Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/23
Update

映画『ある人質 生還までの398日』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にIS人質から生還した写真家を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

奇跡的に生還した写真家ダニエル・リューの398日間を追った衝撃の実話

2013年から2014年の398日間にわたってIS(“イスラム国”)の人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リュー。

その若き写真家が体験した地獄と、不可能に挑んだ家族の398日間を追った衝撃の実話がついに映画化されました。


(c)TOOLBOX FILM / FILM I VÄST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

邦題を『ある人質 生還までの398日』とし、2021年2月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほかにて公開することが決定しました。

あわせて日本版ポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』について

“戦争の中の日常を撮り、世界に伝えたい。”そんな熱い思いを抱いて内戦中のシリアに渡った24歳の若き写真家が、突然誘拐されました。

拷問と飢えに苦しみ、恐怖と不安に苛まれる地獄の日々を彼はいかにして耐え抜いたのか?

そして、絶望しそうになる日々の中、彼を救出するためにごく普通の生活を営んでいた家族は、いかなる方法を実践したのか? 

原作はジャーナリストのプク・ダムスゴーが書き上げた『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書刊)。 

監督は『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴが務めました。

共同監督は『幸せになるためのイタリア語講座』の俳優で本作にも出演しているアナス・W・ベアテルセン

脚本は『ダークタワー』のアナス・トマス・イェンセンが担当し、主人公の過酷な体験を緊張感あふれる演出と圧倒的なリアリティをもって描きだします。

また息子の救出を決して諦めなかった家族の奔走はスリリングかつ感動的で、知られざる人質救出の専門家の活躍ぶりも見逃せません。

主演は2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞したデンマークを代表する実力派エスベン・スメドで、ダニエルという難役を見事に演じ切っています

映画『ある人質 生還までの398日』のポスタービジュアル


(c)TOOLBOX FILM / FILM I VÄST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

このたび解禁となったポスタービジュアルでは、オレンジ色の囚人服姿で必死の形相のダニエル、そしてその背後には銃をかまえたISの戦闘員の不気味な姿が。

“生きていて!”というコピーが家族の切なる願いを代弁しています。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』の作品情報

【日本公開】
2021年(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー合作映画)

【原題】
SER DU MÅNEN, DANIEL

【監督】
ニールス・アルデン・オプレヴ

【原作】
プク・ダムスゴー『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書刊)

【キャスト】
エスベン・スメド、トビー・ケベル、アナス・W・ベアテルセン、ソフィー・トルプ


映画『ある人質 生還までの398日』のあらすじ

怪我のために体操選手の道を断念したダニエルは、ずっと夢だった写真家に転身。

戦争の中の日常を撮影するため、シリアの非戦闘地域を訪れました。

しかし、現地の情勢が変わり、ダニエルはISに誘拐され拷問を受けることに。

家族は巨額の身代金を用意するために奔走しますが、犯人側は容赦なく追い討ちをかけ、過大な要求を突きつけてきます…。

スポンサーリンク

まとめ

当時、日本人やアメリカ人ジャーナリストなどがシリアでISの人質になり、「ジハーディ・ジョン」と名乗る男らによって殺害された事件はまだ我々の記憶にも新しいでしょう。

先日この事件の容疑者であるIS戦闘員がアメリカで起訴され、改めて注目される中、ISの真実を初めて内側から本格的に描いた映画としても必見の一作が日本公開となります。

映画『ある人質 生還までの398日』は、2021年2月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町にてロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

チョウ・ユンファ映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』あらすじとキャスト。公開日は2月7日!

ラスト15分、衝撃の真実を解き明かせるか。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活を果たしました。 © 2018 Bona Entertainment Company Limit …

新作映画ニュース

岸井ゆきの&成田凌『愛がなんだ』画像解禁!角田光代原作の新作映画化ポスタービジュアルも

直木賞作家、角田光代の同名小説を主演・岸井ゆきので映画化した『愛がなんだ』。 一途過ぎるアラサー女子の全力片思いラブストーリーを描いた本作の監督は“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、 …

新作映画ニュース

ルイ・ガレル映画『パリの恋人たち』は女優の演技力とファッションが見どころ!恋の火花散る予告編解禁

成熟した女性か可憐な娘か。 対照的な2人の女性の間で揺れる男を描いたルイ・ガレルの監督主演作。 フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた『パリ …

新作映画ニュース

シルヴェスター・スタローン映画『大脱出2』あらすじとキャスト。2019年公開決定!

シルヴェスター・スタローン主演作!『大脱出2』は、2019年3月新宿バルト9ほか全国ロードショー。 あの脱獄のプロが帰ってきた!全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾。 © 2018 GEO …

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学