Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2018/01/01
Update

​​アップリンクがクラウドファンディング支援。映画企画を募集します

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

アップリンクがあなたのプラン実現をサポート!

クラウドファンディング「PLAN GO」で新規プランの募集を開始します。

スポンサーリンク

1.アップリンクが「PLAN GO」を立ち上げ!

映画の企画製作や配給、また映画館やカフェを運営している東京渋谷にあるアップリンクが新たなクラウドファンディングを立ち上げました。

名称は「PLAN GO」といい、3つのジャンルでプランを募集します。

・クリエイティブ
・ソーシャル
・プロダクツ

アップリンクは映画の配給会社として30年の歴史をもち、劇場、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットの経営も行ってきました。

また、国内外のクラウドファンディングを利用した映画製作を行い、ノウハウを蓄積してきました。

これらの経験をもとに、プラン成功へのアドバイスを実施します。

また、クラウドファンディング成功の要となる情報拡散には、アップリンクのSNSアカウントをフル活用!

webDICEに起案者やプランを紹介する記事を掲載して、資金集めを全面的にバックアップいたします。

あなたからのユニークなプランが実現するかもしれませんよ!

2.「PLAN GO」の募集概要​​について


・支援募集開始:2018年2月下旬(「PLAN GO」サイトオープン)

・第一弾プラン募集期間:2018年1月31日まで(左記以降も募集は随時受け付けます)

・起案方式:購入型、All or nothing方式※1

・手数料:10%(プラットフォーム手数料+決済代行手数料)※2

・支援募集期間:最大60日間(ストレッチ期間あり)※3

※1 起案者は、設定した募集期間内に資金の目標金額を達成した場合にのみ、支援者から集まった資金を受け取ることができます。

※2 成立したプロジェクトに掛かる手数料は、プラットフォーム手数料と決済代行手数料を合わせて10%のみです。起案者には、集まった支援金総額から手数料を除いた金額が支払われます。

※3 初回に設定した60日以内の目標期間でプランが成立した場合、目標額を増額し最大60日まで期間を延長して支援募集を継続することができます。

スポンサーリンク

3.「PLAN GO」の募集プロジェクト​​は?


アップリンクのクラウドファンディング「PLAN GO」は、3つのジャンルの募集をします!

(例)”映画”のプラン
・クリエイティブ ・・・ 映画製作や配給支援などのプラン
・ソーシャル ・・・ 映画館づくり、上映会など場づくりを支援するプラン
・プロダクツ ・・・ 映画のキャラクターTシャツやグッズを作るプラン

4.「PLAN GO」のサポートには何があるの?​​


あなたのプラン開始前

・webDICEへの記事掲載(プラン概要、起案者の紹介)
・プラン内容の充実に向けたアドバイス
・宣伝方法のアドバイス(SNSの活用、他メディアの活用等)
・サイト掲載内容のアドバイス(文章校正、画像選択、目標額の適正性、リターン内容と金額設定等)

あなたのプラン実施中

・webDICE追加記事掲載(ex.中間期、終了前)
・プランページへのアクセス解析情報の提供(Googleアナリティクス・週1回)
・アップリンクのSNSを利用した情報拡散協力
・支援者向けイベント開催に関するアドバイス

あなたのプラン成立後

・発表場所、イベント場所としてアップリンク利用時の協力
・プランの実施経過や完成報告等のwebDICEへの記事掲載

スポンサーリンク

5.「PLAN GO」のプラン応募方法は?​​


アップリンクでは、第一弾募集はメールにて受け付けます。​​

また、2018年2月のサイトオープン後は、申請フォームにて受け付けするそうです。

プランの応募をご希望のあなたは、「募集要項」と「よくあるご質問」を送付されますので、下記メールからアップリンクにご連絡をしてみてはいかがでしょう。

【E-mail】
plango@uplink.co.jp

【件名】
「PLAN GO資料希望」

6.「PLAN GO」応募者へのメッセージ


有限会社アップリンクの代表を務める浅井隆さんは、「PLAN GO」について次のように述べています。

「アップリンクが新しくクラウドファンディングのプラットフォームを立ち上げます。

その名前は『PLAN GO』です。企画(プラン)を進める(ゴー)という意味を込めました。

PLAN GOは、多くのプランを集めることだけを目的とするプラットフォームではなく、セレクト型のクラウドファンディングです。応募のあったプランをPLAN GOスタッフがwebDICE(アップリンクのオンライン・カルチャー・マガジン)編集部と一緒にセレクトし、PLAN GOのページとは別にwebDICEで起案者とプランについての記事を掲載します。

