Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2023/04/22
Update

EO イーオー|あらすじ感想と評価考察。“ロバの視点”でイエジー・スコリモフスキ監督がさまざまな人間模様を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

1頭のロバを通して描く人間の不条理

映画『EO イーオー』が、2023年5月5日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開となります。

『アンナと過ごした4日間』(2009)、『エッセンシャル・キリング』(2011)のイエジー・スコリモフスキ監督が7年ぶりに発表した、予想不可能な寓話の見どころをご紹介します。

映画『EO イーオー』の作品情報

(C)2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2023年(ポーランド・イタリア合作映画)

【原題】
EO

【監督・脚本】
イエジー・スコリモフスキ

【製作:共同脚本】
エバ・ピアスコフスカ

【製作】
ジェレミー・トーマス

【美術】
アレクサンドル・コザーク

【撮影】
ミハウ・ディメク

【編集】
アグニェシュカ・グリンスカ

【キャスト】
サンドラ・ジマルスカ、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェビチ、イザベル・ユペール

【作品概要】
俳優としても活躍するイエジー・スコリモフスキ監督が、7年ぶりに脚本も兼任した最新作。1頭のロバの目を通して、人間のおかしさと愚かさを描きます。

主なキャストは、『ソーレ 太陽』(2019)のサンドラ・ジマルスカ、Netflix映画『リッチョーネの日差しの下で』(2020)のロレンツォ・ズルゾロ、『エル ELLE』(2019)のイザベル・ユペール。

第75回カンヌ国際映画祭では審査員賞と作曲賞を2部門を受賞し、第94回アカデミー賞では国際長編映画賞ノミネートされました。

映画『EO イーオー』のあらすじ


(C)2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

ロバのEO(イーオー)は、心優しい女性カサンドラと共にサーカス団の一員として幸せに暮らしていました。

ところが、動物愛護団体によるデモによりサーカス団を離れることを余儀なくされ、ポーランドからイタリアへと放浪の旅に。

その道中でサッカーチームや若いイタリア人司祭、伯爵未亡人らさまざまな人間との出会いを通し、EOは人間社会の温かさや不条理さを経験していくのでした――。

映画『EO イーオー』の感想と評価


(C)2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

ロバは優れた“俳優”

俳優として『ホワイトナイツ/百夜』(1986)、『アベンジャーズ』(2012)、『盗まれたカラヴァッジョ』(2020)などさまざまな作品に出演すれば、画家として国際美術展に出展するなど、多彩な顔を持つ映画監督イエジー・スコリモフスキ。

本数こそ多くはないものの、作品を発表する度に話題を集める彼が、実に7年ぶりに監督を務めたのが本作『EO イーオー』です。

自身が「映画館で涙を流した唯一の作品」と語る、ロベール・ブレッソン監督作『バルタザールどこへ行く』(1966)を、スコリモフスキは現代のファンタジーとしてアップデート。

計6頭のロバを“キャスティング”して、それぞれの性格や特徴を掴んだ上で、シーンによって出演するロバを変えて撮影を行いました。

製作時84歳のスコリモフスキは、「自分の役柄に想定された意図に従って仕事をし、監督のビジョンに口をはさまない彼らは、優れた俳優」とロバたちを称賛。

『15時17分、パリ行き』(2018)で、88歳(製作時)のクリント・イーストウッドが実際に起きた銃乱射事件を、俳優ではなく当事者本人を起用して撮影したように、奇才の手にかかれば、動物すら名優となるのです。

『バルタザールどこへ行く』(1966)

幻想的に描かれるさまざまな人間模様

(C)2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

優しい女性カサンドラと共にサーカス団の一員として暮らしていたEO。ところが、突如として動物愛護団体によりサーカス団から離されてしまいます。

カサンドラと楽しく過ごした記憶を頼りに、流浪の旅を始めたEOが遭遇するのは、さまざまな人間たち。

とある者は温かく迎え入れて友人のように接してくれたかと思えば、とある者は野良ロバとみなして荷物の運搬に使おうとします。一方が幸運を呼ぶシンボルと崇めれば、もう一方は不運をもたらした厄介者扱いをします。

人間とはなんと多種多様で不条理な生物であることでしょう……。1頭の動物を主軸に描くヒューマンドラマといえば、ベースとなった『バルタザールどこへ行く』以外にもスティーヴン・スピルバーグの『戦火の馬』(2011)などがありますが、本作ではよりシニカルに、時おりユーモアに人間模様が描かれます。

光源を巧みに使って映像を描き、音響面でもサイレンをけたたましく鳴らしたかと思えば、水滴、風といった自然の音を意図的に際立たせます。

セリフはしゃべらずとも、どこかしら憂いを含んだ大きく映し出されるEOの瞳が、物語を幻想的かつ雄弁に語らせます。

まとめ

(C)2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

「シニカルで世知辛い私たちの世界では、純粋さは世間知らずの証と受け止められ、弱さであると見なされることもあります。しかし私は今でも、自分の中に残った純粋さを育むよう努めています」

純粋なロバの視点を通して描いた本作『EO イーオー』で、自らの純粋さを問うスコリモフスキ。それでいて本作は、観る者にも純粋さを自問させます

本作が日本公開される2023年5月5日(金・祝)は、スコリモフスキ85歳の誕生日に当たります。
イーストウッド、マーティン・スコセッシ、リドリー・スコットなどなど、映画界には老境に入っても衰え知らずなフィルムメーカーが数多く存在しますが、スコリモフスキも間違いなくその1人。

彼にとっては、年齢などただの数字でしかない。その才気走った映像と問いかけは、必ずや観る者を驚かせるはずです。

映画『EO イーオー』は、2023年5月5日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

関連記事

ファンタジー映画

映画『魔女がいっぱい』ネタバレあらすじと内容解説。原作からロバートゼメキス監督が魔女を呼び覚ます

あなたの隣にも魔女がいるかもしれない!? 魔女の見分け方教えます。 『チャーリーとチョコレート工場』で知られる、イギリスの児童文学作家ロアルド・ダールの『魔女がいっぱい』を原作に、『バック・トゥ・ザ・ …

ファンタジー映画

映画『いなくなれ、群青』あらすじネタバレと感想。横浜流星が原作の世界観を実写化させた新境地

映画『いなくなれ、群青』は2019年9月6日(金)より全国ロードショー公開! 河野裕の人気小説シリーズの第一作『いなくなれ、群青』が初の実写化。 主演を務めたのは、今乗りに乗っている人気若手俳優・横浜 …

ファンタジー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』あらすじとキャスト。原作者紹介も

東宝とKADOKAWA初の共同配給作品にして、日中共同製作映画史上最大の本格ビッグプロジェクトと話題の映画 『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』は2月24日より全国ロードショー!。 企画の立ち上げか …

ファンタジー映画

『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』あらすじとキャスト!

平和を守る氷の魔術師vs炎の怪物を操る闇の魔術師!今世紀最大の戦いが幕を開ける! ロシア発、至上屈指のスケールで描く、SFファンタジーアクション超大作です。 また『オーガストウォーズ』に出演のヒョード …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学