Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『グレートウォール』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • n-bethelmie

人類史上最大にして最長の建造物である「万里の長城(グレートウォール)」。

この長城が築かれた本当の目的は何だったのでしょうか?

2008年に開催された北京オリンピックにて、開幕式の演出も担当した中国が誇る巨匠チャン・イーモウ監督。

「ジェイソン・ボーン」シリーズなどで知られるハリウッドの大スターのマット・デイモンを主演に迎え、万里の長城を舞台に繰り広げられる壮絶な戦いを描いたファンタジー映画であり、アクション映画でもある作品。

日本でもいよいよ4月14日公開されますが、一足先にご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『グレートウォール』の作品情報

【公開】
2017年(中国・アメリカ合作映画)

【監督】
チャン・イーモウ
【キャスト】
マット・ディモン、アンディー・ラウ、チャン・ハンユー、エディ・ポン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォーなど

【作品概要】
自らの金と名声のためだけに世界を旅しながら戦い続けてきたマット・デイモン扮する傭兵ウィリアム。

武器を求めてたどり着いた中国の万里の長城で、仲間を信頼し一致団結して60年に一度現れるという強大な敵と戦う中国軍と出会い、今までの自分を見つめなおしていきます。

映画『グレートウォール』のあらすじとネタバレ

ウィリアムとピエールは、噂で聞いた強力な武器 “火薬” を探しに、ヨーロッパから旅をして中国にやってきていました。

しかし、火薬はなかなか見つからず中国人たちに襲われ砂漠を逃げ回っていました。

仲間は次々に殺され、生き残っていた者は数名になりました。

ある夜、暗闇の中で人間ではない何かに襲われて仲間が命を落としました。

ウィリアムたちはその獣を殺しはしたものの、正体がわからなかったので切り取った腕を持っていくことにしました。

再び旅を続けたウィリアムたちでしたが、また中国人たちに追われ、追い込まれて逃げ場がなくなった時に目の前に万里の長城があらわれます。

2人は生き残るために、そこを守る中国軍に投降したのでした。

英語が話せる中国軍の大将である女性リン(ジン・ティエン)に、2人は尋問されました。

持っていた獣の腕を見せ、それを自分たちが殺したことを言うと中国軍の大将たちはみんな驚きました。

2人の今度の処遇を決めようとしていた時、敵が来たという知らせがきました。あわただしく戦闘態勢に入る中国軍。

敵の来襲を知らせる烽火が上がり、合図として使用される太鼓が鳴り響きました。


(C)Universal Pictures

やってきたのは、何万という数の饕餮(とうてつ)という獣でした。

饕餮(とうてつ)は、女王を中心に群れを作り、60年に1度人間を食べにくると言われており、まさに今がその時なのでした。

その場にいたウィリアムとピエールは、戦いに巻き込まれますが、彼らはそこで大活躍をします。

恐怖で動けなかった歩兵のポン・ヨンの命を助けたことで、彼らには自由を認められ、部屋が与えられ風呂を浴びることを許されました。

ですが、2人の目的は火薬を見つけ出すことで、すきを見て盗み出し逃げ出そうと画策していました。

そこですでに長い間中国軍に捕われている西洋人のダフネとも知り合います。

ダフネは火薬の保管場所を知っていると2人に話しました。

彼は英語やラテン語、西洋の文化を中国人に教えていて、それでリンも英語が話せるようになっていたということでした。

ウィリアムたちは、司令官や大将たち、そして中国人兵士たちが食事をしている場所に呼ばれました。

戦いでの活躍をほめられ、弓矢が授与されました。そこでウィリアムは見事な弓の腕前を披露し、そこにいた皆の喝さいを浴びます。

食事をしているとき、リンは5歳からここにいて女性兵士となり、外の世界を知らずに育ったことをウィリアムに語りました。

ウィリアムも子供の時に下働きから兵士になり、弓の名手として傭兵となり、いろんな国を旅していることを話しました。

だが、リンは国を守るために働いていますが、ウィリアムは金と食べ物のためだと語ります。

リンは仲間を信頼することが重要だということをウィリアムに伝えようと、敵が来た時にロープを使用して壁から飛び降りる場所に連れていきます。

ウィリアムは、そんな中国軍やリンを見ているうちに今まで自分のためにしか戦ってこなかったことに気がついていきます。

金儲けのために火薬を盗み出し早く脱出することを考えているピエールたちとは、しだいに考えや行動が合わなくなってきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グレートウォール』ネタバレ・結末の記載がございます。『グレートウォール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

