Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/09/21
Update

【事故物件の映画考察】なぜ4軒目入居で“黒い悪霊”に襲われたのか⁈不動産屋で変死する横水の理由も解説

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

殺人や自殺など何かしらの死亡事故が起きた、いわくつきの部屋を指す「事故物件」。

この事故物件に住み、自身の体験を書籍にしている「事故物件住みます芸人」である、松原タニシの原作を、中田秀夫が映像化した『事故物件 恐い間取り』。

今回は、後半の展開に着目し「何故、山野は4軒目で襲われたのか?」を考察していきます。

スポンサーリンク

映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会
お笑いコンビ「ジョナサンズ」として活動している、山野ヤマメ。

山野は、相方の中井とコンビで活動していますが、10年やっても売れない為、中井に解散を突き付けられます。傷心のまま、帰宅しようとした山野に、ライブを見ていた小坂梓が話しかけます。

「ネタが面白かった」と絶賛する梓に、山野は「もう使わない」と、コントで使ったビニール傘を渡します。

一方でテレビ番組プロデューサーの松尾にも挨拶に行った際、中井が新たに放送作家として活動を開始する事を知った松尾は、視聴率が低迷している自身の番組の企画案を出させます。

ですが、中井の提案は使えない企画ばかりで、がっかりした松尾は、その場を退席しようとします。何とか松尾を引き留めたい、中井が提案したのは、同期の芸人から聞いた事故物件の話です。

ある事故物件に住んだ芸人が、精神に異常をきたし、最後は芸人を辞めて実家に帰ってしまったという話なのですが、それを聞いた松尾は、ピンで仕事も無い山野に、事故物件に住んで、その様子を撮影させるという企画を考えます。

最初は戸惑っていた山野ですが、松尾が事故物件を見つけて来たので、仕方なく事故物件に住む事になりますが、それがすべての恐怖の始まりでした…。

映画『事故物件 恐い間取り』感想と評価


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

映画『事故物件 恐い間取り』では、テレビ番組の企画で、無理やり事故物件に住む事になった芸人、山野ヤマメが遭遇する数々の恐怖を描いています。

そして、一見すると無関係に思える、4つの事故物件エピソードを、謎の黒装束姿の男が1つに繋いでいる事が、本作の特徴です。

黒装束姿の男は、一軒目からその姿を見せていますが、霊感の強い梓しか、その存在を感じる事はありませんした。

しかし、事故物件4軒で、黒装束姿の男は、山野の前にハッキリを姿を見せて襲い掛かってきます。

何故、黒装束姿の男は山野に4軒目で襲ってきたのでしょうか?

それは、山野が事故物件に関する感覚が麻痺してしまい、「あの世に連れて行かれる」条件が揃った為と思われます。

スポンサーリンク

事故物件の1軒目


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

まず、事故物件1軒目では、山野は自分が住むマンションに貼られている「6階立ち入り禁止」の張り紙に反応するなど、かなり事故物件を恐れていました。

いわくつきの場所になんて、ほとんどの人が住みたくないはずなので、これは当然の反応でしょう。

ですが「事故物件芸人」として需要が増えていく中で、山野は事故物件に住む事を「ネタ」として考えるようになります。

1軒目の事故物件で、交通事故に遭った時点で、普通は怖くなり辞めますが、世間の反響が大きかった事で、山野は逆に手応えを感じるようになります。

さらに山野の事故物件に関する恐怖が、麻痺している事が分かる印象的な場面があります。

事故物件の2軒目


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

2軒目の事故物件で、中井の携帯電話に入っていた謎のメッセージが、前にこの部屋で亡くなった老婆の、最後の言葉と分かり「これはネタになるぞ」と呟く場面です。

この時点で、山野は事故物件での怪現象から、逃げる事を考えるどころか「事故物件芸人として、ネタになるか?どうか?」の判断しかしなくなっているのです。

「事故物件慣れ」をし始めた事で、一般の人間と感覚がズレ始めている事が分かりますね。

スポンサーリンク

事故物件の3軒目


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

そして3軒目で、山野は無意識に首にベルトをかけて、前の住人と同じように首つり自殺を図ります。

梓により助かりますが、山野が事故物件に住み続ける事で、徐々に精神が病んでいっており「あの世との波長が合い始めた」そんな印象すら抱きます。

急展開する4軒目の事故物件


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

そして、問題となる4軒目の事故物件で、山野が恐怖に対して、感覚が麻痺している事が露呈されます。

引っ越してすぐに、誰もいない場所でセンサーが反応して、ライトが点灯したり、部屋のドアが勝手に開いたりするのですが、山野は気にする様子を見せません。

それどころか、事故物件の中から、ライブ配信を始めるという行動に出て、完全に霊現象をネタにするようになります。

山野と距離を置くようになっていた梓が、そのライブ配信を見て異常な空気を感じますが、この時点で、山野は「事故物件の住人」として馴染んでしまい、幽霊に近い側の存在となってしまっているのです。

そして、そのタイミングで、黒装束姿の男が現れ、山野を「あちら側」に連れて行こうとしたと読み取れます。

映画『事故物件 恐い間取り』は、4軒の事故物件での恐怖を、オムニバスのように見せる作品ですが、山野が事故物件に対して、警戒心が無くなり、心が病んで、あの世に連れて行かれる条件が揃っていく様子を、一貫して表現していたのです。

4軒目という数字が「死」を暗示させる為、そこも不気味な感じがしますね。

まとめ(不動産の女社員・横水の変死を解説)


(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会
本作で黒装束姿の男に、狙われるキャラクターがもう1人います。

事故物件を専門に扱っていた不動産の社員、横水です。

事故物件は、一度でも人が住めば告知義務が無くなる為、横水は山野に事故物件を勧めまくっていました。

他所から見れば、とんでもない事をしているように見えますが、最後に中井が山野の所へ駆け付けたのは、横水の指示でした。

もしかすると、横水は黒装束の男の存在に気付き、どこかで除霊を狙っていたのかもしれません。

そして、その除霊の為の囮として、山野を使い続けていたとも解釈できます。

そう考えると、ラストで黒装束の男によって、命を奪われた横水は、完全に敗北してしまったと言えます。

事故物件は、創作物ではなく、実際に存在している物件です。

そこには、人間では太刀打ちできない、特殊な存在がいるのかもしれません。

面白半分で事故物件に関わって、作中の山野のように、幽霊と波長が合わないように気を付けましょう。

関連記事

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

映画『オンリーラヴァーズ・レフト・アライヴ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ【ジム・ジャームッシュ作品】

生き残ったのは恋人達だけ。 朽ちて行くこの世で唯一美しいものとは。 2020年6月、ようやく日本公開となったゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』のジム・ジャームッシュ監督の、2013年の作品『オンリー・ …

ホラー映画

映画『ザ・スイッチ』ネタバレ感想とラスト結末の考察解説。ハッピー・デス・デイの監督がシリアルキラーと女子高生のボディスワップを描く

世界中で話題騒然!コメディ・ハイティーン・スラッシャー映画『ザ・スイッチ』。 映画『ザ・スイッチ』は、2020年11月にアメリカや欧州などで劇場公開され、アジアではいち早く韓国公開された作品。 しかも …

ホラー映画

『死霊院 世界で最も呪われた事件』あらすじネタバレと感想。実話ホラー映画の真相をおすすめ作品とともに解説

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 第2弾となる作品が『死霊院 世界で最も呪われた事件』です。 ルーマニ …

ホラー映画

樹海村ネタバレ感想|犬鳴村の遼太郎&明菜の再登場シーンを考察解説!“別世界線”説からみえる避けがたき呪いと死

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学