Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2019/11/22
Update

【佐藤快磨監督インタビュー】映画『歩けない僕らは』宇野愛海×落合モトキと紡げた“本当”の言葉

  • Writer :
  • 河合のび

映画『歩けない僕らは』は2019年11月23日(土)より、新宿K’s cinemaにて他全国順次公開!

理学療法士という仕事の意味、“歩く”或いは“生きる”ということの意味とは?

回復期リハビリテーション病院を舞台に、若き理学療法士と患者がリハビリという出会いを通じて互いの人生について模索しようとする様を描いた中編映画『歩けない僕らは』

その監督を務めたのが、初の長編監督作品『ガンバレとかうるせぇ』がぴあフィルムフェスティバル2014にてPFFアワード映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)&観客賞を受賞、アジア最大の映画祭・釜山国際映画祭に正式出品されるなど、国内外の様々な映画祭で高く評価された佐藤快磨です。


(C)Cinemarche

2019年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では国内コンペティション短編部門にて観客賞も受賞した本作。

このたび2019年11月23日(土)からの劇場公開を記念して、佐藤快磨監督にインタビューを行いました。

本作を監督されたきっかけや病院への取材の中で出会った主人公のモデル、今作をはじめ映画のセリフに対する監督としての思いなど、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

「外側」へ繋がるという挑戦


(C)映画『歩けない僕らは』

──映画『歩けない僕らは』を監督された経緯について、改めてお聞かせ願えませんか。

佐藤快磨監督(以下、佐藤):2016年の秋から春にかけての半年間、僕は秋田県出身だったこともあり、秋田県庁でのお仕事として移住促進PR動画の制作をしていたんです。

ただその制作を続ける中で、僕は精神的に参ってしまった。それは何故かと言うと、「やっぱり映画を撮りたい」という強い思いに駆られてしまったからに他なりません。

そんな時に、本作のプロデューサーである登山里紗さんから「回復期リハビリ病院を舞台に映画を撮ってみませんか?」というお電話をいただいたんです。

お話をいただいた当初は、自分自身や周囲の人間関係においても繋がりがない題材に対し「自分が撮っていいのだろうか?」という不安やおこがましさを感じていました。「自分には撮れない」とさえ思っていたぐらいです。

ただ、「これは挑戦だ」と一方では感じていました。

それまでの自分は内側の世界、非常に身近な世界のことばかりしか映画で描いてきませんでした。だからこそ、自分の外側にある世界に対し、自分は映画を通して何ができるのか。自分とは全く異なる世界に自分をどうリンクさせられるのかを追求したくなったんです。

これが自分にとっての転機になるかもしれない。そう感じた結果、本作を監督することを決断しました。

「歩く」という行為、「生きる」という行為


(C)映画『歩けない僕らは』

──本作の制作にあたって、佐藤監督は約半年もの間、実際の回復期リハビリテーション病院の取材を続けられたとお聞きしました。

佐藤:脚本については本当に書けませんでした。

その理由はいくつかありますが、僕は病院への取材の中で、そこに勤める理学療法士の方々はもちろん、何より病院でリハビリを続けられている患者さんたちの姿を目の当たりにしました。そして「自分は何ができるのだろうか?」と登山さんからお話をいただいた当初から抱いていた自身のおこがましさをより強く実感してしまったんです。

ですがある時、理学療法士の方の一人から「自分たちは患者さんたちを歩けるようにする仕事ではなく、“歩けるようになった後に何をしたいのか?”を患者さんたちと一緒に考える仕事をしている」という言葉をお聞きしました。その瞬間、自分が作ろうとしている映画、或いは自分自身が現実と繋がったんです。

「歩いて何をするのか?」という問いは、患者さんだけでなく自分自身や観客にも当てはまる。何より、“その先”へと向かうために自分たちは歩いていると考えた時、“生きる”という行為と“歩く”という行為が自分の中で繋がったんです。

その気づきが糸口となり、以降は一気に本作の脚本を書き進めていきました。

スポンサーリンク

綺麗過ぎる涙


(C)映画『歩けない僕らは』

──宇野愛海さん演じる主人公・遥は新人の理学療法士ですが、そもそも主人公を「新人の理学療法士」にされた理由についてお聞かせ願えませんか。

佐藤:病院への初取材には主人公・遥を演じられた宇野愛海さんと伺ったんですが、ただ当時はどのような物語を描くのか、主人公をどのような人物にするのかもほとんど決まっていませんでした。

その取材時に、僕たちは仕事を初めて一年だという理学療法士の女性にお話を伺うことができました。そして彼女は、ある患者さんの夢を叶えられないまま退院させてしまった過去について語られた際に、悔し泣きをされたんです。その涙が、綺麗過ぎるほどに、本当に綺麗だったんです。

彼女の涙を目にした僕は「この涙は今しか流せない。この職業を続けていく上でこの涙はどう変わっていくんだろう」「彼女は今後どう変わっていくんだろう」と感じました。そして「この理学療法士の女性をモデルに主人公を描こう」と決めたんです。

モデルとなった女性が理学療法士として、一人の人間としてどう変化していくのか。その様子を映画の中で見つけたいと感じたんです。

また当時、一緒に女性のお話をお聞きしていた宇野さんも涙されていました。そうして宇野さんと理学療法士の女性の姿が自分の中で重なったことも大きな理由です。

「もし自分自身が突然歩けなくなったら」を描く


(C)映画『歩けない僕らは』

──落合モトキさんが演じられた、回復期リハビリテーション病院に入院する患者・柘植にもモデルとなった方は存在するのでしょうか。

佐藤:リハビリの経過などはモデルとした方がいるのですが、ドラマ部分は明確にモデルとなった方がいるわけではなく、柘植は「もし自分自身が突然歩けなくなってしまったら?」と考え抜いた結果であり、その問いと向き合った自分自身を重ね合わせていった人物です。そういう意味では、本作は「理学療法士の遥VS患者となった自分」の物語だともいえます。

「結婚や仕事など、人生の分岐点に差し掛かっていた中で突然歩けなくなってしまった男」という柘植の設定に、落合さん自身のアイデアや意見も加わっていったことで、キャラクターが形成されていきました。

──柘植という人物を描くにあたって、彼を演じられた落合さんとはどのようなやりとりをされましたか。

佐藤:特に落合さんと話し合ったのは、やはり初めて回復期リハビリテーション病院に訪れた場面での柘植の表情です。

決して、「どん底にいる」と周囲に思わせる表情は見せない。それでは柘植はどこまで、周囲の目からは明るそうに見える表情や振舞いをするのか。彼がどのようにして、周囲に対する殻を被っているのか。

やがて自身の不安や絶望を露わにしていく柘植の変化を表現するためにも、その始点となる表情を落合さんと話し合いました。

スポンサーリンク

作為的な結末ではなく


(C)Cinemarche

──また本作の結末についてなのですが、佐藤監督ご自身が書き上げられた脚本と完成された映画とでは結末が異なるとお聞きしました。

佐藤:回復期リハビリテーション病院という場所は、理学療法士と患者という限られた人間関係に基づく空間であり、ある意味「外側」の世界と乖離している空間といえます。

そのため元々の結末では、遥が病院外で退院後の柘植と再会し、その結果病院内で形成された二人の信頼関係が「外側」の世界で崩壊する様を描こうとしていました。そうすることで、人間関係というものが非常に多面的であることを遥自身に気づかせようとしたんです。

ですが編集を進めていく中で、その結末はあまりにも作為的に見えてきました。「自分が目にしたあの綺麗過ぎる涙を、ただ汚したいがためだけにこの結末を描いたのではないか?」と感じられたんです。

宇野さんと落合さんが演じる遥と柘植が架空の物語と現実の撮影の狭間で形成していった関係性が、自分の自己満足といえる嘘で壊れてしまう。それだけはどうしても拒みたかったんです。

その結果、結末を大幅に修正し、遥の理学療法士としての人生が今後も続いていくことを観客に予感させるような結末へと変えました。彼女自身も歩く意味を見失いつつあったものの、柘植とのリハビリを経たことで背筋が伸び、再び人生を歩き始めたのだと。

人と人が繋がるための「本当」


(C)映画『歩けない僕らは』

──リハビリを通じて、主人公・遥と柘植はお互いに“歩く”という行為の意味を相手に気付かされます。そんな二人の姿からは、リハビリの本質が「人と人が繋がる」ということにあると感じられました。

佐藤:リハビリという行為における主体は、常に患者さんにあります。それは“歩く”という行為を試み続けるのが患者さん自身だからでもあるんですが、取材の中で僕は「先に諦めてしまうのはいつも理学療法士」という言葉をお聞きしました。

理学療法士はリハビリの開始から一ヶ月半後にかけての患者さんの容態を見て「この人はどこまで回復するのか」を推測できてしまう。ですが患者さんが諦めなければ、その推測を超えられるという例が多々あると教えてくださったんです。

そのため本作は「遥が柘植をどこまで応援することができるのか?」を探る物語でもありました。柘植からは迷惑だと感じられたとしても、それでも彼を応援し続け、彼女の思いが柘植へ届くまでの過程を描きたかったんです。結果として、理学療法士と患者さんという関係ではあるものの、遥と柘植の間には繋がりが生まれたのは確かです。

そして人と人が繋がるには、やはり言葉しかありません。ですが言葉のどれが嘘でどれが本当なのかは、その言葉を放った本人ですら分からないことは多々あります。

だからこそ嘘にも本音にも聞こえる言葉を脚本内のセリフとして描きましたし、宇野さんと落合さんにもそれらを読み取った上でお互いに話し合い、実際にお芝居の中で互いの感情をぶつけ合うことで表現していただきました。

特に映画終盤で二人が病院内で対峙する場面は、遥を演じる宇野さんがぶつけたセリフが、“本当の言葉”として柘植を演じる落合さんへと届いた場面になったと感じています。

あの場面における遥のセリフは、それを書いた張本人の自分ですら聞いていて恥ずかしくなる言葉だと感じていました(笑)。ですが、宇野さんはその言葉を真っすぐに、柘植を演じる落合さんへとぶつけてくれました。だからこそ落合さんも柘植という役を通して“本当の言葉”に応え、あの場面が映画として成立したんです。


(C)Cinemarche

佐藤:本作が2019年度のSKIPシティ映画祭で上映された際にも、「大抵が浮いてしまいそうな言葉も、この映画では“本当の言葉”に聞こえてきた」「あのセリフが、この映画の中ではちゃんと生きていた」とあの場面に関する感想を多くいただけました。

僕はセリフを、映画において重要なものの一つだと捉えています。そして脚本内で紡いでいったセリフを、役者さんとともにどう“本当の言葉”或いは“生きた言葉”として描いていくのかが、映画制作の中で自分が「面白い」「だから頑張りたい」と思っていることでもあります。

だからこそ“本当”にしようと悩み考え続けた言葉が、柘植や彼を演じる落合さんはもちろん、映画を観たお客さんの元にまで届いたのだと知った時には、本当に嬉しかったです。

インタビュー/河合のび
撮影/出町光識

佐藤快磨監督のプロフィール

1989年生まれ、秋田県出身。

2012年よりニューシネマワークショップ映画クリエイターコースを受講、『舞い散る夜』(2012)、『ぶらざぁ』(2013)を監督。

その後ニューシネマワークショップ制作部に所属し、初の長編監督作品『ガンバレとかうるせぇ』(2014)が、ぴあフィルムフェスティバル・PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞を受賞。第19回釜山国際映画祭・コンペティション部門にもノミネートされるなど、国内外の様々な映画祭で高く評価される。

文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」にニューシネマワークショップより推薦され、アスミック・エース制作で、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』 (出演:太賀、岸井ゆきの)を監督。

2018年、「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」の監督の一人に選ばれ監督した松岡菜摘主演の『きっとゲリラ豪雨』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭に招待。また、バウムアンドクーヘンの役者を使った短編映画『ハッピーハッピーサタデー』が池袋シネマ・ロサにて公開された。

映画『歩けない僕らは』の作品情報

【公開】
2019年11月23日(日本映画)

【監督・脚本・編集】
佐藤快磨

【キャスト】
宇野愛海、落合モトキ、板橋駿谷、堀春菜、細川岳、門田宗大、山中聡、佐々木すみ江

【作品概要】
回復期リハビリテーション病院を舞台に、新人理学療法士の主人公・遥と、彼女を取り巻く人びとを描いた中編映画。

主人公の遥役を岩井俊二プロデュースの連続ドラマ『なぞの転校生』(2014)、 映画『罪の余白』(2015)の宇野愛海、患者の柘植役を『桐島、部活やめるってよ』(2012)、「おっさんずラブ 単発版」(2016)、『笑う招き猫』(2017)の落合モトキが演じます。

監督・脚本は、初長編作『ガンバレとかうるせぇ』がぴあフィルムフェスティバル・PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞を受賞した佐藤快磨が務めます。

映画『歩けない僕らは』のあらすじ

宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。

まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っています。

担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してきました。

仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。

遥は初めて入院から退院までを担当することになりました。

「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。

日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まり…。

映画『歩けない僕らは』初日舞台挨拶&トークイベント情報


(C)映画『歩けない僕らは』

映画『歩けない僕らは』、併映作品『ガンバレとかうるせぇ』の新宿K’s cinemaでの初日舞台挨拶・トークイベントの開催が決定!

●11/23(土)10:00の回上映前
【ゲスト】
宇野愛海、落合モトキ、堀春菜、細川岳、山中聡、佐藤快磨監督

●11/24(日)10:00の回上映前
【ゲスト】
宇野愛海、落合モトキ、佐藤快磨監督
※お客様からのQ&Aの時間あり

●11/27(水)10:00の回上映前
【ゲスト】
落合モトキ、板橋駿谷、佐藤快磨監督
※お客様からのQ&Aの時間あり

●11/28(木)10:00の回上映後
【ゲスト】
門田宗大、佐藤快磨監督
※お客様からのQ&Aの時間あり

●11/29(金)10:00の回上映後
【ゲスト】
堀春菜
※お客様からのQ&Aの時間あり

※追加の登壇者・日程など詳細につきましては、映画『歩けない僕らは』公式サイト公式SNSK’s cinema公式サイトにてご確認ください。
※登壇者、トークイベントは急遽変更や中止になる場合もございます。
※各回、フォトセッションの時間のみ、お客様も写真撮影が可能です。

映画『歩けない僕らは』初日舞台挨拶&トークイベント紹介ページはコチラ→


関連記事

インタビュー特集

【越川道夫監督インタビュー】映画『夕陽のあと』現代家族の形の中心に子どもを捉えた時、物語は新たな可能性を生み出す

映画『夕陽のあと』越川道夫監督インタビュー 2019年11月8日(金)より全国公開された『夕陽のあと』は、鹿児島の長島町の有志組織「長島大陸映画実行委員会」が立ち上げた企画。 豊かな自然と漁業を中心と …

インタビュー特集

【サメフ・ゾアビ監督インタビュー】映画『テルアビブ・オン・ファイア』フィクションこそが「ありのまま」の私として生きる道

映画『テルアビブ・オン・ファイア』が11月22日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開! 映画『テルアビブ・オン・ファイア』は、イスラエルとパレスチナの問題の深刻な課 …

インタビュー特集

【結城貴史インタビュー】映画『藍色少年少女』プロデューサーに聞く未来へ繋ぐ作品づくり

映画『藍色少年少女』が、2019年7月26日(金)より、アップリンク吉祥寺にてロードショー! 自然豊かな藤野町を舞台に、福島からやって来た子どもたちと地元の子どもたちが「保養活動」を通して交流する一夏 …

インタビュー特集

【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力

映画『ある船頭の話』主演・柄本明インタビュー 2019年9月13日(金)より全国ロードショーされるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』は、第76回ヴェネチア国際映画祭“ヴェニス・デイズ”部門に …

インタビュー特集

【ロベルト・アンドー監督インタビュー】新作映画『盗まれたカラヴァッジョ(仮)』自作に込めた想いと映画への愛を語る

2020年新春、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショーされる映画『盗まれたカラヴァッジョ(仮題)』 イタリアの名優トニ・セルヴィッロが一人二役に挑んだ政治ドラマ『ローマに消え …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP