Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2021/06/22
Update

2021年夏の新作韓国映画おすすめ5選!ソンガンホ『王の願い』やイ・ビョンホン『白頭山大噴火』など話題作を紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

注目の新作韓国映画おすすめ5選!

ソン・ガンホが、独自の文字創製のため命を懸けた世宗大王を演じた史劇エンターテインメント『王の願い ハングルの始まり』が、2021年6月25日(金)より、シネマート新宿ほかにて全国ロードショーとなります。

BTS(防弾少年団)やTWICEなどK-popグループの音楽や、チーズタッカルビなど韓国グルメが若者の間で流行したり、『愛の不時着』や『梨泰院クラス』など韓流ドラマが日本でも大人気となり、2020年の流行語大賞では“第4次韓流ブーム”がノミネートされるなど、韓国カルチャー人気は止まることを知りません。

映画の分野でも、72回カンヌ国際映画祭でポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』がパルムドール賞を受賞し、続くアカデミー賞でも外国語映画として初めて作品賞を受賞するなど、韓国映画がめざましい進化を遂げています。

そんな韓国映画の中から、劇場公開されるおすすめ新作韓国映画を5作品ご紹介します。

過去作や関連作品・類似映画もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

映画『王の願い ハングルの始まり』6月25日(金)公開

(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.

ソン・ガンホが独自の文字創製のため命を懸けた世宗大王を演じた史劇エンターテインメント。

ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』(2003)でソン・ガンホと共演したパク・ヘイルが創生に協力する和尚シンミを演じています。

監督は『王の運命 歴史を変えた八日間』(2015/イ・ジュンイク)の脚本を手がけ、本作が監督デビュー作となるチョ・チョルヒョン。

映画『王の願い ハングルの始まり』の作品情報

(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年6月25日(金)

【原題】
나랏말싸미(英題:THE KING’S LETTERS)

【監督】
チョ・チョルヒョン

【キャスト】
ソン・ガンホ、パク・ヘイル、チョン・ミソン、キム・ジュンハイ、チャ・レヒョン、タン・ジュンサン

映画『王の願い ハングルの始まり』のあらすじ

(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.

朝鮮第4代国王・世宗の時代。これまで朝鮮には自国語を書き表わす文字が存在しておらず、上流階級層だけが特権として中国の漢字を学び使用していました。

この状況をもどかしく思う世宗(ソン・ガンホ)は、庶民でも容易に学べて書くことができる朝鮮独自の文字を作ることを決意。

そこで、低い身分ながら何カ国もの言語に詳しい和尚シンミ(パク・ヘイル)とその弟子たちを呼び寄せ、協力を仰ぎました。

王を取り巻く臣下たちは、国の最高位である王様が最下層の僧侶と手を取り合い、庶民に文字を与えようとしている前代未聞の事態に激しく反発。

逆境と葛藤のなか、世宗大王とシンミは民へ贈る新たな文字作りに突き進んでいく――!!

映画『スレイト』6月25日(金)公開

タイトル「スレイト(slate)」とは、英語で、「カチンコ」のこと。

テレビドラマでキャリアを積んだチョ・バルン監督が、「アクションに自信がある」と自らを売り込んだアン・ジヘを主演に抜擢

数々の剣術アクションシーンのほか、無法地帯のパラレルワールドに飛び込むという異色ファンタジー色も含まれた独特の世界観を描き出します。

監督お墨付きのアン・ジヘのアクションがこの映画の最大の見どころとなっています。特にクライマックスのアン・ジヘによる超絶な剣術対決シーンは必見です。

映画『スレイト』の作品情報

(C) 2020 CONTENTS VILLAGE and MCMC

【日本公開】
2021年6月25日(金)公開

【原作】
슬레이트(英題:Slate)

【監督】
チョ・バルン

【キャスト】
アン・ジへ、イ・ミンジ、パク・テサン

映画『スレイト』のあらすじ

(C) 2020 CONTENTS VILLAGE and MCMC
幼い頃からアクションスターになることを夢見ていたヨニ。卓越した剣術を持っているにもかかわらず、なかなか役者として芽の出ない日々を送っていました。

