Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/11
Update

映画『ガルヴェストン』あらすじとキャスト。上映公開される劇場情報も【エル・ファニング&ベン・フォスター共演】

  • Writer :
  • 中村綾子

アメリカでエドガー賞を主宰している探偵作家クラブの処女長編賞候補にも挙がった犯罪小説『GALVESTONE(原題)』の映画化。

日本公開に向けて邦題を『ガルヴェストン』にあらためて、2019年に新宿シネマカリテほかでの公開が決定しました!


COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

身体を売って生きるしかなかった少女と、余命宣告を受けた殺し屋という、明日をも知れぬ2人の危険な逃避行を描いた映画『ガルヴェストン』。

解禁されたキャストのエル・ファニング&ベン・フォスターのティザービジュアルの紹介と、上映する劇場情報をお伝えします。

スポンサーリンク

映画『ガルヴェストン』のティザービジュアル解禁


COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

今回解禁されたビジュアルは、今までにない大人びた表情で遠くを見つめるエル・ファニング。

その横には、ベン演じるロイの覚悟が感じられる一言が添えてあります。

COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

もう1つは、ベン・フォスターが男臭くもどこか優し気な表情を見せています。エル演じるロッキーの決意の言葉が刻まれています。

2人の憂いを帯びた表情とそれに対するコピーが、物語への想像意欲をかきたてます。

映画『ガルヴェストン』とは


『逃亡のガルヴェストン』 (ハヤカワ・ミステリ) ニック・ピゾラット著、東野さやか翻訳

原作者はドラマシリーズ「TRUE DETECTIVE」や映画『マグニフィセント・セブン』などの脚本家としても知られるニック・ピゾラット。

2010年にニック・ピゾラットが発表した犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』(早川書房刊)の映画化。

アメリカ探偵作家クラブの主催するエドガー賞処女長編賞で、2011年の候補作にもなったというその小説は、『レオン』や『ドライヴ』など男と女の命を懸けた純愛を描いた数々の傑作を彷彿とさせます。

本作の監督を務めたのは、フランスを代表する国際派女優のメラニー・ロラン。

参考映像:『Respire』(2014)

近年は監督としても活躍している彼女は、『Respire』という作品でカンヌ国際映画祭の評論家週間に正式出品されるなど、高評価を得ています。

繊細なストーリーテリングと映像美だけではなく、時に目を背けたくなるほどに荒々しいヴァイオレンスまでも見事に描きっています。

2019年に日本公開される映画『ガルヴェストン』も、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭、トロント国際映画祭(惜しくもキャスト不参加により上映中止)などに選出されるなど、話題は尽きません。

またこの映画化にあたり、原作者のニック・ピゾラットが自ら小説の脚色の作業を勤めていましたが、当たったが、メラニー・ロラン監督が脚本に手を入れた結果、原作者の思いとは違う作品になったそうです。

ニック・ピゾラットは脚本家としてクレジットされるのを拒否した為、クレジットの脚本はジム・ハメットという実在しない人物になっています。

女優としてだけの評価でなく、メラニー・ロランは監督としも評価されています。その彼女がどのようなことを原作者の意図に反してまで映画化したかも注目です!

そのほか、少女ロッキーを演じるのは、『メアリーの総て』の女優エル・ファニング。

姉ダコタ・ファニングとともに日本でも圧倒的な知名度と人気を誇っています。

参考映像:『メアリーの総て』(2017)

エル・ファニングは、子役時代からデヴィッド・フィンチャー、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ソフィア・コッポラ、ニコラス・ウィンディング・レフンら多くの名監督に愛され引っ張りだこの女優です。

しかし、これまでのエル・ファニングのイメージとは違う、悲惨な境遇から抜け出すために身体を売って生きるしかなかった若い娼婦を熱演し、新境地を開拓しました。

共演は、『インフェルノ』『最後の追跡』などで知られる実力派曲者俳優ベン・フォスター。

裏の社会で生きてきた、余命いくばくもない殺し屋のロイを演じています。

スポンサーリンク

映画『ガルヴェストン』作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
GALVESTON

【原作・脚本】
ニック・ピゾラット

【監督】
メラニー・ロラン

【キャスト】
エル・ファニング、ベン・フォスター、リリ・ラインハート、アデペロ・オデュイエ、ボー・ブリッジス

【作品概要】
2011年、エドガー賞の処女長編賞候補にも挙がった、ニック・ピゾラットの犯罪小説「逃亡のガルヴェストン」が原作の作品。

フランスの国際的女優、メラニー・ロランが監督を務めます。

悲惨な境遇の娼婦ロッキー役には、『メラニーの総て』のエル・ファニング。これまでとは印象の異なった役を熱演し、新境地を開拓しています。

相手役で共演するのは、ベン・フォスター。『インフェルノ』や『最後の追跡』などで癖のある役を演じることの多い彼が、余命宣告を受けた殺し屋、ロイを演じます。

映画『ガルヴェストン』のあらすじ

故郷を捨て、殺し屋として裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)。

彼はある日突然「末期ガン」と診断され余命幾ばくもないことを告げられます。

もともと こんなチンケな人生に執着はないと思っていたロイですが、それでも死への恐怖に追い込まれていきます。

ある夜、ロイはいつものようにボスに命じられるまま“仕事”に向かっていました。

その“仕事先”で、ロイは突然何者かに襲われてしまいます。

組織に切り捨てられたことを悟った彼は、とっさに相手を撃ち殺し、その場にとらわれていた少女(エル・ ファニング)を連れて逃亡します。

ロッキーという名前のその少女は、家出をし行くあてもなく身体を売って生活していたといいます。

全てを失い孤独な平穏を願いながらも少女を見捨てることのできないロイと、他に頼る者もなく孤独な未来を恐れるロッキー。

傷だらけの2人の、果てなき逃避行が幕を開けます…。

スポンサーリンク

まとめ

アメリカの優れた処女長編作品に贈られるという、エドガー賞処女長編賞の候補に選ばれた小説が原作の映画『ガルヴェストン』。

娼婦という役で、これまでに見た事のないエル・ファニングの大人びた表情に注目する一方、エル演じるロッキーと、ベン・フォスター演じるロイとの逃避行の行方にも目が離せません。

孤独を愛する男と、心に深い傷を負った少女の切ない愛の結末を劇場でご覧ください。

映画『ガルヴェストン』は2019年新宿シネマカリテほかで、全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

映画『ガルヴェストン』を上映する劇場情報

*12月11日現在、『ガルヴェストン』の劇場公開日は発表をされていません。
今しばらくお待ちください。

【関東地区】
東京 新宿シネマカリテ 2019年
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 2019年
神奈川 川崎チネチッタ 2019年

【東海地区】
愛知 ミッドランドスクエア シネマ 2019年

【近畿地区】
大阪 シネ・リーブル梅田 2019年

上記に記載した情報は、2018年12月11日時点でのものです。作品の特性からセカンド上映や順次全国公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧の上、お出かけください。

関連記事

新作映画ニュース

【石垣島ゆがふ国際映画祭】コンペティション応募を2020年2月より開始。ドキュメンタリーに特化した作品を広く募集

世界の映画祭と連携し、沖縄・石垣島から新たな才能を発掘! ドキュメンタリー映画に特化したコンペティションの応募を2020年2月より開始 2020年11月、沖縄・石垣島から世界に向けて映画を発信し、地域 …

新作映画ニュース

映画『レニ』アップリンク渋谷にて公開。初日トークショーのゲストに石坂健治(日本映画大学学部長)の登壇を予定

ドキュメンタリー映画『レニ』は、1月19日(土)よりアップリンク渋谷にて公開決定。 ©OMEGA FILM GmbH/NOMAD FILMS 1993 初日1月19日(土)午前10:15の回の上映終了 …

新作映画ニュース

『鈴木家の嘘』キャストがレッドカーペットにハイヤーで登場!東京国際映画祭2018開催

©松竹ブロードキャスティング 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほ …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

新作映画ニュース

映画『エマの瞳』あらすじとキャスト。新宿武蔵野館、横浜シネマジャック&ベティにて上映決定

豪華スタッフ・キャストが、“みること”“みえること”の意味を問う野心作。 イタリア映画祭2018年にて大好評を博した、『Emma 彼女の見た風景』が、邦題『エマの瞳』として、2019年3月より、新宿武 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学