Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/07/20
Update

【天気の子】気象神社(高円寺氷川神社)龍の天井画は実在する?参拝時間についても

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国公開!

2019年7月19日より、全国一斉公開された、新海誠監督の『天気の子』。


(C)2019「天気の子」製作委員会

実在の場所をアニメーション世界の舞台として描き出すことで、より身近な物語として観客に訴えかけてきます。

本作『天気の子』では、東京都区内を中心に話が展開され、都内に住んでいる方には見覚えのある場所がたくさん登場しています。

そんなロケ地の中でも、本作では中盤に登場し“晴れ女”の本当の役割を知ることになるキーポイント“気象神社”について、場所や参拝可能時間、そして龍の天井画の詳細をお伝えして行きます。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら

スポンサーリンク

日本で唯一の気象神社

上記予告内の1分5秒あたりで見られる、下駄の絵馬の映像。

こちらは、高円寺氷川神社境内に鎮座している気象神社の絵馬と一致しています。

気象神社は気象の神様である八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀っている神社です。

八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)とは?

八意思兼命は高天原の最高司令官である高皇産霊命(たかみむすびのみこと)の子です。

天岩戸神話では、天照大御神が天の岩戸に隠れて世の中が暗闇になった時知恵を振り絞り、岩戸を開ける方法を考えて解決に導いた神さまです。

名前の「やごころ」は様々な立場から考える、「かね」は兼任をあらわす意味であり、1人で2つ以上のことができるという意味。

八意思兼命は多くの人間の知恵を一同に結集させることができるということです。

『晴』『曇』『雨』『雪』『雷』『風』『霜』『霧』など八つの気象現象を制御すると言われています。

気象神社の場所と参拝可能時間は?

気象神社は、JR高円寺駅から徒歩2分の高円寺氷川神社境内に鎮座しています。

【鎮座地】
東京都杉並区高円寺南4-44-19高円寺氷川神社境内
高円寺氷川神社の鳥居を通過してすぐ左に気象神社につながる参道があります。

【最寄り駅】
JR中央線・総武線 高円寺駅
南口より徒歩2分
※土日祝日は、JR中央線(快速)は高円寺駅には停車しませんので、JR総武線がお勧めです。

【参拝時間】
4月~9月…早朝開門・17:30閉門
10月~3月…早朝開門・17:00閉門

御朱印やおみくじがカワイイ

気象神社の御朱印は、お天気の図柄の可愛らしいはんこ

参拝時のお天気によって種類が変わり、「晴」「雨」「曇」のいずれかになるそうです。雪の日は「雨」のはんこになります。

これは全種類制覇したくなりますね!

また、おみくじはカラフルなてるてる坊主の“照々みくじ”なんです。

赤、橙、青、白、黄、緑、紫、桃の全8色で、色によってその込められた意味が違います。

お守りとして持ち帰っても良いそうですよ。

スポンサーリンク

龍の天井画について

参考:仏像紹介BOTのツイッター

本作では須賀と夏美が取材に訪れた気象神社。その天井には、大きな龍の画が描かれています。

観る者を圧倒するその筆致は、まるで本物の雲から抜け出たような迫力があります。

ぜひ実物を見てみたい、そう感じた方も多いんではないでしょうか。

ですが、調べたところ、これは新海監督の創作

気象神社自体は映画と違って小さく、中に入れる社殿は無いんです。

創作と現実を織り交ぜる事で、より作品世界への没入感を深めていますね。

実在しないのは残念でしたが、本作の気象神社内の絵画と龍の天井画は、なんと山本二三が担当しているんです!

アニメーション美術の創造者・山本二三

参考:山本二三のツイッター

本作の天井画を見て、その生きているかのようなうねりに、山本二三が描いたものだとピンと来た方も多いはず。

この章では、日本のアニメーション美術の創造者、山本二三(やまもとにぞう)についてご紹介します。

山本二三は1953年6月27日生まれ、長崎県出身のアニメーション美術監督、アニメーション監督です。背景美術会社、絵映舎(かいえいしゃ)の代表。

宮崎駿が演出した『未来少年コナン』(1978年)で初の美術監督をつとめ、その後も『天空の城ラピュタ』(1986年)、『火垂るの墓』(1988年)、『もののけ姫』(1997年)などで、高畑勲や宮崎駿の作品の多くに美術監督や背景として参加しています。

ボリューム感のある雲の描き方に独特のスタイルがあり、「二三雲」と呼ばれています

2018年7月1日、長崎県福江島に五島の雲 山本二三美術館が開館しました

日本を代表する背景画家・美術監督のひとりとして精力的に活躍を続けています。

スポンサーリンク

映画『天気の子』の作品情報

(C)2019「天気の子」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
新海誠

【音楽監督・主題歌】
RADWIMPS

【キャラクターデザイン】
田中将賀

【作画監督】
田村篤

【美術監督】
滝口比呂志

【キャスト】
醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子、小栗旬

【作品概要】
『君の名は。』(2016)が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

『君の名は。』に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザインを手掛け、『猫の恩返し』(2002)などスタジオジブリ作品に多く携わってきた田村篤が作画監督、『言の葉の庭』(2013)の滝口比呂志が美術監督を担当しました。

『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)に出演した醍醐虎汰朗と、『地獄少女』(2019)『Last Letter』(2020)など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じます。

他にも、小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが出演し、『愛にできることはまだあるかい』など複数の主題歌を含む全ての音楽を人気ロックバンドRADWIMPSが担当しています。

まとめ


(C)2019「天気の子」製作委員会

新海誠監督の映画『天気の子』に登場する気象神社についてお伝えしました。

この全国で唯一の気象神社は、気象予報士試験の合格祈願だけでなく、大切な予定の日が晴天となることを祈願する方が数多くお参りしています。

まるで本作で“晴れ女”にお願いする人びとのようです。

『天気の子』の上映により、さらなる混雑が予想されますね。

映画作品への理解を深めるための聖地巡礼ですが、公式サイトにこう言った注意書きが。

映画『天気の子』関連場所訪問(聖地巡礼)についてのお願い
拝啓 平素より格別のご愛顧をいただき、厚く御礼申し上げます。
映画『天気の子』の本編中に登場する、または関連のある場所への訪問を予定されている皆様におかれましては、近隣住人の方々への配慮、及び節度のある行動、マナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます。
敬具
「天気の子」製作委員会

マナーを守り、景観を大切にした聖地巡礼を楽しみたいものですね。

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国劇場にてロードショーです。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら




関連記事

まとめ記事

どんでん返しホラー映画おすすめ厳選5選!異常心理やスプラッターの怖い話【糸魚川悟セレクション】

「ハラハラドキドキしたい」。 そんな映画をお探しのあなたへ、オチまでしっかり楽しめる「ホラー」映画をご紹介します。 (C)2011 SNOOT ENTERTAINMENT, LLC Cinemarch …

まとめ記事

染谷将太映画おすすめ5選!『ヒミズ』以外でも演技力の評価は主役脇役とわずピカイチ!

染谷将太オススメ映画5選!演技力の評価は誰もが納得の若手演技派の筆頭。 染谷将太は7歳から子役として活動を始め、9歳のときに映画『STACY』で映画初出演を果たします。 2011年に園子温監督作品『ヒ …

まとめ記事

恋愛映画おすすめ5選!日本の女性監督が描いた“愛の世界”への執着【大塚まきセレクション】

「愛の世界への執着」をテーマに独自の世界観を築き上げた女性監督たち (C)2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS 今回ご紹介するのは、日本を代表する女性監督たちが描く愛の世 …

まとめ記事

2018年1月公開の邦画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

1月公開のおすすめ邦画は、「新参者」シリーズの加賀恭一郎の知られざる過去が明かされる『祈りの幕が下りる時』から、30年ぶりのシリーズ再開?という、ロックでコミカルな映画の『星くず兄弟の新たな伝説』まで …

まとめ記事

ケヴィン・スペイシー映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ケヴィン・スペイシーは、『セブン』や『アメリカン・ビューティー』などで知られるアメリカ出身の俳優です。 ハリウッドのカメレオン俳優 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学