Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2023/01/29
Update

『アイスクリームフィーバー』原作ネタバレ結末とあらすじ感想評価。川上未映子映画化で綴る“淡い初恋と心の痛み”

  • Writer :
  • 星野しげみ

川上未映子の短編『アイスクリーム熱』が『アイスクリームフィーバー』として映画化決定!

2008年『乳と卵』で芥川賞を受賞した川上未映子。2013年出版された短編集『愛の夢とか』の中に収録された『アイスクリーム熱』が、これまで発行された小説の中で初めて映画化されます。

映画タイトルは『アイスクリームフィーバー』2023年7月14日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショーの作品です。


(C)2023「アイスクリームフィーバー」製作委員会

吉岡里帆をはじめとする若手キャストを起用した映画で、監督を務めるのはアートディレクターの千原徹也。従来の映画製作方法に囚われない手法で企画・立案し、初監督を成し遂げました。

映画『アイスクリームフィーバー』では、10~30代の女性4人を登場人物にして彼女たちの人生を描いています。

映画原作となった短篇『アイスクリーム熱』をネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『アイスクリーム熱』の主な登場人物

【わたし】
アイスクリームショップでアルバイトをする女性

【彼】
2日おきぐらいにアイスクリームを買いに来る男性

小説『アイスクリーム熱』のあらすじとネタバレ


川上未映子『愛の夢とか』(講談社、2013)

アイスクリームショップでアルバイトをしているわたし。

初めて彼がアイスクリームを買いに来た時、一目見て彼が好きになりました。

彼は2日おきに規則正しく、決まって夕方の4時くらいに来て、イタリアンミルクとペパーミントスプラッシュの組み合わせで、アイスクリームカップを買っていくのです。

それはいつもきまって同じ組み合わせでした。

彼が来るようになって丁度2カ月目にあたる日に「どうしていつもカップなの」「アイスクリームの何が好きなの」と尋ねてみました。

「まず冷たいこと。それから甘いこと」「邪魔だから」。

模範解答をされて、わたしは黙ってしまいました。

彼もわたしのことを嫌いではないと思います。向かいにもう一軒アイス屋があるのに、2日おきに通ってくるし、わたしに注文するし、一回につき一度はわたしの目をじっと見ますから。

ある日、彼が店に来た時に、わたしはもう仕事が上がるので一緒に駅まで歩いて帰らないかと誘ってみました。

彼は「いいよ」と言いました。

並んで歩きながら、わたしはとりとめないことを話し、彼にいろいろ聞きました。

彼は駅の向こうに一人で暮らしていて、家で仕事をしている33歳。

わたしは「アイスクリームが作れる、得意なんだよ」と嘘をついてその日別れました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アイスクリーム熱』ネタバレ・結末の記載がございます。『アイスクリーム熱』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

次の日も彼はアイスクリームを買いに来ました。それから同じように駅まで一緒に帰る日が何回かありました。

彼が何も言わないので、「いつアイスクリームを作りに行っていいの?」「今日でもいいの?」と聞いてみました。

彼が「いいよ」と言ったので、わたしはそのまま彼の部屋に押しかけて行きました。

真夜中を過ぎて朝の4時までかかって作ったアイスクリームは大失敗。

どろどろのお粥みたいになり、全然おいしくなかったけれども、わたしも彼も黙って食べました。

それ以来、彼はアイスクリームを買いに来なくなりました。

彼の家の方に行くこともしません。わたしは彼の家の表札で確認した名字しか知らないし、彼はわたしの名前も知らないのです。

1カ月くらいは何となく苦しい気持ちでいたけれど、2カ月にさしかかる頃には、もう何も考えなくなっていました。

それから、アイスクリームは突然閉店することになりました。わたしは次のアルバイトを探しますが、なかなか見つかりません。

そして、わたしは自分が何もできないまま、こんな大人になってしまったことを思い知らされました。

スポンサーリンク

小説『アイスクリーム熱』の感想と評価

わずか10ページ足らずの短いお話です。アイスクリーム屋でアルバイトをしている主人公がお客の男性に一目ぼれ。

いつも同じアイスを買っていく彼に興味を持ち、ある日声をかけて駅まで一緒に帰ります。

短い会話で「わたし、アイス作るの上手なの」と、嘘をつきます。本当はアイスクリームなんか作ったこともないくせに。

そしてついに彼の自宅で手作りアイスを作って一緒に食べることになったのですが・・・。

恋愛、人生はそんなに甘いものではありません。みじめな結果となり、わたしの恋も終わりを遂げます。

彼の来店を毎日待つ‟わたし”の乙女心がいっぱいつまった本作彼への一途な気持ちが述べられるのに対して、彼の気持ちは一切描かれていません。あくまでわたしサイド視線で話は展開します。

名前も知らない彼を思う主人公に、自分もそんな思いをしたことがあると共感する方も多いのではないでしょうか。

その一方では、あまりにあっけない恋の終わりに物足りなく思う方もいるでしょう。憧れていた彼と少し親しくなれば、こんなものかと思うこともたくさんあるのです。それは人生においても言えること。

初恋の切ない痛みや人生の喜怒哀楽を、アイスクリームをキーワードにコンパクトにまとめ上げた小説でした。

映画『アイスクリームフィーバー』の見どころ

原作小説は千原徹也監督によって『アイスクリームフィーバー』というタイトルで映画化決定。原作との大きな違いは、主人公が4人の女性というところです。

吉岡里帆、モトーラ世理奈、詩羽、松本まりかという4人のキャスト陣が、アイスクリームショップを舞台にそれぞれの人生模様を演じます。

吉岡里帆演じる、夢を諦めかけている常田菜摘は、アイスクリーム屋のアルバイトです。アイスクリーム屋の常連客で、人生に怯えて一歩を踏み出せないでいる作家・橋本佐保を、モトーラ世理奈が演じます。

また、10代後半でまだ恋が何かも知らない、菜摘のアルバイトの後輩・桑島貴子は詩羽、アイスクリーム屋の近所の銭湯に通う、仕事が生きがいの女性高嶋優に松本まりかが扮し、物語に厚みを持たせます。

1人の女性の恋愛話だけなく、4人の“想い”と“人生”が交錯。そこにあるのは、4人分の人生の重みでしょう。恋に仕事にと、人生を謳歌する女性たちの姿に期待します。

初監督を務める千原徹也のアートディレクターとしてのセンスが、どのように映画に反映されているのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

映画『アイスクリームフィーバー』の作品情報


(C)2023「アイスクリームフィーバー」製作委員会

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
川上未映子:『愛の夢とか』(講談社)収録の『アイスクリーム熱』

【監督】
千原徹也

【脚本】
清水匡

【キャスト】
吉岡里帆、モトーラ世理奈、詩羽、松本まりか

まとめ

芥川賞作家・川上未映子の短編小説『アイスクリーム熱』をご紹介しました。

アイスクリームにまつわる短い恋愛小説ですが、そこには初恋に翻弄される女性の瑞々しい感性と大人への第一歩が描かれています

映画化にあたっては登場人物も増えて、人生模様も複雑になると予想されます。アイスクリームも解けそうなアツいラブも用意されているのではと秘かに期待します

映画『アイスクリームフィーバー』2023年7月14日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショーです。


関連記事

ラブストーリー映画

『君に届け』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。三浦春馬と多部未華子で描く恋愛ラブストーリー!

映画『君に届け』は多部未華子と三浦春馬で描くラブストーリー! 2010年に多部未華子と三浦春馬主演で映画化された『君に届け』。 この映画は、12年前に原作漫画を青春映画に定評のある熊澤尚人監督がまとめ …

ラブストーリー映画

『フットルース』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。名曲とダンスと共にケヴィン・ベーコンの華麗なステップと身体能力に見惚れる!

若者たちの熱気あふれるロックな青春 ロックもダンスも禁止されている保守的な田舎町に越してきた青年が卒業ダンスパーティーを企画し、閉塞的な町を変えていく爽やかな青春映画です。 主人公のレンを演じるのはケ …

ラブストーリー映画

映画パーフェクトレボリューション清野菜名(ミツ)評価と演技力は?

リリー・フランキーを主演に、ヒロイン役に清野菜名を抜擢して、障がい者の恋と性をポップに描いた映画『パーフェクト・レボリューション』が、2017年9月29日(金)に公開されることが決定しました。 ヒロイ …

ラブストーリー映画

映画『寝ても覚めても』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末までのあらすじを詳細に

同じ顔をした二人の男と一人の女。人は人の何に惹かれるのでしょうか?  柴崎友香の珠玉の恋愛小説を映画化! 前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナントをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界 …

ラブストーリー映画

映画『寝ても覚めても 』あらすじネタバレ。原作結末は意外なラスト⁈

恋愛映画『寝ても覚めても』は、9月1日(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開。 柴崎友香が野間文芸新人賞を受賞した同題小説を、濱口竜介監督が映画化。201 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学