Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/14
Update

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

累計400万部突破!『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。

出演者に西島秀俊、佐々木蔵之介、髙嶋政宏、玉木宏、中井貴一、そして佐藤浩市といった、日本映画界を牽引するオールスターキャストで贈る、超一級のエンタテインメント作品です。

映画『空母いぶき』は、2019年5月24日(金)より全国公開されますが、映画公開に先立ち東京で開催される完成披露試写会へ50組100名様をご招待いたします!

スポンサーリンク

完成披露試写会『空母いぶき』のプレゼント


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

完成披露試写会の情報

【日時】
2019年4月22日(月) 17:30開場18:30開演(予定)

【場所】
東京国際フォーラム ホールA (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

【アクセス】
JR線有楽町駅(国際フォーラム口)より徒歩1分
   東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

地下鉄
有楽町線:有楽町駅(D5出口、B1F地下コンコースにて連絡)
千代田線:二重橋前駅(1番出口)より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
丸ノ内線:銀座駅より徒歩5分
銀座線:銀座駅より徒歩7分/京橋駅(3番出口)より徒歩7分
三田線:日比谷駅より徒歩5分

試写会の応募受付


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

【応募方法】
完成披露試写会のプレゼントに、たくさんのご応募ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年4月14日(日)の23時59分まで有効

【当選者数】
50組100名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください

映画『空母いぶき』の作品情報


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

【公開】
2019年5月24日(金)(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼 、小倉久寛、髙嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石田法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉 、中井貴一、村上淳、吉田栄作、佐々木勝彦、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

日本映画界を牽引する西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演。監督は『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗です。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』のあらすじ


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

20XX年、世界は再び「空母の時代」へと突入していました。

日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。

日本領土の島が占領され、未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。

日本は経験したことのない一日を迎えようとしていましたが…。


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

まとめ


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

戦後、日本が経験したことのない 24時間を描くクライシス超大作の映画『空母いぶき』

航空自衛隊パイロットの実績を買われた俳優・西島秀俊が、航空機搭載型護衛艦「いぶき」の艦長である秋津竜太役を演じ、また佐々木蔵之介は、海上自衛隊の生え抜きでありながら、副長に甘んじる新波歳也を務めます。

また豪華な共演陣には、本田翼、玉木宏、中井貴一、佐藤浩市も顔を揃えて集結。

脚本は『機動警察パトレイバー』の伊藤和典と『亡国のイージス』の長谷川康夫らを配して、緊迫したストーリーをに仕立てました。

そして監督は2000年に『ホワイトアウト』、2009年に『沈まぬ太陽』、2014年には『柘榴坂の仇討』を手がけてきた演出力で知られる若松節朗

そのほか『ローレライ』や『亡国のイージス』などで知られる作家・福井晴敏が企画に加わりました。


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

映画『空母いぶき』の劇場公開は5月24日(金)ですが、それに先立ち、完成披露試写会は4月22日(月)に東京国際フォーラム ホールAで開催されます。

圧倒的なスケールで贈る超一級のエンタテインメント作品のお披露目に、豪華キャストも登壇するファン待望の完成披露試写会です。

キノフィルムズより、初披露となる本イベントのプレゼントに、ぜひ皆さま、ふるってご応募ください

関連記事

新作映画ニュース

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー 2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。 本作は、ナ …

新作映画ニュース

フレデリック・ワイズマン映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』予告編解禁

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今。 巨匠フレデリック・ワイズマンの“町ドキュメンタリー”の傑作。 映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』は、10月中旬、シアター …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー』の内容解説。一般試写会のトークイベント報告リポート

世界的現代美術家のアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実情に迫ったドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開されます。 「 …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

ファッションデザイナーの伝説的な大物に迫る!ドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』予告とビジュアル解禁

映画『マックイーン:モードの反逆児』は2019年4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー 英国アカデミー賞、ロンドン映画批評家協会賞、トライベッカ映画祭など名だたる賞レースでノミネート …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP