Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『画家ボナール ピエールとマルト』あらすじ/キャスト/上映館。実話を基に描かれたポスト印象派とモダンアートの間に活躍した画家の“天荒な愛の形”

  • Writer :
  • 大塚まき

まるで絵画のような場面写真が解禁!更に「横浜フランス映画祭 2024」での公式上映が決定!

この度、第76回カンヌ国際映画祭カンヌ・プルミエール正式出品、本国初登場フランス映画NO.1『BONNARD, Pierre et Marthe(原題)』の邦題を『画家ボナール ピエールとマルト』とし、今秋よりシネスイッチ銀座ほかにて全国公開することが決定しました。


(C)2023-Les Films du Kiosque-France 3 Cinéma-Umedia-Volapuk

また、2024年3月20日(水・祝)から24日(日)まで開催される「横浜フランス映画祭 2024」での公式上映も決定

フランス最新作映画『画家ボナール ピエールとマルト』をご紹介いたします。

画家ピエール・ボナールとは?


ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)1867-1947
photo:www.pinterest.co.uk

20世紀の最も偉大なフランス人画家の一人ピエール・ボナール(1867-1947)は、印象派と、抽象を探求したポスト印象派との間を結ぶ架け橋とみなされています。

彼は大胆な色彩と日常の些細な事象を好んで描いたことで知られ、友人の画家たちと一緒に、1888年「ナビ派」として知られるグループを形成。

彼らは、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌ、葛飾北斎の先進性を称賛し、ボナール自身も日本美術からの影響を多くの作品で示していたことでも知られています。

映画『画家ボナール ピエールとマルト』について


(C)2023-Les Films du Kiosque-France 3 Cinéma-Umedia-Volapuk

本作では、ピエール・ボナールが生涯の伴侶となるマルトとの半生を描いています。

マルトは「幸福の画家」ピエールにとって、単なるミューズをはるかに超えた存在となるのだが、二人の関係は謎に満ちていました。

当時の常識からはかけ離れた破天荒な愛の形を営みつつも、生涯をかけ共同で充実した芸術的成果を生み出していきます。

美しい映像と共に画家ピエール・ボナールとその妻マルトの知られざる半生を実話に基づき描いた話題作です。

キャストは『セラヴィ!』(2018)『夜明けの祈り』(2016)でフランス映画界実力派の代表格に称されるヴァンサン・マケーニュがピエールを演じています。

また、妻マルト役には『ヒア アフター』(2011)『少年と自転車』(2011)『メビウス』(2013)『幻滅』(2023)など数々の名作で知られる今やフランスを代表する名女優・セシル・ドゥ・フランスが圧巻の演技を務めます。

本作の演出を担当するのは、『5月の花嫁学校』(2021)『ルージュの手紙』(2017)『ヴィオレット ある作家の肖像』(2013)『セラフィーヌの庭』(2008)などフランス映画らしい芸術作品に定評のある名匠マルタン・プロヴォ。

映画『画家ボナール ピエールとマルト』の場面写真


(C)2023-Les Films du Kiosque-France 3 Cinéma-Umedia-Volapuk

この度解禁された場面写真は、破天荒な生涯を送った画家ピエール・ボナールとその妻・マルトが芸術的で且つ感応性を感じるシーンを切り取ったまるで絵画のようなショットや、ボナールの創作シーンなど。

2人の謎に満ちつつ破天荒な愛の半生を垣間見ることができます。本作は画家ボナールを知る絵画ファンはもちろんのこと、実話を基にした偉人伝に興味を抱く映画ファンのハートを射抜くこと必至です。

映画『画家ボナール ピエールとマルト』の作品情報

【日本公開】
2024年(フランス映画)

【原題】
BONNARD, Pierre et Marthe

【監督】
マルタン・プロヴォ

【キャスト】
セシル・ドゥ・フランス、ヴァンサン・マケーニュ、ステイシー・マーティン、アヌーク・グランベール、アンドレ・マルコン

映画『画家ボナール ピエールとマルト』のあらすじ

ピエール・ボナールは生涯の伴侶となるマルトに出会ったとき、この自称貴族という女性が、彼のその後の人生と仕事になくてはならぬ存在になるとは想像もしなかった。

しかしまもなく、彼女は「幸福の画家」にとって、単なるミューズをはるかに超えた存在となる。

二人の関係は謎に満ちていた。当時の常識からはかけ離れた破天荒な愛の形を営みつつも、生涯をかけ共同で充実した芸術的成果を生み出していく…。

まとめ


(C)2023-Les Films du Kiosque-France 3 Cinéma-Umedia-Volapuk

20世紀絵画の巨匠のひとり、ナビ派の代表格であるピエール・ボナールと妻マルト。二人の破天荒で創造的な関係の中で育まれた「幸福の画家」の半生を描きます。

『画家ボナール ピエールとマルト』は、今秋よりシネスイッチ銀座ほかにて全国公開です。

また、2024年3月20日(水・祝)から24日(日)より「横浜フランス映画祭 2024」にて上映されます。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ラストムービー』キャストと監督をデニス・ホッパーが務めた怪作!予告編とメインビジュアルが解禁

ハリウッドの異端者にして鬼才、デニス・ホッパーによる革命的傑作が31年ぶりの劇場公開。 『イージー★ライダー』製作50周年にあたる2019年、1988年以来31年ぶりの公開が決定したデニス・ホッパー監 …

新作映画ニュース

映画『THEATERS』あらすじ/キャスト。映画館ミニシアターへの想いをオムニバスで4人監督たちが描く《クラウドファンディング実施募集中》

4つの短編作品のオムニバス映画『THEATERS』は2023年7月15日(土)ユーロスペース他全国順次公開! 4人の監督が思い入れのあるミニシアターを舞台に作り上げたオムニバス映画『THEATERS』 …

新作映画ニュース

韓国映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』あらすじ。オープニング映像解禁!

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキドキの胸 …

新作映画ニュース

文晟豪(ムン・ソンホ)と望月歩のコメント公開!映画『五億円のじんせい』場面写真解禁も

GYAO+Amuse映画製作オーディション企画NEW CINEMA PROJECT第一回グランプリ作品! 文晟豪(ムン・ソンホ)監督が望月歩を主演に迎え、“命の価値”を問う映画『五億円のじんせい』が、 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの田中偉登はひかりの子供の父親・麻生巧役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学