Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『ルームロンダリング』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ルームロンダリング』は、7月7日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

シナリオコンペ受賞作を長編実写化する「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」の準グランプリ作品が待望の映像化。

崔洋一、廣木隆一、豊田利晃、羽住英一郎、中村義洋といった錚々たるヒットメーカーの元で助監督を務めていた片桐健滋が監督デビューを飾った作品です。

ヒロインには池田エライザ、共演に健太郎、光宗薫、オダギリジョーや渋川清彦ら実力派は助監督時代からの縁で出演が実現。

スポンサーリンク

映画『ルームロンダリング』の作品情報


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【脚本・監督】
片桐健滋

【キャスト】
池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫、木下隆行、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えり、オダギリジョー

【作品概要】
新人映像クリエイターの発掘を目的にした「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グランプリ獲得したオリジナル・ストーリーを映画化。

訳あり物件を浄化する主人公の八雲御子役を池田エライザが演じ、叔父の悟朗役をオダギリジョーが務めたほか、健太郎、渋川清彦、光宗薫たちが共演。

「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」の準グランプリ作品を初長編監督した片桐健滋の監督作です。

映画『ルームロンダリング』のキャラクターと配役


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

八雲御子(池田エライザ)
心霊体質の女性でルームロンダリングを生業にしている、趣味は絵を描くことと読書。

八雲悟郎(オダギリジョー)
御子の叔父、ヤクザな不動産会社の営む。御子の母と、祖母の霊の頼みを受けて御子の面倒を見る。

虹川亜紀人(健太郎)
御子が引っ越してきた物件の隣人。小説家志望。

春日公比古(渋川清彦)
中年パンクロッカー、世の中に悲観したはずみでバスタブで自死。

千夏本悠希(光宗薫)
帰宅したときに突然襲われ殺されてしまったOL。趣味はコスプレ。

スポンサーリンク

映画『ルームロンダリング』のあらすじ


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

ルームロンダリングとは、事故物件などに敢えて入居して物件の過去をリセットする仕事。

幼い頃に両親と別れ、今はやくざな不動産業を営む叔父の悟郎に面倒を見てもらっている八雲御子。

彼女の今の仕事は、自前の心霊体質を活かして事故物件に入居してそこにいる霊の話を聞いて成仏してもらったり、恨み辛みを捨ててもらうことです。

今回の物件は1K・4万円。住人はバスタブで自死したパンクロッカー春日公比古。

入居した夜に公比古は自分の姿見える御子に驚くが、御子にとってはいつものことなので特に驚くこともなく、奇妙な共同生活を始めます。

公比古の願いは自分のデモテープをレコード会社に送ってほしいということ、御子にとっては面倒で仕方がありません。


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

そんなとき悟郎から次の物件への引っ越しを言い渡されます。公比古の願いを放置して御子は次の物件へ。

次の物件は2K・10万円。プライベートでコスプレ趣味をもつOLの千夏本悠希が、帰宅時に何者かに背後から包丁で刺され亡くなった物件でした。

事件から間もなく引っ越してきたことで、隣人の小説家志望の亜紀人や地元巡回の警官から注意するように言われます。


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

しかし、両親と幼い頃に分かれ、それ以来、独りで過ごし続けてきた御子。しかも、ルームロンダリング業として“隣人との交流はご法度”なこともあって、生返事ですぐに扉を閉めます。

部屋には、突然命を奪われた恨みを抱えて、ぼやき続ける悠希に頭を悩ませながらも、自分の世界にこもったまま。

そこになぜか公比古が姿を現します。どうやら公比古は部屋ではなく、御子がまだレコード会社に送らずに持っていたデモテープに憑りついていたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ルームロンダリング』ネタバレ・結末の記載がございます。『ルームロンダリング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

御子の知らないところで、なぜか意気投合する悠希と公比古。

公比古は悠希殺しの犯人捜しを御子に頼むが、自分はただ霊が見れるだけで何もできることはないと、より一層自分の殻に閉じこもります。

その姿を見ていた悟郎は、御子が心を閉ざすきっかけになった母親の存在のことに想いを馳せます。

実は母親はすでにこの世にはいなくて、かつての御子の家の跡地に地縛霊となっていたのです。

悟郎だけでなく、御子の母がたの家系は心霊体質で、悟郎もその体質を引き継いでいました。


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

全てから逃げて回っていた御子だったが、その一方で、“霊が見れるということは御子にしかできないことがあるということではないか”という言葉を受けて、亜紀人にも協力してもらい悠希の証言から犯人の似顔絵を描いていきます。

悠希や公比古の姿が見えない亜紀人には、分からないことだらけだったけれど、今までにないやる気を見せる御子に協力していきます。

そして、出来上がった似顔絵を以前に巡回に来た警官に見せました。これで事件が解決に進むかと思われた瞬間、警官の顔が急変。

なんと犯人はその警官でした。口止めに襲い掛かる警官を悟郎たちの協力もあって撃退します。

数日後、次の物件に移動する御子。殻を破った御子の隣には亜紀人もそこにいました。

映画『ルームロンダリング』の感想と評価


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

心霊もトラウマものコメディタッチで

本作品『ルームロンダリング』で長編監督デビューを飾った片桐健滋監督

自身もまた父親を亡くしている実体験を盛り込んだこの作品は、池田エライザ演じる八雲御子の存在に自分を投影しています

ただ、ともすれば、深刻になりつつあるテーマをコメディタッチに描くことを心掛けた作人となっています。

軽快なタッチも、きっちりこなせるオダギリジョーや渋川清彦に囲まれて、池田エライザも今までにない内向的なキャラクターを好演

心霊レーダー替わりになるアヒル型の大型ランプを持ち歩く姿は、作品の世界観を一発で表すビジュアルとなっています。

ポイント、ポイントを押さえた独特の世界観を見せた片桐監督今後が楽しみな存在だ!

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

18歳で天涯孤独の身となってしまったオカルト少女の八雲御子。

そんな彼女の前に叔父の雷土悟郎が現れ、住む部屋とアルバイト用意してくれたことから始める本作『ルームロンダリング』。

その主人公の御子を好演したのは、池田エライザ。

彼女はモデルとして活躍する傍ら、女優として映画「高校デビュー」(2011)や「絶叫学級」(2013)にも出演してきました。

2015年公開の園子温監督の作品『映画 みんな!エスパーだよ!』では、ヒロイン平野役をオーディションで獲得。

その後も『一礼して、キス』(2016)や『チェリーボーイズ』(2018)に出演、その時々に大胆な演技も披露しました。

今回、片桐健滋が監督デビューを飾った『ルームロンダリング』では、演技達者なオダギリジョーや渋川清彦と相まって、池田エライザも魅力ある演技を見せています。

これもまた、片桐健滋監督のこれまでの実績や新作に賭けた思い、何よりも監督にしかない独特の世界観を育んだものかもしれません。

映画『ルームロンダリング』は、7月7日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

スポンサーリンク

関連記事

ファンタジー映画

【ネタバレ感想】映画『累かさね』考察はキスの謎!解説は母と娘の真相について

松浦だるまの原作『累』をNHK連続テレビ小説で人気を博したヒロインの土屋太鳳と芳根京子を招き、ダブル主演で映画化。 ふたりのヒロインを繋げる謎の男である羽生田役に浅野忠信。共演に横山裕、檀れい、村井國 …

ファンタジー映画

映画『マガディーラ 勇者転生』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

映画『マガディーラ 勇者転生』は、8月31日より東京・新宿ピカデリーほか全国で順次ロードショー インド映画界で歴代最高興行収入を叩き出し、日本でも中毒者が続出した大ヒット映画『バーフバリ』。 その2部 …

ファンタジー映画

いぬむこいりキャストとあらすじ!原作は民話?有森也実の演技評価も

天孫降臨の地より日本の千年を撃つ!美しくパンクな幻想世界!片嶋一貴監督の4時間を超える大作は衝撃の連続の4章構成! 2017年まさに大作の名に相応しい『いぬむこいり』のクロニクルを有森也実が女優人生を …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

ファンタジー映画

映画ヴィジョン(Vision)ネタバレ感想。結末に見るキャスト演技力とは

“Vision”とはいったい何か? 18歳にして初めて18ミリカメラを手にし、30年を経た河瀬直美監督。 『あん』(2015)や『光』(2017)に続き、今や世界で高い評価を受ける監督が、再び故郷奈良 …

【Cinemarche独占】映画『あまねき旋律(しらべ)』アヌシュカ・ミーナークシ監督&イーシュワル・シュリクマール監督インタビュー|映画制作の原点と演劇ルーツを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP