Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/10/08
Update

映画『血を吸う粘土~派生』あらすじと感想レビュー。1作目結末の真相ネタバレから始まるカカメの恐怖とは

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」は2019年10月11日(金)より全国3か所で開催。

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。

「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画祭「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」が、東京と名古屋、大阪で開催されます。

今回は「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」上映作品となる『血を吸う粘土~派生』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『血を吸う粘土~派生』の作品情報


(C)2019「血を吸う粘土 派生」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
梅沢壮一

【キャスト】
藤井愛稀、AMIKO、藍染カレン、正本レイラ、美鈴、やね、ろるらり、笹野鈴々音、笠原紳司、津田寛治、黒沢あすか

【作品概要】
映画、テレビ、CM等で活躍する特殊メイクアーティスト梅沢壮一が、監督と脚本を担当した長編デビュー作『血を吸う粘土』の続編。

生き物を襲う事で成長する吸血粘土「カカメ」の恐怖を、『ファミリー☆ウォーズ』などで知られる藤井愛稀を始めとした、新進気鋭の若手女優出演で描いています。

前作に引き続き、津田寛治や黒沢あすかも出演しています。

前作『血を吸う粘土』(2017年)のあらすじ


(C)2017「血を吸う粘土」製作委員会 キングレコード/ソイチウム

まずは前作『血を吸う粘土』(2017年)のおさらいから。

造形作家の工房だった場所を利用し、地方で美術専門予備校「アイナアカデミー」を運営している、藍那ゆり。

藍那は、「アイナアカデミー」の近くに埋まっていた、ある粘土を掘り起こします。

「アイナアカデミー」の生徒たちは、東京の芸術学校へ進学する為に、日夜勉強をしていました。

そこへ、東京で美術の短期間の研修を積んだ、日高香織が戻ってきます。

東京で格段に腕を上げた香織の存在が、「アイナアカデミー」に新たな刺激を与え、特に友人の望月愛子は、香織の成長に焦りを感じます。

ある日、造形の課題に取り掛かろうとした香織は、これまで自分が使っていた粘土が見当たらなかった事から、藍那が掘り起こした粘土を使用します。

その日を境に「アイナアカデミー」の生徒が、次々と何者かに襲われて姿を消していくようになります。

残された、愛子と藍那の前に現れたのは、怪物の正体を知っている男、伏見恭三でした。

恭三は、かつて友人だった、彫刻作家の三田塚をマネジメントしていました。

三田塚は、自身の作品で東京に出る事を夢見ていましたが、借金を抱えていた恭三に、作品の売り上げをごまかされていた事を知ります。

病気を患い、自分に先が無いと感じた三田塚は、東京進出の夢を自身最後の作品「カカメ」に託します。

三田塚の生き血を吸った粘土で作られた「カカメ」は、生き物の血を吸う事で成長していきます。

自身の過去の過ちと対峙するように「カカメ」に立ち向かった恭三も命を落とす中、愛子と藍那は「カカメ」を止めようとしますが…。

スポンサーリンク

映画『血を吸う粘土~派生』のあらすじ


(C)2019「血を吸う粘土 派生」製作委員会

「カカメ」により命を落とした伏見恭三の娘、果林。

家族を捨てた恭三を憎んでいた果林ですが、火葬場で焼かれた恭三の遺骨を渡されます。

芸術学校への進学を希望しながらも、金銭的な事情で叶わない果林は、アーティストの木多天が主催する、美術作品制作キャンプに参加し、5人の女性と共にプロジェクトに挑む事になります。

しかし、キャンプに持ち込まれた恭三の遺骨から、「カカメ」が復活を遂げます。

一方、病院で意識不明の状態から目覚めた藍那ゆりは、警察に「カカメ」の事を話ますが全く相手にされず、伏見恭三の死は、殺人事件として扱われます。

病院を脱走した藍那は「カカメ」の動きを察知し、果林達のいる美術作品制作キャンプに向かいますが…。

映画『血を吸う粘土~派生』の感想と評価


(C)2019「血を吸う粘土 派生」製作委員会

恐怖の粘土人形「カカメ」

彫刻作家の三田塚が、東京へ進出する願いを込めた、恐怖の粘土人形「カカメ」。

生き物の血を吸うことで成長し、殺した生き物に姿を変える「擬態能力」を持っています。

刃物を振り回しながら攻撃をしてくるのですが、映画『チャイルド・プレイ』の殺人人形、チャッキー同様「人形が殺意を持って、刃物を振り回してくる」光景というのは、かなり異様で恐ろしいです。

「カカメ」最大の特徴は、完全に消滅させる事が無理という点です。

弱点である火で、体を固くして粉砕させる事はできますが、元々が命の無い存在なので、粉上になっても水分を吸収すると復活し、また生き物の血を吸い、成長していくのです。

「不死身」というシンプルですが、この上なく厄介な特徴を持つ「カカメ」。

この恐怖を描いたのが「血を吸う粘土」シリーズです。

『血を吸う粘土~派生』では、粘土で作られている「カカメ」が『遊星からの物体x』を連想するような動きを見せるなど、不気味さが増しています。

1作目のラストの秘密が明かされる

伏見恭三の意思を継ぎ、「カカメ」と戦う役回りになるのが、前回に引き続き、黒沢あすか演じる藍那ゆり。

警察すらも存在を信じない「カカメ」と、1人で戦う事になる『ターミネーター2』のサラ・コナーのような存在となっています。

前述したように、「カカメ」は不死身の存在。

一時的に倒す事は出来ても、消滅させる事は不可能な「カカメ」に、立ち向かう術はあるのでしょうか?

そして、前作で「カカメ」により命を落とした恭三は、今作でも登場するのですが、かなりインパクトの強いシーンとなっていますので、そこも注目して下さい。

また、1作目を鑑賞した人であれば、「何が起きたのか?」と必ず気になっているラストの真相が、2作目の本作で明らかになります。

ストーリーも1作目と2作目が続いているので、前作をチェックしての鑑賞を、お勧めします。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「血を吸う粘土 派生」製作委員会

「血を吸う粘土」シリーズは、芸術という特殊な世界に足を踏み入れた人々の、人間ドラマでもあります。

他者に評価される事で成立する、芸術の世界は、決まった道筋も保証もない、不安定な世界と言えます。

1作目では、地方にいる事の葛藤を抱えた若者を描き、2作目では、芸術家になれても、そこから1つ抜け出さなければならない、厳しい現実が描かれています。

成功するのは、本当に一握りの人間である芸術の世界は、他人への妬みや自己嫌悪が渦巻いているのかもしれません。

東京で成功する事を果たせなかった、三田塚の怨念が込められた「カカメ」は、消滅させる事が不可能な辺り、究極の作品と言えなくもありません。

「血を吸う粘土」シリーズに登場する人物は、ほぼ全員が芸術の世界を目指す人々なので、誰もが三田塚の様な、異常な領域に足を踏み入れる可能性があるのです。

では、異常な領域に足を踏み入れかけた時、それを止めるのは誰か?

おそらく家族や友人といった「大切な存在」となるでしょう。

本作では、そんな人間関係の大切さも描かれており、「カカメ」に対抗する手段ともなっています。

2作続けて鑑賞すると、作風の違いやテーマなど、テイストの違いに気付き更に楽しめますよ。

『血を吸う粘土~派生』は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」にて上映される作品で、10月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、名古屋のシネマスコーレの3劇場で開催されます。

「カカメ」の恐怖を、ぜひ味わって下さい。




関連記事

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

映画『オーヴァーロード』ネタバレ感想。ゾンビ×ナチスをJJエイブラムスが極上エンタメ作品に

映画『オーヴァーロード』は2019年5月10日より全国ロードショー公開 あのJ・J・エイブラムスがプロデュースした戦争アクション×ゾンビ映画! 荒唐無稽でB級映画チックな設定を、一流のクリエイターたち …

ホラー映画

映画『死霊館 エンフィールド事件』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

惜しげもなく現実に存在する怖さを知らしめた前作『死霊館』の続編『死霊館 エンフィールド事件』。 大人気シリーズ「死霊館」の第2作『死霊館 エンフィールド事件』を紹介していきます。 スポンサーリンク C …

ホラー映画

ホラー映画『生き人形マリア』あらすじネタバレと感想。結末まで怖い亡きデラマス監督の世界観

『生き人形マリア』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。 殺人人形チャッキー、呪いの少女人形アナベル…。 映画界を震撼させてきた、人の情念宿った人形たちによって引き起こされ …

ホラー映画

映画『オンリーラヴァーズ・レフト・アライヴ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ【ジム・ジャームッシュ作品】

生き残ったのは恋人達だけ。 朽ちて行くこの世で唯一美しいものとは。 2020年6月、ようやく日本公開となったゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』のジム・ジャームッシュ監督の、2013年の作品『オンリー・ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP