Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/10/21
Update

【シネマルシェの映画ライター紹介】作品情報と感想、考察を書く人。

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

目的はあなたに映画を届けること

この目的を大切にサイトの運営を心がけております。

今回はシネマルシェで映画ライターと活動しているチームのメンバーをご紹介します。

スポンサーリンク

Cinemarcheは白い壁にある棚のようなもの

スクリーンに映し出された“光と影”は、現れては消えていく虚実の人生

その主人公のフィクションの心境を知ろうと、共感することに心をゆだねます

人生の何かを教えられたり人知れず救われたりと映画は味わう娯楽の嗜好品

しかし、スクリーンの主人公の人生が終わっても、観ていた私たちの人生は終わりません。

今度は目撃した誰かの人生(映画)について、誰かとオシャベリを楽しみたくなるものです。

ですが、オシャベリの会話にある話し言葉もまた、ポロポロと溢れ落ちては消えていく存在

「書き記して留めておきたい」と、誰もが遠からずそのように感じているのだと思います。

だから、Cinemarcheは棚でありたいのです。

白い壁の棚に“主人公の心境に寄り添った思い”をポツリと置いておきます。

Cinemarcheのライターさんの人生もまた様々

シネマルシェでは映画情報や視聴の感想、また作品の深掘りの考察まで、エッジを効かせたライターさんが記事を書かれています。

・映画を観ることが好きで映画館で働きながら執筆をする人
・映画専門ライターとして活躍する人
・少し何かを書いてみたいと気持ちが芽生えた人

などバラエティーに富んでいます。

それは映画館と同じく、いろんな人が集まってくる場所だと考えました。

あえてプロライターだけの見方に偏らず、多種多様な人生を生きるメンバーにライティングのお願いをしています。

それでも自慢じゃないですが…。

ちょっとした映画情報サイトよりもシネフィルや映画通な腕利きのライターさんをご用意してます

スポンサーリンク

Cinemarcheで執筆中のライター紹介!

映画情報担当

・馬渕一平:映画館勤務の経験を生かして、的確でわかりやすい記事に定評あり。

・バフィー:邦画洋画問わず!映画の見どころの情報告知はお手のもの。

・村松健太郎:シネフィルな深掘り考察は、映画評論としての執筆の域です!

・まこちゃ:溢れる映画へハートを言葉に変えて、新作映画に光を当てる敏腕。

・福山京子:鑑賞後の作品感想のみならず、社会的観点も取り入れた考察達人!

・若松れん:海外ドラマから映画までのあらすじや感想を、丁寧な語りが持ち味で魅力。

・シネマルコビッチ:雑食系に映画を観まくり書きまくり映画光モノ三昧。

・whitestone:常に新作映画にアンテナを張った感想や考察!作品分析のディープダイバー!

・yasu:原作を映画化した作品の分析と考察!シネマルシェの文芸派。

・富士野:日々公開映画の情報を発信!監督や俳優の要点と見どころを解説

連載コラム担当

・『映画道シカミミ見聞録』映画随筆家:森田祐介

・『SF恐怖映画という名の観覧車』SFホラー映画コラムニスト:糸魚川悟

・『邦画特撮大全』邦画特撮研究家:森谷秀

・『コリアンムービーおすすめ指南』シネマエッセイスト:西川ちょり

・『映画と美流百科』ミニシアター系エッセイスト:篠原愛

・『最強アメコミ番付評』:野洲川亮

・『偏愛洋画劇場』:Moeka Outaki

・『つくる・見る〜NCWストーリー』待機中

Cinemarche編集部

・大 窪 晶(編集/インタビュー担当)
・かりごめあき(編集/・プレスリリース担当)
・高 橋 真 樹(運営事務局 代表)
・出 町 光 識 (編集長)

まとめ

Cinemarcheの思いと、記事を書かれるライターをご紹介してまいりました。

今後とも個性溢れるライターさんの映画愛に触れてくださいね。

関連記事

まとめ記事

スピルバーグ映画おすすめ5選!天才監督の代表作ベストランキング!【黒井猫シネマセレクション】

天才と呼ばれる映画監督スティーブン・スピルバーグのベストランキング5選。 いくつものヒット作を生み出し、どの世代にも愛されてきた映画監督スティーブン・スピルバーグ。 そんなスピルバーグ監督品の作品中か …

まとめ記事

安藤サクラ映画おすすめ5選!百円の恋以外も名作多数!

(C)2014 東映ビデオ これまで数々の映画賞に輝き、演技派女優として確固たるキャリアを築き上げてきた、安藤サクラ。 父は映画監督で俳優の奥田瑛二、母はコメンテーターでエッセイストの安藤和津、姉は映 …

まとめ記事

2018年2月公開の洋画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

2018年2月に公開されるお薦めの洋画をご紹介します。 日本公開が延期されていたエル・ファニング主演のLGBTをテーマに扱った映画『アバウト・レイ 16歳の決断』から、ソフィア・コッポラ監督がカンヌで …

まとめ記事

U-NEXT無料見放題おすすめ映画を毎月5本紹介【随時更新】

U-NEXTで配信中の邦画と洋画から、あれこれと面白い映画を毎月5本紹介致します。 2017年12月は、どんな映画がありますか、さあさあ!オススメの映画をチェックしてみてくださいね。 ©︎すしぱくモデ …

まとめ記事

アン・ハサウェイ映画おすすめ5選!何歳になってもかわいい【代表作ベストランキング】

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED 01年『プリ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学