PLAN GOを立ち上げるまで、アップリンクが起案者となり、実際に国内外のクラウドファンディングを利用して、映画やブルーレイの製作費を募ってきました。その時の経験から、プランを広くプロモーションする事がいかに重要で、クラウドファンディングを成功に導くカギであることを実感しました。

そこで、PLAN GOでは、セレクトしたプランをwebDICEへの記事掲載に限らず、アップリンクが持つ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ラインなどのSNSをフルに活用しPLAN GOでセレクトしたプランを拡散していきます。

また、アップリンクは映画館、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットとリアルな場を持っています。例えば制作途中の映画を試写会でアピールしたり、カフェ、ギャラリー、マーケットをクラウドファンディングのプレゼンテーションや支援者のつどいの場として利用することもできます。さらにプランが達成した後も、それらの場と連携して発表や販売の場として利用することもできます。

募集するプランは大きく分けて「クリエイティブ」「ソーシャル」「プロダクツ」の3つのジャンルです。例えば映画であれば、映画製作や配給支援などの「クリエイティブ」なプラン。映画館作り、上映会など場づくりを支援する「ソーシャル」なプラン。そして、映画のキャラクターT シャツやグッズを作る「プロダクツ」といったプランを想定しています。もちろん、こちらの想定するジャンルに捉われないプランも歓迎します。

起案者は、あなたのユニークなプランをクラウドの力を使い共感し応援する支援者をみつけてください。また、支援を希望する方は、このPLAN GOから共感できるプランをみつけて応援して欲しく思います」

もし、浅井隆さんの「PLAN GO」のメッセージに気持ちを動かされたあなた!

すでに何かプランをお持ちですか?

また、この機会に何か映画のプランを立てたいと奮起した方のいずれも、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

7.「PLAN GO」のお問合せ先​​


【名称と担当者】
有限会社アップリンク PLAN GO(プラン・ゴー)担当:中川さま

【Email】
plango@uplink.co.jp

【TEL】
03-6821-6821

【アップリンク公式HP】
http://www.uplink.co.jp/news/2017/49983

まとめ

アップリンクが新たに始めたクラウドファンディング「PLAN GO」では、第一弾プラン限定キャンペーンもあるそうです。

第一弾として、オンライン・カルチャー・マガジン「webDICE」のバナー枠をプレゼントされるそうです。(各プラン専用のバナーを2週間で2万インプレッション表示)

ぜひ、あなたのプラン実現に向けて、第一歩の足がかりにしてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

まとめ記事

深津絵里おすすめ映画5選!悪人やハル以外も演技力の光る名作揃い!

芸能界デビューから30年、映画、ドラマ、舞台に、第一線で変わらぬ魅力を放ち続ける女優、深津絵里。 その表情は時にあどけなく、時に妖艶、時に力強さを湛えます。一体どの顔が本当の彼女なのか?観る側の視線は …

まとめ記事

レオナルド・ディカプリオ映画おすすめ5選!若い時も今もイケメン!

(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 日本ではレオ様という愛称で親しまれているレオナルド・ディカプリオ。 主演を務めた『タイタニック』が世界 …

まとめ記事

中谷美紀映画おすすめ5選!年齢によって異なる魅力が光る演技力

(C)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会 多くの映画に出演し素晴らしい演技を見せてきた演技派女優、中谷美紀。 凛とした雰囲気と年を重ねても変わらない美しさで、幅広い役柄を演じている日本 …

まとめ記事

マット・デイモン映画おすすめ5選!宇宙飛行士も数学者もこなす演技派!

(C)Universal Pictures ハリウッドの大人気俳優、マット・デイモン。彼が出演した映画は次々と大ヒット、過去の作品は名作揃いです! マット・デイモンは、1988年『ミスティック・ピザ』 …

まとめ記事

今週オススメ映画!邦画洋画を劇場公開で見るならコレ。動画配信作品も

2018年5月18日(金)より劇場公開のオススメ新作映画の一推しの映画をライターさん厳選! 映画をナニ見たらいいか、悩むことって多いですよね。 そこで映画を年間200本以上は観ている映画ライターさんが …

【Cinemarche独占】映画『あまねき旋律(しらべ)』アヌシュカ・ミーナークシ監督&イーシュワル・シュリクマール監督インタビュー|映画制作の原点と演劇ルーツを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP