Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2017/09/22
Update

『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』あらすじとキャスト!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

平和を守る氷の魔術師vs炎の怪物を操る闇の魔術師!今世紀最大の戦いが幕を開ける!

ロシア発、至上屈指のスケールで描く、SFファンタジーアクション超大作です。

また『オーガストウォーズ』に出演のヒョードル・ボンダルチュークや、『炎628』で鮮烈なデビューを見せたアレクセイ・クラフチェンコなど、ロシアを代表する俳優陣が集結も見逃せません!

スポンサーリンク

1.映画『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』の作品情報

【公開】
2017年(ロシア映画)

【監督】
アレクサンドル・ヴォイティンスキ

【キャスト】
ヒョードル・ボンダルチューク、アレクセイ・クラフチェンコ、タイシヤ・ビルコバ、ニキータ・ヴォルコフ、ウラジミール・ゴスティウキン、セルゲイ・バデューク

【作品概要】
ロシア国内では動員70万人以上の大ヒット記録、『ウォンテッド』や『ナイト・ウォッチ』を手掛けた世界で活躍するVFXスタッフが圧巻の映像美を見せるSFファンタジー作品。

出演は『オーガストウォーズ』の製作兼出演のヒョードル・ボンダルチュークや『炎628』にて映画デビューを果たしたアレクセイ・クラフチェンコなど、ロシアを代表する俳優共演。

2.映画『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』のあらすじ


© ENJOY MOVIES Ltd, 2016 г. © ANGEL Ltd, 2016 г. © RENOVATIO Ltd, 2016 г.

はるか昔、氷を操る魔術師ミランと6人の兄は、炎の怪物を操り最強と謳われた“月の剣”で世界を滅亡させようと企む闇の魔術師との戦いに打ち勝ち、封印をさせます。

それから長い月日が流れた現在のロシア。

ミランたち兄弟は、サンタクロースと呼ばれる雪の精霊に姿を変え、若者たちの力を借りながら密かに平和を守っていました。

しかし、ある人物の裏切りによって世界各地に隠した剣の封印を守る鍵が奪われ、剣はかつて世界を滅ぼそうとした魔術師の手に…。

人類と世界の平和を守るため、魔術師たちの戦いがふたたび始まる!

スポンサーリンク

3.映画『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』の感想と評価

ロシアで制作された今作『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』は、世界最高峰のVFXスタッフが集結して作られた、魔術師たちの戦いを描いたSFファンタジーアクションです。

ロシア版のサンタ(ジェド・マロース)をモチーフに現代のモスクワで魔術師同士の壮絶なバトルが繰り広げられる物語は超超大作としての見どころになります。

ロシア本国では20世紀FOXが配給を行い、70万人の動員を記録する大ヒットとなり注目を集めました。

参考映像:アレクセイ・クラフチェンコ出演の『炎628』(1985)

キャストは、米サイトTaste of Cinemaが選ぶ「長編映画デビュー作で最高の演技を披露した俳優20人」に、『レオン』などのナタリー・ポートマンや『市民ケーン』などのオーソン・ウェルズたちとともに選ばれた、『炎628』などのアレクセイ・クラフチェンコが出演しています。

参考映像:『オーガストウォーズ』(2012)

また、2013年に日本公開された『オーガストウォーズ』などのプロデューサーとしても活躍するヒョードル・ボンダルチュークも出演を務めています。

さらに、『エターナル-奇蹟の出会い-』のタイシヤ・ビルコバ、『極限水域 ファースト・アフター・ゴッド』のニキータ・ヴォルコフやウラジミール・ゴスティウキン、『ロシアン・ブレイカーズ』のセルゲイ・バデュークなども共演。

このようにロシア映画界を代表する俳優陣が集結しているのも、今作『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』の華やかな見どころのひとつとなっています。

参考資料『ナイトウォッチ

さらに技術スタッフは、2004年の映画『ナイトウォッチ』や2008年の『ウォンテッド』など世界で活躍するVFXスタッフが参加しています。

彼らの作り出した作風は新たなファンタジックに挑戦をして、その世界観と大迫力のバトルシーンは圧巻といえます。

世界屈指のスタッフがキャストとともに贈る最高のエンターテイメント作にどこをとっても見どころと言えるでしょう。

まとめ

今作『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』の監督は、『ナイトライダー』などで知られるアレクサンドル・ヴォイティンスキ監督。

DVDレンタル&セルは、2017年11月2日(木)より開始です。

またこの映画は老若男女と年代問わず、楽しんでいただける作品となっています。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ファンタジー映画

映画『ダークシャドウ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

可愛らしさと不気味さが混在する世界観が人気のティム・バートン監督作品。 今回取り上げるのはそんなバートン監督が人気ソープオペラを映画化した『ダーク・シャドウ』です。 ゴシック好きにはたまらない魅力が詰 …

ファンタジー映画

映画『神様メール』動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと考察

もしも、神様が限りなく今の人間に近い生活を送っていたら…? そんな設定の下、新約聖書をテーマに、キュートな女の子が人間界に余命宣告のメールを一斉送信するという、鬼畜生な展開でありながら、どこかシュール …

ファンタジー映画

実写映画『鋼の錬金術師』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。【キャスト山田涼介×水石亜飛夢×本田翼共演】

『鋼の錬金術師』は、原作者・荒川弘の人気コミックをファンの間では通称ハガレンと呼ばれ多くの支持を集め、テレビアニメで2回、劇場用アニメの2回を経て、ついに実写映画化され、2017年12月1日より公開さ …

ファンタジー映画

メリーポピンズリターンズ(2018)ネタバレ感想。続編キャストはエミリー・ブラントしかいないと監督から熱烈オファー!

ディズニーの普及の名作映画『メリー・ポピンズ』の続編が54年ぶりについに登場! 楽しい歌とダンスに、うっとりする映像美で、観客に新たな魔法をかけます。 そして普遍的な感動を与える教訓に満ちたストーリー …

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ポーランド発のグロテスクな人魚姉妹とは⁈】

今回ご紹介するのは美しい伝説の生き物を主人公にした、ポーランド発の映画『ゆれる人魚』(2015)です。 アンデルセンの童話『人魚姫』に依ったストーリーながら少々グロテスクで哀しい、大人のためのおとぎ話 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学