Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2017/12/20
Update

「仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」2017年開催日時とアクセス方法

  • Writer :
  • かりごめあき

12月23日(土)に宮城県・せんだいメディアテークにて、「第2回仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」が開催されます。

東北のエンターテインメントを盛り上げたい」という熱い志を胸もった若者たちが企画した仙台発の国際映画祭。

選りすぐりの外国映画3作品と、来春公開予定のアニメーション&ドキュメンタリー映画『ゾウのはな子が星になった(仮題)』の特別映像が上映されます。

1.映画『マイ ビューティフル ガーデン』(2017/92分)

映画『マイ ビューティフル ガーデン』の作品概要

几帳面な性格で無秩序に伸びる植物が苦手な主人公が、偏屈な庭師の隣人からガーデニングのすばらしさを教わるうちに心を開き、人生が輝き始める人間ドラマ。

モスクワやオーストラリアなど世界各地の映画祭で上映された作品です。

↓詳細は以下のバナーをクリックしてお読みください↓

2.映画『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』(2017/146分)

映画『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』作品概要

結婚式直前に婚約を破棄された主人公が、新婚旅行で行くはずだったヨーロッパを一人旅。新たな一歩を踏み出す勇気がもらえるガールズロードムービー。

日本初上映の《オリジナル完全版》です。

↓詳細は以下のバナーをクリックしてお読みください↓

3.映画『私の少女時代 -OUR TIMES-』(2016年/134分)

映画『私の少女時代 -OUR TIMES-』の作品概要

1990年代の台湾が舞台の青春ラブストーリー。2015年の夏、台湾で公開され約13億円のメガヒットを記録しました。

仕事も恋愛も空回りのOL、林真心。ある日、ラジオから聞こえてきたのはかつてのアイドル、アンディ・ラウの歌でした。

90年代、何もかも輝いていた高校時代が蘇ります。片思いをしていた優等生の欧陽、恋のライバルを蹴落とすために味方をしてくれた不良、太宇。

忘れかけていた純粋な恋と友情を思い出したチェンシンを待っていたものとは…。

エグゼクティブプロデューサーを務めた香港の大スター、アンディ・ラウが、主人公の憧れの存在として本人役で特別出演もしています。

4.製作経過発表『ゾウのはな子が星になった(仮題)』(2018公開予定/30分・無料)


(C)2017 ココロヲ・動かす・映画社 ○. All Right Reserved.

映画『ゾウのはな子が星になった(仮題)』の作品概要

ココロヲ・動かす・映画社〇と仙台の若者たちが共に作ったアニメーション&ドキュメンタリー映画です。2018年春公開予定。

井の頭自然文化園で飼育されて、吉祥寺のシンボルとして親しまれてきたゾウのはな子。

はな子とたくさんの人たちとの触れ合いがあったことを通し、愛情や友情をテーマに、はな子の記憶を伝える作品です。

映画祭では特別映像30分の上映(無料)とトークイベントが行われます。

5.第2回仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」開催スケジュール

【開催日】
2017年12月23日(土)

【場所】
せんだいメディアテーク
住所:仙台市青葉区春日町2-1
TEL:022-713-3171(代表)

【タイムテーブル】
13:30~14:00 開会式
14:00~15:35 上映『マイ ビューティフル ガーデン』
15:50~18:20 上映『クイーン 旅立つわたしのハネムーン《オリジナル完全版》』
18:20~18:40 製作経過発表『ゾウのはな子が星になった(仮題)』(無料)
18:50~21:05 上映『私の少女時代 -OUR TIMES-』

【交通機関】
<地下鉄>
南北線勾当台公園駅下車、「公園2」出口から徒歩6分(約450メートル)。
東西線大町西公園駅下車、「東1」出口または「西1」出口から徒歩13分。
東西線青葉通一番町駅下車、「北1」出口から徒歩15分。

<バス>
仙台市営バス 仙台駅前-60番(仙台TRビル前、地下鉄仙台駅「中央2」出口前)のりばから「定禅寺通市役所前経由交通局大学病院」行き(系統番号がJまたはXで始まるバス)で約10分、メディアテーク前下車。

<徒歩>
仙台駅より約20分(約1.8キロメートル)。

<タクシー>
仙台駅西口タクシー乗り場から約7分。

<自動車>
東北自動車道仙台宮城ICから約10分(約5.3キロメートル)。

<航空機>
仙台空港アクセス鉄道・仙台空港駅から仙台駅まで約25分

<自転車・バイク>
駐輪場と臨時駐輪場の2つがあります。

5.まとめ

東日本大震災後、働くところがなくなってしまった若者のために仙台に会社を起ち上げたココロヲ・動かす・映画社〇

そこで働く若者たちの東北や仙台を盛り上げたいという思いで誕生した「仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」は、昨年11月に第1回が開催されました。

2017年の第2回目は、12月23日(土)開催です。

土曜日は一日中映画を観て、日曜日は東北観光なんて過ごし方も良いですね。

ぜひお出かけください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ミッドウェイ』日本公開日/上映館。ローランドエメリッヒの新作は実話の歴史的海戦を鮮明に描く!

全米興行収入初登場No.1! 『インデペンデンス・デイ』の監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く“日本の命運を決した3日間”。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運 …

新作映画ニュース

映画『あなたの番です 劇場版』キャストの原田知世は手塚菜奈役!演技力の評価とプロフィール

映画『あなたの番です 劇場版』は2021年12月10日(金)ロードショー 日本中に考察ブームを巻き起こした大ヒットドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』が、2021年12月10日(金)に公開され …

新作映画ニュース

映画『ワンダーウォール 劇場版』あらすじ/キャスト/公開日。NHK京都制作ドラマの映画化作品!

渡辺あや脚本のドラマが映画化 2018年にNHKBSプレミアムなどでの放送後、異例の広がりをみせたドラマ『ワンダーウォール』が、劇場版としてスクリーンに登場します。 (C)2018 NHK 映画『ワン …

新作映画ニュース

緒方直人と田中美里が南沙良を絶賛!映画『もみの家』クランクアップ囲み取材リポート

映画『もみの家』クランクアップ! ©「もみの家」製作委員会 ブルーリボン賞新人賞他数々の新人賞を受賞した、若手実力派女優 南沙良を主演に迎える、坂本欣弘監督の映画『もみの家』。 本作は2020年3月2 …

新作映画ニュース

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじと劇場情報。4DX体験映像公開!

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 火山の大噴火というステージで、恐竜か人かの究極の選択を迫られる生死をかけたアドベンチ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学