Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【ネタバレ】リトルマーメイド(実写映画)|あらすじ結末と感想評価。アニメ版を基にした人魚アリエルの物語の見どころを解く!

  • Writer :
  • 星野しげみ

ディズニーの名作アニメ『リトル・マーメイド』が実写映画でスクリーンに!

アンデルセン童話を原作とする1989年製作のディズニーアニメが、『シカゴ』(2002)の名匠ロブ・マーシャルによって、実写化。映画『リトル・マーメイド』は、冒険心にあふれた美しく元気な人魚、アリエルの物語です。

海の王国を司るトリトン王の末娘で、世界で最も美しい声を持つ人魚姫アリエル。まだ見ぬ人間界に憧れる彼女は、嵐に巻き込まれ海で遭難しかけた人間のエリック王子を助けました。人間界への思いを抑えきれなくなったアリエルは、海の魔女アースラと取引をします。それは、3日間だけ人間の姿になる代わりに、美しい声をアースラに差し出すというものでした。

主人公アリエル役には、歌手でもある新人女優ハリー・ベイリーが抜てきされました。名だたるキャスト陣に加え、アニメ映画版も手がけた巨匠アラン・メンケンと、『モアナと伝説の海』(2017)のリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当し、美しいハーモニーが物語を彩ります。

映画『リトル・マーメイド』をネタバレあらすじ有でご紹介します。

映画『リトル・マーメイド』の作品情報


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
The Little Mermaid

【監督】
ロブ・マーシャル

【脚本】
デビッド・マギー

【音楽・作曲】
アラン・メンケン

【作詞】
ハワード・アシュマン

【新曲作詞】
リン=マニュエル・ミランダ

【キャスト】
ハリー・ベイリー、ジョナ・ハウアー=キング、ダビード・ディグス(声)、オークワフィナス(声)、ジェイコブ・トレンブレイ(声)、ハビエル・バルデム、メリッサ・マッカーシー

【吹き替えキャスト】
豊原江理佳、海宝直人、木村昴、高乃麗、野地祐翔、大塚明夫、浦嶋りんこ

【作品概要】
本作は、ディズニーアニメ『リトル・マーメイド』の実写版です。監督はロブ・マーシャルが務め、アニメ映画版も手がけた巨匠アラン・メンケンと、『モアナと伝説の海』(2017)のリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当。

主人公アリエル役には新人女優ハリー・ベイリーを抜てきし、エリック王子を『ベラのワンダフル・ホーム』(2019)のジョナ・ハウアー=キング、魔女アースラを『ゴーストバスターズ』(1984)のメリッサ・マッカーシー、トリトン王を『ノーカントリー』(2007)のハビエル・バルデムが演じています。

カニのセバスチャンの声はトニー賞受賞者のダヴィード・ディグス、魚のフランダーの声はジェイコブ・トレンブレイ、カツオドリのスカットルの声はオークワフィナスと、こちらも名優が集結しました。

映画『リトル・マーメイド』のあらすじとネタバレ


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

海の底には人魚がいて、嵐を呼んでは人間を海に引きずり込むという噂がありました。このため、船乗りたちは人魚を恐れ、陸に住む人間たちも海の神を恐れていました。

一方、海は海の神トリトン王が治めていました。‟七つの海”に一人ずつトリトン王の娘である人魚を遣わし、海の平和と秩序を保っています。トリトン王の末娘・アリエルは他のお姉さん人魚たちと違い、いたって元気で冒険好き。好奇心も旺盛で人間に興味を持っていました。

執事長のカニのセバスチャンはアリエルのお目付け役、魚のフランダーとカツオドリのスカットルはアニエルと仲良し。

アリエルは難破船の中から人間の持ち物を持ち出して、自分の秘密の洞窟に運び込み、陸の上の生活を空想しては楽しんでいました。仲間たちとの海でも生活は楽しいものでしたが、アリエルは海から出て陸へ行きたくて仕方がありません。

そんなアリエルの様子を知ったトリトン王は、人間や彼らの世界に関わるものに近づかないよう警告します。トリトン王は人間は危険だと考えていて、アリエルの身を守りたかったのです。

トリトン王からきつい警告を受けたアリエルですが、ふと海面の向こうに不思議な光を見つけました。それはアリエルの好奇心に火をつけます。

アリエルは海の底から光をめざして海面へ向かいます。海の上では、夜空に虹色の花火が打ち上げられていました。そして乗組員でにぎわう船が見えました。

船の上では、その国のエリック王子の誕生日を祝っていました。エリック王子は冒険好きな明るい若者でした。アリエルは船に横付けにされたボートの中に忍び込み、こっそりと人間たちのすることを見ていました。

その時突然、大雨が降り出し、大きな波が船に襲い掛かり、前後左右に揺らします。嵐が近づいてきたようです。元気なエリック王子も嵐には勝てず、ついに船は岩に打ち付けられて炎上しました。

エリック王子は「船を捨てて海に飛び込め」と命令をだし、乗組員を海に逃がします。自分も海に飛び込もうとしますが、愛犬マックスが逃げ遅れていることに気が付き、マックスを助けに船の中に行き、助け出した後、自分は船が壊れる衝撃で海に投げ出されてしまいました。

海の底へどんどん落ちていくエリック王子を助けたのは、アリエルでした。エリックを抱えて陸の波打ち際まで行き、海岸にエリックを寝かせます。

そして甘い歌を歌いながら、エリックの住む世界に思いをはせます。全てを物陰からみていたセバンスチャンはアリエルに海に帰るよう促します。

朦朧とした意識の中、アリエルの歌声が記憶に残ったエリックですが、目覚めたときはすでにアリエルは海へ戻った後でした。

海へ戻ったアリエルは、エリック王子のことが忘れられません。気もそぞろな様子のアリエルに気が付いたトリトン王は、セバスチャンを呼び出し、問い詰めます。セバスチャンはとうとう、アリエルが嵐の夜に溺れかかった人間を助けたことを話しました。

激怒したトリトン王は、アリエルの秘密の洞窟へ行き、「もう二度と人間と会わないと約束しなさい」と命じます。しかし、アリエルは約束できませんでした。

怒ったトリトン王によって壊されたアリエルのコレクションを前に、アリエルは失意のどん底にいました。

そんなアリエルに、海の魔女アースラが話しかけてきました。彼女はアリエルを人間に変えて助けてくれると言います。そこでアリエルはアースラの隠れ家へ行き、アースラと取引をします。

その内容は、アリエルの声をアースラに渡すのと引き換えに、アリエルを人間に変えて陸へあげてくれるというものでした。しかし、3日目の日没までにエリック王子と真実のキスをしなければ、アリエルは人魚に戻され自由を失ってしまいます。

魔女とのやりとりを物陰から見ていたセバスチャンは「やめろ」と言いますが、アリエルは成約の印として、自分のウロコを1枚アースラに渡して、取引は成約してしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『リトル・マーメイド』ネタバレ・結末の記載がございます。『リトル・マーメイド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意してください。


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アースラの魔法によって人間となり、ヒレの代わりに足がはえ、水中で呼吸が出来なくなったアリエルは、急いで海上へと浮かび上がりました。

アリエルの側には、セバスチャンとフランダー、それに空には仲良しのスカットルがいて、みんな心配そうにアリエルを見守っています。

声がでないアリエルは無言で仲間たちを見つめ、陸地へと泳ぎ出しました。途中、漁師の網にからまって運よく船に助けられます。親切な漁師は、アリエルを遭難者として宮殿へ連れて行ってくれました。

声が出ない遭難者の可哀想な娘として、アリエルはエリック王子と再会します。しかししゃべれないアリエルは自分の声をエリックに聞かせることができなため、エリック王子はアリエルが命の恩人だとは気が付きません。

ですが、エリック王子もアリエルも冒険好きで興味あるものを集めるコレクターです。興味が一致した2人はすぐに打ち解けて仲良くなりました。

冒険家の2人は次の日から宮殿を抜け出して島を探検することにします。アリエルが3日目の日没までにエリック王子と真実のキスをしなければいけないと思っているセバスチャンは、自分の手でアリエルの呪縛を説く決意をし、仲間たちの協力のもと、ロマンチックな夜を演出します。

小さなボートに乗る2人。ムードを盛り上げる甘い歌声が響き、2人の距離は縮まります。けれどもアリエルとエリック王子がキスをしようとした瞬間、魔女アースラの手下の電気ウナギたちが2人の乗るボートをひっくり返してしまいました。

アースラは声を奪ったのに、アリエルとエリック王子が魅かれあっているのに大激怒! 新たな罠をしかけます。

アリエルが宮殿に来て3日目。アリエルは、エリック王子を助けたという女性が現れ、エリック王子はその女性と結婚を決意したと知りました。

このままではアリエルにかけられた魔法は解けません。心配になったアリエルの仲間スカットルが例の女性のいる部屋を空からのぞき、その女性の正体は魔女のアースラであることを突き止めました。すぐさま仲間とアリエルに知らせます。

エリック王子の婚約パーティーで、スカットルと犬のマックスがアースラの注意を引いているすきに、アリエルは自分の声が封じ込められたアースラのネックレスを壊して、自分の声を取り戻して歌いました。

その歌声で、アリエルこそが自分を救ってくれた女性だと分かったエリック王子。2人が真実に気が付き、ごく自然にキスをしようとした時、約束の3日目の日没がきてしまい、アリエルはキスをする寸前で人魚の姿に戻ってしまいます。

正体をばらされたアースラですが、「私の勝ちだ」とばかりにアリエルを海に引きずり込みました。

海の底では、トリトン王がアースラの前に立ちはだかります。アースラはアリエルとの約束を伝えると、トリトン王はアリエルの解放と引き換えに、海の支配者の権限をアースラに渡してしまいます。

新たに強い力を持ったアースラは無敵に思えます。しかし、アリエルの後を追って海に飛び込んだエリック王子とともに、アースラに向かって行きました。

巨大な海の渦に巻き込まれそうになりながら、アリエルは難破船の舵を上手くとって、アースラに突っ込ませて、彼女を倒しました。

アースラがいなくなり、再び力を取り戻したトリトン王は、アリエルに「選択」という贈り物をしました。アリエルは人間になることを選び、トリトン王は彼女の願いを叶えます。

海と陸。アリエルとエリック王子によって2つの世界はより強く結びつきました。そして、2人の結婚の日。まだ見ぬ世界を探検し、次の冒険を見つけるために、2人は船出しようとしています。

映画『リトル・マーメイド』の感想と評価


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

実写映画の見どころは?

『リトル・マーメイド』は、冒険心旺盛で人間界に憧れる人魚姫が人間の王子に恋をして苦難の末に夢を叶える物語。アンデルセン童話やディズニーアニメでも大ヒットとなり、ついに今回は実写化となりました。

人魚から人間界に飛び込むアリエルは、情熱と勇気を持つこと、他者を恐れずに前進することの大切さを教えてくれます。アニメでもそれは伝わるものでしょうが、本作では実写ならではの臨場感を観客に突きつけます。

1989年のアニメ映画『リトル・マーメイド』のために作られたポピュラー曲『アンダー・ザ・シー』は、本作でも歌われました。

大海原のど真ん中で魚たちが自由に旋回し、飛び跳ね、海中の快適な生活を歌と踊りで大アピールします。カーニバルのようなその様子は、水をかく音、髪の毛や生物たちの触手やヒレの揺れ具合など、細やかな部分までリアル感を醸し出します。

実はこの歌には、1フレームに500体以上の生物たちが同時に登場するシーンがあります。キャストはアリエル役のハリー・ベイリーひとりで、あとはダンサーの動きで作り出したCGたちのみ。壮大な海の底のダンスシーンは、想像以上に軽やかで楽しく観客も踊り出したくなるほどで、これは本作一番の見どころです。

次に印象深いのは、冒険に出かけたアリエルとエリック王子がボートに乗るシーン。セバスチャンのアイデアで、ラブリーなムード高める自然界の歌『キス・ザ・ガール』が流れます。甘い虫の声、草木の囁き、星のまたたき。実写ながら幻想的なシーンがスクリーン一杯に広がり、ロマンティックな恋人たちの夜を演出しました。

これらはすでにアニメでも使用されている名場面の曲ですが、本作での細やかな表情の動きや陰影のはっきりとしたインパクトある風景によって、より一層印象深いシーンとなりました。

これらの音楽を担当したのは、アニメ『リトル・マーメイド』(1989)でアカデミー賞の作曲賞と主題歌賞を受賞したアラン・メンケンです。音楽監修兼プロデューサーは、マイク・ハイアムが担当。素晴らしいミュージカルナンバーが本作を一層興味深いものにしてくれました

好演光るキャスト陣


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

人間を信じ、自分の信念を貫いて真実の愛を手に入れたアリエル。愛するエリックと一緒に新しい世界へ旅立つ姿は、観る者に一歩前進する勇気と力強さを与えてくれます

こんなアリエルを演じるのは、歌手でもあるハリー・ベイリー。伸びやかで美しい歌声は男性だけでなく、聞く人をみな虜にすることでしょう。

映画製作についてキャストが最も重要なことだと言うロブ・マーシャル監督が、ハリー・ベイリーを初めて見た時に、まるで別世界から来た人のようだと感じ、この大抜擢に繋がったと言います。

また、特異なカリスマ性と佇まいを持つメリッサ・マッカーシーは、魔女アースラにピッタリだったとも。メリッサは驚くほどの深みと、弱さ、激しさ、ユーモアをアースラに吹き込んでいました。

ハビエル・バルデム演じるトリトン王は、娘をこよなく愛する父親でした。言葉少な目ですが威厳のある顔つきと目力で、娘アリエルの幸せを願う父を表現します。

アリエルの仲間たちのセバスチャン、フランダー、スカットルの声のキャスト陣の存在も絶大で、なかでも執事長という役目のセバスチャンがとてもいい味をだしています。

おせっかいとは言えませんが、小さな体を上手く使って、ありとあらゆる場所に隠れてアリエルのことを見守っていました。彼は憎めないユニークなカニです。これからカニ料理を食べるには少し罪悪感を感じるかも知れません。

実写映画『リトル・マーメイド』は、卓越した個性を持つキャストたちの好演と大勢のスタッフやダンサーたちの奮闘と協力があって完成されたと言えます


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

まとめ


(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アンデルセン童話の『人魚姫』を原作とする、1989年製作の名作ディズニーアニメ『リトル・マーメイド』の実写映画をご紹介しました。

ディズニーシリーズの音楽を手がけたアラン・メンケンと『モアナと伝説の海』(2017)のリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当。この2人の強力なタッグで、幻想的で美しくまた元気の出るミュージック映画となっています

人魚と人間。2つの世界で踊るダンスに注目すると、その見た目の違いは、2本の足があるかないか、でした。足を使って踊る島でのダンスはとても楽しそうで、海の生物たちが泳いでダンシングするのも可愛らしく映し出されます。

結局、生き物が楽しむカーニバルは、海の中も陸の上も、どこの世界も同じでした。それに加えて、アリエルとエリック王子の強さと優しさが、魔女の魔法も打ち破り、人魚と人間の区別のない新しい世界を築いたのです。

本作はファンタジックなミュージカル映画です。悩みがあるときには前向きに生きる勇気ももらえることでしょう。

ぜひ劇場でご覧になり、スクリーンいっぱいに広がる海の世界をお楽しみください





関連記事

ファンタジー映画

映画『鎌倉ものがたり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2017年12月9日より公開の『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、黄泉の国に連れられてしまった妻を取り戻しにいく…。 『ALLWAYS 三丁目の夕日』『ドラえもん STAND BY ME』などの山崎 …

ファンタジー映画

実写映画『ライオンキング(2019)』あらすじネタバレと感想。ディズニー名作アニメを最新映像技術によってリメイク

映画『ライオン・キング』は2019年8月9日(土)より全国ロードショー公開! ミュージカル作品をも生み出した往年の名作ディズニー・アニメーション映画が、最新最高のCGI技術によって“超”実写化リメイク …

ファンタジー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

東宝とKADOKAWA初の共同配給作品にして、日中共同製作映画史上最大の本格ビッグプロジェクト。 企画の立ち上げから完成まで、10年の歳月をかけたチェン・カイコー監督。 染谷将太主演の『空海 KU-K …

ファンタジー映画

映画『転校生』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【大林宣彦の尾道三部作第1作目】

『君の名は。』の大ヒットの要因となった重要なモチーフは、「男女の入れ替わり」。 その1つに挙げられる映画『転校生』が注目をあびています。 今回は、思春期の性への興味と不安を切なくも爽快に描いた青春映画 …

ファンタジー映画

『コンビニエンス・ストーリー』ネタバレあらすじ結末と感想解説の評価。田舎ホラー×フィルムノワール=“円山応挙の美しい幽霊画”という和洋折衷の妙味

コンビニは異世界への扉を開く 絶賛スランプ中の若手脚本家・加藤は人里離れた山中で車が故障し、古びたコンビニに立ち寄ります。そこで彼を迎えたのは若い女性・恵子とその夫・南雲でした。ほっとしたのも束の間、 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学