Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『ジャックと天空の巨人』あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

イギリスの童話「ジャックと豆の木」をモチーフに作成された映画『ジャックと天空の巨人』。

人間界を支配しようとする巨人の迫力は、文章にし難いものがあります。今回は、そんな『ジャックと天空の巨人』を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ジャックと天空の巨人』の作品情報


(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

【公開】
2013年(アメリカ)

【監督】
ブライアン・シンガー

【キャスト】
ニコラス・ホルト、エレノア・トムリンソン、スタンリー・トゥッチ、イアン・マクシェーン、ビル・ナイ、ユアン・マクレガー他
【作品概要】
昔、略奪を行う巨人から人間界を救ったエリック王がいました。それから長い年月が経ち、人間界では…。

主役のジャックには、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』や『デッドプール2』に出演していたニコラス・ホルト。

監督のブライアン・シンガーは、「X-MEN」シリーズの監督を務めています。

映画『ジャックと天空の巨人』のあらすじとネタバレ


(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

昔々、神の声を聞こうとした修道士たちが「魔法の豆」を使って、神に会おうとしました。ですが、蔓の伸びた先にあったのは巨人の国「ガンチュア」でした。

巨人は魔法の豆の伸びた蔓を使い、人間界へと侵略を開始しました。この事態にエリック王は、魔法の力を持つ王冠を作らせました。

王冠の力を使い、巨人たちを従わせて「ガンチュア」へと返して、蔓を切り2度と人間界へ干渉できないようにしました。

その後、主人公のジャックは18歳になり馬を売りに街へと出かけました。ジャックは、街で男性に絡まれている女性(王国の姫イザベル)を助けました。

修道士に声をかけられ、ジャックの馬は「豆」になりました。この「豆」は王国の保管庫から盗まれたものだったのです。修道士には、濡らすなと言われました。

イザベルは婚約に嫌気が差し、城から逃亡してとある民家に雨宿りのために訪れます。とある家とはジャックの家でした。

ジャックとイザベルは意気投合しましたが、「豆」の1つが雨で濡れてジャックの家を巻き込み蔓を伸ばしていきました。

ジャックは蔓に巻き込まれずに済みましたが、イザベルは巻き込まれて天空へといってしまいました。

王は急いでジャックや、イザベルの婚約者のロデリック卿を救出へと向かわせます。途中、ロデリック卿の妨害などもありましたが、なんとかガンチュアへとたどり着きました。

急いで姫を探すため、残した目印を追っていると巨人が姿を現しました。やり過ごそうとしたジャックですが、仲間のクロウが見つかってしまします。

騎士団長エルモントたちは捕まってしまい、森へと連れて行かれます。

ロデリックも絶体絶命のピンチに陥りますが、王家の墓から盗んだ王冠によってその場を切り抜けます。

巨人に捕まったクロウ・エルモント・イザベルのうちクロウが食べられてしまいます。イザベルに手をかけられた時、ロデリックによって助けられます。

ロデリックは巨人を使って、王国を支配しようと画策します。ジャックはなんとかイザベルとエルモントを助け、脱出を試みます。

巨人を恐れた王は、蔓を切り倒す事を決断します。ジャックはイザベルと共に外界におりることを決断しますが、ロデリック卿はロデリックを倒すためガンチュアに残りました。

エルモントはロデリックを倒しますが、王冠は巨人の首領「ファロン将軍」に奪われてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジャックと天空の巨人』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジャックと天空の巨人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

蔓を切り落とし、巨人の侵略を防いだように見えましたがロデリックが持っていた豆を使ってファロン将軍が侵略してきました。

ジャックはそのことに気づき、報告しますが後ろには巨人の大群が迫ってきました。

なんとか城へと逃げ込めたジャックは、堀に油を流し込んで籠城しながら籠城戦になりました。

ジャックとイザベルは、危機を周辺国家へ伝えに向かう最中ファロン将軍に見つかってしまいます。

食われる直前に、隠し持っていた豆をファロン将軍に食べさせ王冠を取り戻します。王冠を使用して巨人をガンチュアへと返します。

その後、ジャックとイザベルは結婚しこの戦いは新しいおとぎ話として語り継がれていきます。

スポンサーリンク

映画『ジャックと天空の巨人』の感想と評価


(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

『ジャックと天空の巨人』を始めてみた時、巨人の恐ろしさが非常に印象的でした。

天空に国を作って暮らしている巨人たちは、RPGなどで印象付けられた遅いが力がある種族とは違い、非常に理知的です。

また、この戦いは単純に人間vs巨人の構図ではなく、イザベルの婚約者のロデリック卿も含んだ三角関係になってます。

ロデリック卿は王国を征服せんとする悪者ですが、中盤でやられてしまうという小物感が非常に好みでした。

原作である「ジャックと豆の木」では、ジャックが欲を出したせいで巨人に追われますが『ジャックと天空の巨人』では、もっとわかりやすい関係になっています。

宝物を追う巨人にはジャックを追う正当性がありますが、人間界を征服する巨人は視聴者から見たら絶対的に悪に見えるはずです。

この現象は恐らく、話をよりわかりやすくするために巨人=悪の図をはっきりさせたかったのだと考えます。

背景も非常に壮大かつ、巨人の迫り来るシーンには迫力があって見ていてワクワクする映画でもあります。

童話ベースなのである程度結末は読めてしまいますが、そこはご愛嬌です。

まとめ


(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

今回は『ジャックと天空の巨人』を紹介させていただきました。

原作のジャックは巨人の宝を盗んだ挙げ句、追ってきた巨人の捕まっている蔦を切り落とす悪どい主人公でしたが、『ジャックと天空の巨人』のジャックはきれいな主人公でした。

今回のブライアン・シンガー監督は、「X-MEN」や「ユージュアル・サスペクツ」のようなテイストではないものの、非常に面白い作品に仕上がっています。

『ジャックと天空の巨人』は、昔色々な場所へ行くのが好きでいわゆる、冒険心を思い出させてくれます。

いつまでも冒険心を持ち続けている方や、久しぶりにワクワクしたい方に『ジャックと天空の巨人』をおすすめしたいです。

関連記事

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』感想解説と評価考察。ラスト結末に見た姉妹の成長の真意とは

映画『ゆれる人魚』は2月10日(土)より新宿シネカリテほか全国順次公開! 2016年にサンダンス映画祭「ワールドシネマコンペティションドラマ部門」の審査員特別賞をはじめ、海外の映画祭で多くの映画賞の獲 …

ファンタジー映画

映画『メリーポピンズ』あらすじネタバレと感想。続編リターンズ公開前におさらい

風に乗って彼女はやってきます。 からっぽのバッグに大きな魔法を詰め込んで。 いまなお根強いファンのいる、1964年製作の名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』。 当時のアカデミー賞を総なめにした、心 …

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。 強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴ …

ファンタジー映画

映画『グレムリン』ネタバレあらすじと結末の感想考察。ギズモに水!3つのルールを破る大変身⁈

可愛さと怖さで世界を魅了したSFブラックコメディ映画を解説 特殊撮影技術(SFX)が進歩した1980年代。SF・ホラーだけでなく、ファンタジー要素を持つファミリー向け映画も続々作られるようになりました …

ファンタジー映画

【ネタバレ感想】ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生|あらすじ結末までを詳細解説

『ハリーポッター』を生んだJ・K・ローリングが新たにスタートしたスピンオフ的前日談シリーズの第2弾。 主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法学校の卒業生であり、少し間抜けな愛すべき魔法動物学 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学