Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/03/24
Update

映画さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について|あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トム・シリング主演で描かれたエーリヒ・ケストナーの長編小説の世界観が描かれる

  • Writer :
  • 星野しげみ

ドイツ映画賞最多ノミネート主要3部門受賞の注目作が2022年6月10日(金)公開決定!

児童文学の巨匠エーリヒ・ケストナーの唯一の大人向け長編小説を原作に、本邦初公開となるドミニク・グラフ監督が、『ある画家の数奇な運命』(2018)のトム・シリングを主演に、1931年のドイツで生きる若者を描き、2021年のベルリン国際映画祭でも絶賛された『Fabian-Going to the Dogs』


(C)Hanno Lentz / Lupa Film 

この度この話題作が、『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』の邦題で、6月10日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開されることが決定しました。

あわせて日本版ポスタービジュアルも解禁のはこびとなりました。

スポンサーリンク

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』について

本作は、『飛ぶ教室』のエーリヒ・ケストナー唯一の大人向け長編小説長編小説『ファビアン あるモラリストの物語』(みすず書房刊)を、トム・シリングを主演に映画化。

ひたひたとナチスの足音が聞こえてくる1931年のベルリンを舞台に、青年ファビアンの恋と惑いの日々を描いた作品です。

監督は、本作が本邦初公開作となるドミニク・グラフ。

刺激的な映像のコラージュや、往年のベルリンの美しさを際立てる濃密な描写などを縦横無尽に駆使し、原作の世界観を見事に再現しました。

主演は、『コーヒーをめぐる冒険』(2012)でドイツ映画賞主演男優賞はじめ数々の賞を獲得し、その後も大ヒットスリラー『ピエロがお前を嘲笑う』(2014)や『ある画家の数奇な運命』(2019)の主演で注目を浴びたトム・シリング

ヒロインは、『さよなら、アドルフ』(2012)に主演して注目を集めたドイツの人気女優ザスキア・ローゼンダール。2人は、『ある画家の数奇な運命』(2019)に続き2度目の共演となりました。

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』ポスタービジュアルについて

解禁されたポスターに映る主人公ファビアン。

ナチスの象徴である“ハーケンクロイツ”、燃やされる本など、ファビアンを取り囲む時代を象徴する写真が並ぶ背景で「僕はどこへ?」のキャッチコピーと戸惑いの表情の姿が印象的です。

右か左か、前か後ろか、一体どこへ行くべきなのか。揺れ動く心と不安がポスターからも見て取れます。

1990年前の小説が、見事に「今、この世界」の映画になったことが感じられるビジュアルです。

スポンサーリンク

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』の作品情報

【日本公開】
2022年(ドイツ映画)

【原題】
英題:Fabian – Going to the Dogs

【監督】
ドミニク・グラフ

【キャスト】
トム・シリング、ザスキア・ローゼンダール

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』のあらすじ

舞台は1931年のベルリン。

出口のない不況は人々の心に空虚な隙間をつくり、ひたひたと迫るナチスの足音が聞こえてきます。

作家を志してベルリンにやってきたファビアンは、時代の中でどこへ行くべきか惑い、立ち尽くしていました。

女優を夢見るコルネリアとの恋。ただ一人の「親友」ラブーデの破滅。

やがてコルネリアは女優への階段を登るためファビアンの元を離れ、次第に2人の関係は崩壊していきます…。

スポンサーリンク

まとめ

『飛ぶ教室』のエーリヒ・ケストナー唯一の大人向け長編小説長編小説『ファビアン あるモラリストの物語』(みすず書房刊)を、トム・シリングを主演に映画化された『Fabian-Going to the Dogs』。

2021年のベルリン国際映画祭でも絶賛された本作が、邦題を『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』として、2022年6月10日(金)公開決定となりました。

2019年の『ある画家の数奇な運命』で共演したトム・シリングとザスキア・ローゼンダールが再び共演するのも注目です。

今年度最注目と噂されるドイツ映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』の公開が待たれます。

『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』は、6月10日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開!


関連記事

新作映画ニュース

映画『中村壱太郎×尾上右近 ART歌舞伎 花のこゝろ』演目あらすじ/キャスト/公開日/上映館。モード界との融合で新たな映像体験を

歌舞伎界の若きプリンス中村壱太郎&尾上右近が贈る、新たな”歌舞伎”の映像体験。 歌舞伎界の若きプリンス中村壱太郎&尾上右近がコロナ禍における新たな歌舞伎とし …

新作映画ニュース

蒼井優映画『スパイの妻』あらすじ/キャスト/上映館。ドラマ劇場版で高橋一生が微笑む場面写真紹介!

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品 第68回サン・セバスチャン国際映画祭 パールズ部門正式出品 2020年6月にNHK BS8Kで放送された黒沢清監督、蒼井優主演のドラマ『スパイ …

新作映画ニュース

映画『最後にして最初の人類』日本公開日/上映館/内容解説。ティルダ・スウィントンが作曲家の遺作でナレーションを務める

第70回ベルリン国際映画祭正式出品作品。 作曲家ヨハン・ヨハンソンの初長編監督作品であり、遺作となった映画『Last and First Men』。 伝説のSF小説を、90年の時を経て映画化した奇跡の …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥はカワイイ制服姿でトルネード投法!台湾野球で映画キミオイ始球式

山田裕貴×齋藤飛鳥共演のラブストーリー映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)より全国にて公開です。 ヒロインを演じた齋藤飛鳥が、台湾で行われた始球式に“野茂英雄のトルネード投法”で挑戦しまし …

新作映画ニュース

映画『ワイン・コーリング』劇場公開は11月1日よりシネスイッチ銀座やアップリンクにて上映。“映画で旅する自然派ワイン”とは

フランスワイン界の革命児たちを追ったドキュメンタリー。 今注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと、愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』が、2019年11 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学