ある日、アクション映画のスタント役として雇われて撮影現場に入ると、そこは無法地帯のパラレルワールドで、人々が剣を持ち、何の報いもなく殺し合いをしています。

撮影と間違えて敵を倒していくヨニの姿を見た村人たちから村の守護者として迎えられ、尊敬されるようになるヨニ。

そしてヒロインとして村人を救うために、彼女は悪者たちに反撃を開始し……。

スポンサーリンク

映画『サムジンカンパニー1995』7月9日(金)公開


国際化のため激変する90年代の韓国を舞台に、大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが、会社の不正に立ち向かっていく姿を痛快に描いたコメディドラマ

ポン・ジュノ監督作グエムル-漢江の怪物-』で鮮烈な映画デビューを果たしたコ・アソンが主演を努めます。

ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌ユナには『小公女』、『ハッピーログイン』のイ・ソム。

数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部の心優しき天才シム・ボラムには『スウィング・キッズ』、『あなた、そこにいてくれますか』のパク・ヘスという、韓国映画界を支える実力派女優たちが集結しました。

映画『サムジンカンパニー1995』の作品情報

(c)2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年7月9日(金)

【原題】
삼진그룹 영어토익반

【監督】
イ・ジョンピル

【キャスト】

映画『サムジンカンパニー1995』のあらすじ

(c)2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

1995年、ソウル。大企業サムジン電子に勤める高卒の女性社員たちは実務能力は完璧ながら、主な仕事はお茶くみや書類整理など、大卒社員のサポートばかり。

しかしそんな彼女たちにもチャンスがやってきます。社の方針でTOEIC600点を超えたら、「代理」という肩書を与えられることになったんです。そうすればもっと活躍の場が増えるはず!

ステップアップを夢見ながら英語の勉強に勤しむ女性社員のひとり、ジャヨンはある時、会社の工場から汚染水が川に流出しているのを目撃。

その証拠を隠蔽しようとする会社に、ジャヨンと同僚たちは解雇の危険も顧みず、力を合わせて真相解明に向けて奔走し……。

映画『白頭山大噴火』8月27日(金)公開

北朝鮮と中国の国境付近に位置し、朝鮮半島で最も高く、1000年に一度大噴火を起こすと言われる実在する山・白頭山が、もし大規模噴火を起こしたら一体、朝鮮半島はどうなってしまうのか!?

そんな大胆な発想で描いた韓国映画初の本格ディザスター・ムービーです。

愛する家族を守るため、北朝鮮へ潜入し命がけの任務に就く韓国軍爆発物処理班チョ・インチャンを演じるのは、「神と共に」シリーズなど、いまや韓国きっての大ヒットメーカーであるハ・ジョンウ

そして作戦のカギを握る工作員リ・ジュンピョンには、韓国はもちろん世界で活躍するイ・ビョンホンが扮し、デビュー以来初めての北朝鮮側の人物を存在感たっぷりに演じました。

また、大噴火を予見する地質学者カンには、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも大ブレークしたマ・ドンソク

監督は『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと「神と共に」シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソがタッグを組み、物語の深さに加え、リアリティある映像を実現しました。

映画『白頭山大噴火』の作品情報

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年8月27日(金)

【原題】
Ashfall

【監督】
イ・ヘジュン、キム・ビョンソ

【キャスト】
イ・ビョンホン、 ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン

映画『白頭山大噴火』のあらすじ

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

白頭山大噴火まで、残された時間は75時間。

朝鮮半島存続の運命を握るのは、北朝鮮が隠し持つ核燃料と北の工作員。

韓国、北朝鮮、さらにアメリカ、中国の思惑が絡む半島救出ミッションが動きだし…。

スポンサーリンク

映画『偽りの隣人 ある諜報員の告白』9月17日(金)公開

(C) 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

舞台となるのは、1985年、軍事政権下の韓国。民主化を求め自宅軟禁された政治家と、彼を監視する諜報員が主軸となってストーリーが進行していきます。

韓国歴代興収10位を記録し、日本でも大ヒットした7番房の奇跡』のイ・ファンギョン監督による待望の最新作です。

本作で約2年ぶりに俳優復帰したオ・ダルスをはじめ、数多くの作品に出演するチョン・ウやキム・ヒウォンなど韓国を代表するベテラン俳優陣が集結し、本国では初登場1位を記録しました。