饕餮(とうてつ)は60年前より進化していました。

司令官は罠にはまり命を落とし、リンが新しい司令官に任命されました。

中国軍は饕餮のことを学ぶため、生け捕りにしようとします。

ウィリアムはそこで自らの危険を顧みず協力をし、彼の協力により中国軍は饕餮を確保することに成功しました。


(C)Universal Pictures

調べてみると、饕餮に磁石を近づけると大人しくなることが分かりました。

その頃、ピエールとダフネは火薬を盗んで逃げようとします。気がついたウィリアムは止めようとしますが、突き飛ばされて怪我をし、彼らに逃げられレしまいます。

リンはウィリアムに裏切られたとショックを受けて彼を責めますが、全てを見ていた歩兵のポン・ヨンの証言によって誤解はとけました。

饕餮の弱点を掴み安心した軍は、生け捕りにした饕餮を都にいる皇帝に差し出すことにし、都に向かいました。

ですが、饕餮たちはもうすでに長城の下に穴を掘り、壁を越えていたことが判明します。

このままでは都が大変なことになると、リンたちは熱気球に乗って、皇帝のいる紫禁城へ向かいます。

ですが、饕餮はすでに大量に侵入していて、人間はどんどんやられてしまっていました。

リンも危機一髪の状況になりますが、ウィリアムがかけつけ一緒に戦います。歩兵のボン・ヨンなど自らが犠牲となり、激しい戦闘になります。

饕餮は女王を守るためにバリアを作り、絶体絶命のピンチに陥ったウィリアムとリンでしたが、磁石によりバリアを破り火薬で見事に女王饕餮を殺したことで、すべての饕餮が死亡、戦いに勝利しました。

火薬を盗んで逃げていたピエールはダフネに裏切られ、砂漠で中国軍に捕らえられていました。

火薬を独り占めしようとしたダフネも盗賊たちに捕まり、火薬を知らなかった盗賊たちの不注意で爆死してしまいました。

饕餮を見事倒して万里の長城に戻ったウィリアムは、火薬を持ち帰るか、ピエールを連れ帰るか選択肢を与えられました。

結局彼はピエールを選び、2人は城をでるのでした。そんな2人をリンはずっと壁の上から見送っていました。

スポンサーリンク

映画『グレートウォール』の感想と評価

最初映画のタイトルを見た時は、タイトルからして中国の歴史を描いた作品だと思っていたので、観てみて驚かされました。

まさか万里の長城を舞台にしたファンタジー映画だったとは思いませんでした。

歴史を描いてないからとは言うものの、とにかく万里の長城の壮大な舞台に、色鮮やかな衣装をまとった中国軍の姿が圧巻で、やはり中国の歴史の凄さを感じるほど。

ストーリーはシンプルですが、信頼や友情も描かれている壮大な作品でした。

まとめ

とにかく映像のすごさに目を奪われました。

そして、中国軍の足並みそろった戦いぶり、自らを犠牲にしても国を守ろうとする心意気には熱い思いを感じました。

去年中国で公開され、アメリカでは2月に、満を持して日本でももうすぐ公開です。

この映像はやはりぜひ映画館の大スクリーンで観たいところ。

お見逃しなく!

関連記事

ファンタジー映画

メリーポピンズリターンズ(2018)ネタバレ感想。続編キャストはエミリー・ブラントしかいないと監督から熱烈オファー!

ディズニーの普及の名作映画『メリー・ポピンズ』の続編が54年ぶりについに登場! 楽しい歌とダンスに、うっとりする映像美で、観客に新たな魔法をかけます。 そして普遍的な感動を与える教訓に満ちたストーリー …

ファンタジー映画

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ランサム・リグズによるベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が映画化。ティム・バートンらしさが随所に現れた傑作に仕上がっています。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となります …

ファンタジー映画

【実写映画アラジン2019】ネタバレ感想と吹き替え評価。最新技術で蘇る名作!

実写版で蘇る不朽の名作『アラジン』 『シンデレラ』(2015)や『美女と野獣』(2017)など、ディズニーは名作アニメの実写化に力を入れており、その多くが最新のCG技術や俳優の巧みな演技によって大絶賛 …

ファンタジー映画

映画『マガディーラ 勇者転生』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末も

400年の時を超えて繰り広げられる壮大なラブストーリー『マガディーラ 勇者転生』。 日本でも大ヒットした『バーフバリー』2部作のS・S・ラージャマウリ監督とスタッフによる『バーフバリー』の原点とも呼べ …

ファンタジー映画

映画『マガディーラ 勇者転生』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

映画『マガディーラ 勇者転生』は、8月31日より東京・新宿ピカデリーほか全国で順次ロードショー インド映画界で歴代最高興行収入を叩き出し、日本でも中毒者が続出した大ヒット映画『バーフバリ』。 その2部 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学