向けて第1期受講生を募集中です。 本講座の受講は、Cin …

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選!『最高の花婿』『ポンペイ』『ミニミニ大作戦』【関東版】

今週おすすめ映画をテレビ地上波から紹介します。 「ちょっと気楽に“ながら映画”を楽しみたい」 「休日の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… テレビザッピングで物足りないないと感じたあなたに、テ …

まとめ記事

ハロウィン映画おすすめ5選!ガチ怖いホラーを動画配信U-NEXTから厳選紹介【糸魚川悟セレクション】

ハロウィンの夜は映画を観て過ごそう! 動画配信で視聴できるハロウィンにオススメ映画5選! 2019年もやってきました、ハロウィンの季節。 近年では日本でも街は仮装で賑わい、イベントの1つとして盛り上が …

まとめ記事

【ゴールデンウィーク映画2021】新作公開ファミリー・キッズ向けおすすめランキング!コナンやデニーロ主演作まで

おうちでも、劇場でも、映画で豊かな時間を。 凍てつく冬が終わり、暖かい春の訪れに、心も軽くなりますね。 そして一年に一度の大型連休「ゴールデンウィーク」がやってきます。 でも……遠出はむずかしい、人混 …

まとめ記事

池松壮亮出演映画『夜空〜』原作者は最果タヒ!おすすめの作品も

石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では、ダブル主演を務める石橋静河と池松壮亮の神妙な台詞や、静寂とした印象に話題が集まっています。 ちょっと独特に感じた雰囲気は原作が小説ではなく、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学