Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

映画支援のクラウドファンディングサイト。アップリンク発の仕組みは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

いよいよ、アップリンクのクラウドファンディングサイト、プラン(企画)をゴー!する(進める)『PLAN GO』がスタート!

奇才の女性アーティストのニキ・ド・サンファルの足跡をたどるドキュメンタリー制作や、ORANGE RIBBONの移動展示。また、モンゴルのヒップホップを追った映画上映など、続々企画支援をアップされます!

スポンサーリンク

1.クラウドファンディングサイト『PLAN GO』が動く!

東京都渋谷にあるアップリンクは、4月5日(木)より、セレクト型クラウドファンディング『PLAN GO』を立ち上げ公開。

会員登録の開始とともに、第一弾となる5つのプランの支援募集をスタートしています。

アップリンクは映画の配給会社のみならず、劇場、カフェレストラン、ギャラリー、マーケットの運営などを30年間に渡る歴史があります。

そのほかにも国内外のクラウドファンディングを利用した、映画製作を行ったノウハウと実績を蓄積しています。

今回4月より立ち上がった『PLAN GO』では、これらの経験をもとにしたアドバイスを行い、プラン成功のチャンスとなる情報拡散にアップリンクのSNSアカウントをフルに活用。

また、アップリンクのオンラインカルチャーマガジン「webDICE」にも記事を掲載して、資金集めを全面的にバックアップするそうです。

アップリンクの事前審査を通過した支援募集を開始したプランは、現在のところ、5つとなります!

2.PLAN GOプラン①写真家:松本路子が映画制作に挑む
 ~ニキ・ド・サンファルの映画を作ろう!~

現代を代表するアーティストやダンサーの肖像を中心に作品を多数発表、数多くの個展を開催している写真家の松本路子をリーダーとするプラン「VIVA NIKI」。

奇才のアーティストで知られるニキ・ド・サンファルの作品群と彼女の生涯を、ニキとのフォトセッションを数多く重ねた松本の視点で追うドキュメンタリー映画の制作に挑戦。

http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/58

3.PLAN GOプラン②ORANGE RIBBON ZINE・移動展示を創りたい!

幼少の頃から実父より虐待を受けた起案者は、“アートの持つ大きなエネルギー”によって、精神的抑圧から自由になれたと語ります。

児童虐待防止のシンボル「オレンジリボン」をモチーフにした写真の移動展示と、ZINE(小冊子)を発行。

敬遠されがちなテーマを身近な問題として多くの人に知ってもらい、心に傷を負った人々を癒すアートの力を届けるプランです。

http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/41

スポンサーリンク

4.PLAN GO③小樽への愛に溢れたアニメーション短編シリーズの制作

小樽ショートフィルムセッションにて、4回連続入賞した監督が、ショート動画シリーズの制作・配信企画を立ち上げます。

小樽に残る古い建物や美しい景観などの観光スポットを女子高生2人が紹介。

実景とアニメのコラボや地元で活躍する「劇団うみねこ」の団員が声優として参加する点も注目の企画です。

http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/66

5.PLAN GO④11カ国のインディーズ映画祭で選出されたアート映画
日本初上映+鍋会

『Mononykus crest』予告編

11カ国のインディーズ映画祭で選出された映画『Mononykus crest』の日本初上映。また、上映後の打ち上げ開催資金の調達を本作監督が目指します。

映画祭での上映後「鍋をしたくなる」という感想が多かったことから、上映会後には監督、出演者、スタッフを交えた「鍋会」を開催し、邦題決定会議や作品の延長となるような会話のインスタレーションを楽しむ事で、アート映画を愛する緩やかなネットワークを作ります。

http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/60

6.PLAN GO⑤映画『モンゴル発のヒップホップ』の国内劇場初上映イベントを開催(4/10開始予定)

モンゴル発のヒップホップ(仮)』予告編

1991年の社会主義崩壊により、急激な変革にさらされるモンゴルの大都市ウランバートル。

変化する都市で暮らす人々のなか、ヒップポップを通してアイデンティティを表現する若者たちのドキュメンタリー『モンゴル発のヒップホップ(仮)(原題: Mongolian Bling)』を、日本の劇場で初上映するための支援を募ります。

http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/45

スポンサーリンク

まとめ

アップリンクがセレクト、プラン立ち上げから成立までサポートするクラウドファンディング『PLAN GO』は、現在は以上の5つのプランになります。

今後も次々に映画や写真、アート活動で注目すべき企画が次々には開始されることでしょう。

あなたもプランを立ち上げますか?

それとも支援しますか?

映画や映像などの未来はあなたの手に!『PLAN GO』を要チェック!!

お問合せ先

有限会社アップリンク『PLAN GO(プラン・ゴー)』

☆会員登録、プラン応募も受付!
http://plango.uplink.co.jp/
http://plango.uplink.co.jp/about/s/

『PLAN GO』ならではのサポート

【プラン立ち上げから実施中】
・webDICEへの記事掲載(プラン概要、起案者の紹介、実施期間に応じて複数回掲載)
・プラン内容の充実に向けたアドバイス
・宣伝方法のアドバイス(SNSの活用、他メディアの活用等)
・サイト掲載内容のアドバイス(文章校正、画像選択、目標額の適正性、リターン内容と金額設定等)
・プランページへのアクセス解析情報の提供(Googleアナリティクス・週1回)
・アップリンクのSNSを利用した情報拡散協力
・支援者向けイベント開催に関するアドバイス

【プラン成立後】
・発表場所、イベント場所としてアップリンク利用時の協力
・プランの実施経過や完成報告等のwebDICEへの記事掲載

関連記事

まとめ記事

ゾンビ映画の開祖ロメロの発明と『カメラを止めるな!』の革新性と情熱とは

公開前から試写や各国の映画祭で話題沸騰、6月23日に公開されて以来は映画ファンの枠を超えて一大ムーブメントとなっている作品『カメラを止めるな!』。 本作はわずか300万円で作られた超低予算映画。本作の …

まとめ記事

安藤サクラ映画おすすめ5選!百円の恋以外も名作多数!

(C)2014 東映ビデオ これまで数々の映画賞に輝き、演技派女優として確固たるキャリアを築き上げてきた、安藤サクラ。 父は映画監督で俳優の奥田瑛二、母はコメンテーターでエッセイストの安藤和津、姉は映 …

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選『ブレイブワン』『パイレーツ・ロック』『ネバーランド』【関東版】

今週1月21日から27日の1週間、おすすめ映画をテレビ地上波の放送からご紹介します。 「ちょっと気楽に“ながらで映画”を楽しみたい」 「休息の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… ©︎すしぱく …

まとめ記事

【シネマルシェ編集部からのお知らせ】映画とあなたの縁結びに精進いたします。

いつも映画情報サイトCInemarcheを閲覧していただく、リピーター読者の皆さん! 誠にありがとうございます!! 編集部スタッフならびに、ライター一同、心から感謝とお礼を申し上げます。 昨日6月8日 …

まとめ記事

今週おすすめ最新映画!上映する邦画洋画の人気ランキングは?【2018/06/15より公開】

今週6月15日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞をゼッタイ失敗はしたくない!」 「動画配信サイトで何を見たらいいの?」などといった問題を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学