国家を揺るがした男たちの”正義”を描く社会派ヒューマンサスペンス映画となっています。

映画『偽りの隣人 ある諜報員の告白』の作品情報

(C) 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年9月17日(金)

【原題】
이웃사촌(英題:『BEST FRIEND』)

【監督】
イ・ファンギョン

【キャスト】
チョン・ウ、オ・ダルス

映画『偽りの隣人 ある諜報員の告白』のあらすじ

(C) 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

1985年、国家による弾圧が激しさを増す中、次期大統領選に出馬するため帰国した野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)は空港に到着するなり国家安全政策部により逮捕され、自宅軟禁を余儀なくされました。

諜報機関はウィシクを監視するため、当時左遷されていたものの愛国心だけは人一倍強いユ・デグォン(チョン・ウ)を監視チームのリーダーに抜擢。

デグォンは隣家に住み込み、24時間体制の監視任務に就くことになりました。

機密情報を入手するため盗聴器を仕掛けたデグォンでしたが、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続けるうちに、上層部に疑問を持ち始めます。

そんな矢先、ウィシクとその家族に命の危険が迫り……。

まとめ

(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.

歴史ドラマ、アクション、コメディ、サスペンスと、あらゆるジャンルが揃った2021年夏の韓国映画

暑い夏はアツい映画でスカッとしましょう!

また、エンタメ配信サイトU-NEXTなら、韓国映画のみならず、韓流ドラマ、洋画や邦画国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されています。

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

見逃した新作も、U-NEXTで配信されていることがありますので、ぜひおうち映画のおともにお試しくださいね!







関連記事

まとめ記事

U-NEXTなら映画・ドラマ・アニメの動画無料視聴のほかにも、雑誌や漫画も読むことができる!【サービス内容のご案内】

最新作の映画のみならず、過去の名作、傑作、珍作まで豊富にあり、そのほか、ドラマ、アニメを合わせて14万本以上のコンテンツが見られるのが【U-NEXT】の最大の特徴。 しかし、意外に知られていないのが、 …

まとめ記事

スカーレット・ヨハンソン映画おすすめ5選!圧倒的な美しさを堪能!

(C)2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved. 〝世界で最もセクシーな女性“に選ばれたこともあるスカーレット・ヨハンソン。同じ女性から見ても、彼女の …

まとめ記事

2018年お正月映画公開オススメ邦画洋画5選!新春はじめの作品は?

2018年の新春も映画館では、お正月映画の公開が目白押し。ちょっと散歩がてら外に出かけてみませんか⁈ 2018年お正月公開作品と、新年に先駆け公開中のオススメ映画5選をご紹介します。 ©︎yamash …

まとめ記事

大杉漣映画おすすめ5選!代表作は北野作品だけじゃない名脇役を調査

公開が待ち遠しい、大杉漣の主演映画で遺作となった『教誨師』 劇場公開日は2018年10月6日 (C)「教誨師」members 2018年2月21日に惜しまれつつ、お亡くなりになられた名バイプレーヤーと …

まとめ記事

ドラマ『宮本から君へ』一目惚れする女優ヒロイン役の華村あすかとは

池松壮亮が主演を務める春の新ドラマ『宮本から君へ』は、漫画家の新井英樹によるコミック作品のドラマ化で、新卒営業マンの主人公が恋や仕事に不器用ながらも成長し、自分なりの生き方を見いだしていくストーリー。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学