Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【平田満×井上加奈子プロデュース】アル☆カンパニー舞台公演『荒れ野』作・演出は映画『ひとよ』の桑原裕子!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

演劇公演「アル☆カンパニー」舞台『荒れ野』

舞台『荒れ野』は、穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペースにて2019年12月13日(金)~12月15日(日)、下北沢 ザ・スズナリにて2019年12月18日(水)~12月23日(月)での公演!


(C) 2009 Aru Company. All Rights Reserved.

俳優である平田満井上加奈子が制作する企画プロデュース共同体「アル☆カンパニー」の舞台『荒れ野』は、作・演出に、白石和彌監督映画『ひとよ』の原作者でもある桑原裕子(KAKUTA・穂の国とよはし芸術劇場芸術文化アドバイザー)を迎え、一夜の揺れ動く人間模様を描きます。

今回は、この冬Cinemarcheイチオシの演劇公演をお届けします。

スポンサーリンク

「アル☆カンパニー」とは


(C) 2009 Aru Company. All Rights Reserved.

平田満と井上加奈子が制作する企画プロデュース共同体。劇団というかたちをとらず、毎回劇作家、演出家、俳優が、創造的にコミュニケーションを重ね、人間主体の演劇を目指し、観客とともに作品を作り上げるよう、一般公演のほか、リーディングやトライアウト(試演会)なども視野に入れた演劇活動を展開しています。

アル⭐︎カンパニー公式HPはこちら

舞台『荒れ野』の作品情報


(C) 2009 Aru Company. All Rights Reserved.

【作・演出】
桑原裕子

【キャスト】
平田満(アル☆カンパニー)、井上加奈子(アル☆カンパニー)、増子倭文江(青年座)、中尾諭介、多田香織(KAKUTA)、小林勝也(文学座)

【豊橋公演】
穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
2019年12月13日(金) 19:00
12月14日(土) 13:00/18:00
12月15日(日) 13:00

【東京公演】
下北沢 ザ・スズナリ
2019年12月18日(水) 19:00
12月19日(木) 14:00/19:00(アフタートークあり)
12月20日(金) 19:00
12月21日(土) 14:00/19:00(アフタートークあり)
12月22日(日) 14:00
12月23日(月) 14:00

【料金】
一般:4,000円 U24(24歳以下)指定:2,000円 高校生以下指定:1,000円(全席指定・税込)
※U24(24歳以下対象)・高校生以下は、一般発売日から取扱い。一人1枚・枚数限定・入場時本人確認書類提示。
※未就学児のご入場はご遠慮いただきます。

【チケット取扱い】
●豊橋・東京公演の取扱い 〇東京公演のみ取扱い
●プラットチケットセンター 窓口・電話 0532-39-3090(休館日を除く10:00~19:00)
オンラインhttp://toyohashi-at.jp( 24 時間受付・要事前登録 )
●チケットぴあ 0570-02-9999(P コード:豊橋495-979/東京495-982)http://pia.jp
〇ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:35420) https://l-tike.com/
0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
〇Confetti(カンフェティ) 0120-240-540(平日10:00~18:00) http://confetti-web.com/areno2019/

【作品概要】
2017年12月に初演した穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース『荒れ野』は、作・演出:桑原裕子(KAKUTA・穂の国とよはし芸術劇場芸術文化アドバイザー)、そして平田満、井上加奈子ら6名が出演し、豊橋・北九州・東京の全国3か所で上演されました。本作は第5回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。今回はオリジナルキャストで、豊橋及び東京での再演です。

スポンサーリンク

舞台『荒れ野』のあらすじ


舞台写真撮影:伊藤華織 (C) 2009 Aru Company. All Rights Reserved.

とある団地の一室。ニュータウンの寂れたショッピングセンターから火災が発生し、近接した一戸建てに住む哲央(平田満)と妻・藍子(増子倭文江)、娘・有季(多田香織)の三人家族が、哲央の幼馴染である路子(井上加奈子)の部屋に避難してきました。

いっぽう路子の部屋には老人・広満(小林勝也)と青年・ケン一(中尾諭介)が出入りし、奇妙な同居生活が行なわれていて…。

偶然にも一つ屋根の下で過ごすことになった一夜を舞台に、揺れ動く人間模様を描きます。

作・演出、桑原裕子からのメッセージ

~作品に寄せて~
ひたすらに燃え広がる炎を眺めながら これからどこへいくのかここにいるのか
そもそも私たちはいまどこへいるのかと 取り返しのつかない時間をいくつも抱いて
心の荒れ野をさまよう6 人の男女 ちっぽけで猛々しいあの夜の炎は
初演から2 年経った今も私のなかで 細い煙をあげて燻り続けています
オリジナルキャストによる「再燃」で さらに深い場所の痛みをもった熱を起こし
新たな荒野を創り出そうと思います 燃やし尽くしたその場所で見る景色が
恐ろしくも痛快な新世界であることを願って

桑原裕子(くわばらゆうこ)プロフィール

東京都出身。主宰する劇団KAKUTA では作・演出を兼ね、俳優としては結成以後ほぼ全作品に出演。

若手俳優の登竜門「ラフカット」では出演と劇作を手がけ、教育テレビ「中学生日記」「時々迷々」、NHK「ぬけまいる」、ラジオシアターなどを執筆。2010〜2013年ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」の潤色・作詞・演出を務めました。女優としても長塚圭史演出「冒した者」に出演するなど、多方面で活躍の場を拡げています。

2018年4月より穂の国とよはし芸術劇場PLAT 芸術文化アドバイザー就任。一時活動を休止していましたが2019年6月KAKUTA 第28回公演「らぶゆ」で活動
開。

2007年初演のKAKUTA「甘い丘」の再演で2009年に第64回文化庁芸術祭・芸術祭新人賞(脚本・演出)を受賞し、「痕跡」で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞(2015)、2018年「荒れ野」で第5回ハヤカワ悲劇喜劇賞、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞授賞(2019)。

また、劇団作品「ひとよ」は白石和彌監督で映画化されています。

平田満(ひらたみつる)プロフィール

愛知県豊橋市出身。2018年3月まで穂の国とよはし芸術劇場PLAT 芸術文化アドバイザーを勤め、同年4月より同劇場アソシエイト・アー
ティストに就任。つかこうへい事務所にて俳優活動をスタート。映画・テレビ・舞台などに数多く出演。

映画『蒲田行進曲』で日本アカデミー賞主演男優賞など受賞。主な舞台に『白蟻の巣』『星回帰線』『熱海殺人事件』など。

『海をゆく者』、『失望のむこうがわ』で第49回紀伊國屋演劇賞受賞。

2005年よりアル☆カンパニーを設立し、『荒れ野』『父よ!』『失望のむこうがわ』などを制作しています。

井上加奈子(いのうえかなこ)プロフィール

つかこうへい事務所設立より参加。『熱海殺人事件』『初級革命講座飛龍伝』『出発』など、多くのつか作品に出演。

その後の主な出演に、『時の物置』(永井愛)、『帰郷』(松田正隆)、『夫婦善哉』(平田オリザ)、『ダンシング・アット・ルーナサ』『スティールマグノリア』など。

2005年、平田満とアル☆カンパニーを設立し、『(お)もろい夫婦』平田俊子、『ゆすり』青木豪、『罪』蓬莱竜太、『家の内臓』前田司郎、『冬の
旅』松田正隆、『失望のむこうがわ』三浦大輔、『父よ!』田村孝裕、『荒れ野』などアル☆カンパニー作品を平田と共に企画。それぞれの作家の書き下ろ
し全作品に出演しています。

スポンサーリンク

まとめ

舞台『荒れ野』は、団地の一室を舞台に描かれた小さな作品ながら、チェーホフの作劇術と舞台作りに近く、最初は繋がらなかったものが、物語が進むにつれ登場人物たちのその関係性や、彼らの抱えている問題が徐々に繋がっていき、やがて観客は引きつけられていきます。

人生の“真実味”なるものを実現した作品として、高く評価され、第5回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞を受賞するとともに、戯曲が第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した本作。

この機会に是非、劇場に足をお運びください!


関連記事

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。広木健太は会社の同僚・倉木宗介役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの極道 加瀬役は染谷将太【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

映画『エクストリーム・ジョブ』予告編とメインビジュアル紹介。フライドチキンの秘密も明かされる!?

昼はフライドチキン店、夜は麻薬捜査班。 前代未聞の“揚げる大捜査線”が開店します。 日本のラーメン店総数より多いといわれる、韓国の国民食“フライドチキン”と“麻薬捜査”という相容れない組み合わせが、様 …

新作映画ニュース

『鈴木家の嘘』あらすじとキャスト。映画主題歌はAkeboshi担当【点と線】

突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。 映画『鈴木家の嘘』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開です。 こ …

新作映画ニュース

サイモン・ベイカーが監督映画『ブレス あの波の向こうへ』で笑顔を見せた!メイキング&オフショット写真解禁

こだわりと愛情が随所に溢れる 俳優サイモン・ベイカー渾身の初監督作品に注目! サーフィンを通して自分と向き合っていく美しき少年たちの姿を描いた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP