Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『私は貝になりたい』ネタバレあらすじ感想と結末の評価考察。中居正広が戦争の狂気に翻弄された平凡な理髪師を演じる

  • Writer :
  • 谷川裕美子

無実にして極刑に処せられた男の悲しい運命

第二次世界大戦で過酷な任務に従事した兵士の悲劇を描き出す戦争ドラマ。

橋本忍が監督・脚本を務め、フランキー堺主演で1959年に映画化された同名作品を、福澤克雄監督が中居正広主演でリメイクしました。

仲間由紀恵、石坂浩二、笑福亭鶴瓶、上川隆也ら豪華キャストが出演します。

平凡な親子に降りかかった恐ろしい運命とはどんなものだったのでしょうか。

戦争の悲惨さ、愚かさ、悲しみをえぐり出す名作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『私は貝になりたい』の作品情報

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会
【公開】
2008年(日本映画)
【原作】
加藤哲太郎
【脚本】
橋本忍
【監督】
福澤克雄
【編集】
阿部亙英
【出演】
中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村雅彦、平田満、武田鉄矢、伊武雅刀、片岡愛之助、泉ピン子、笑福亭鶴瓶、草彅剛、上川隆也、石坂浩二
【作品概要】
1959年に監督・脚本を橋本忍、主演をフランキー堺が務めて映画化された同名作品を、中居正広主演でリメイクした作品。監督は『七つの会議』(2019)の福澤克雄。

米兵処刑に従事した罪で死刑を言い渡された元兵士の悲劇が描かれます。

共演は『トリック』シリーズ、『武士の家計簿』(2010)の仲間由紀恵、石坂浩二、笑福亭鶴瓶、上川隆也ほか。

映画『私は貝になりたい』のあらすじとネタバレ

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会

昭和19年。高知の漁港町で理髪店を営む清水豊松は、妻の房江と息子の健一と家族3人でつつましく暮らしていました。

しかし、戦争はさらに激しくなり、足の悪い豊松のもとにも召集令状が届きます。房江が夫の髪を刈ってやりました。

ふたりは以前は同じ理容室に勤めていました。恋に落ちて子どもができたことから店をクビになりましたが、流れ着いた高知の岬で自分たちの床屋を開いてがんばろうと誓い合います。ようやく軌道に乗った矢先の招集に、房江は涙をこらえられませんでした。

矢野中将率いる本土防衛の部隊に配属された豊松は厳しい訓練を受けます。戦況は日に日に悪くなっていきました。

ある日、撃墜されたB-29の搭乗員が裏山に降下し、処分をせよという命令が豊松の中隊に下ります。すでに虫の息だった搭乗員を銃剣で刺殺するよう隊長から命じられた豊松は、無理やり強制されて恐ろしさに絶叫しながら捕虜に向かって突進しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『私は貝になりたい』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『私は貝になりたい』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会

終戦を迎え、豊松は自分の理髪店に戻り商売を再開させました。

そんなある日、豊松はジープに乗った警察に捕虜を殺害した戦犯として連れていかれてしまいます。

なにかの間違いだからすぐに戻れると必死で自分に言い聞かせる豊松。昔の上官らも一緒に、横浜の第八軍軍事法廷で捕虜を殺害したことについて裁かれることになりました。

上官の命令は天皇の命令だったと答えた豊松はアメリカ人たちに嘲笑われ、なぜ断らなかったのかと聞かれます。豊松は日本の下級兵は牛や馬のように扱われていたことを必死で訴えました。

実際は怯えていた豊松は捕虜にケガさせただけで殺すことはできず、弱っていた捕虜はそのまま息絶えたというのが真相でした。

上官に次々に絞首刑の判決が下りて皆が恐怖に震えるなか、豊松にも絞首刑が言い渡されます。

牢で同室になった大西は、自殺が増えたために独房が2人部屋となり、以前いた者は先週処刑されたことを豊松に教えました。

房江には2番目の子が産まれていました。家族の写真を見て豊松は泣き崩れます。

処刑される者は毎週木曜日に呼ばれ、金曜日に執行されることになっていました。木曜には牢中が読経の声でいっぱいになります。

翌朝、大西が連れて行かれました。大西は豊松に礼を言って去っていきます。

元中将の矢野が豊松の房を訪ね、自分の責任を認めて謝ります。そして、司令官である自分だけが罪を背負うようにしてほしいと再審請求を出していることを話しました。

気が向いたら自分の部屋も訪れてほしいと言う孤独な矢野。豊松は矢野の髪を刈ってやり、その後もあたたかな時間を過ごすようになります。

教誨師の小宮が矢野を訪れ戒名を渡しました。矢野はアメリカの罪を裁くことを求め、自分の事件の関係者の刑を減刑するようにと言い残して処刑されます。

豊松の家族への思いを知った小宮は、彼が家族に刑について話していないことに気づき、手紙に事態を書き家族を呼び寄せます。

憎むべき相手であるはずの矢野を弔い続ける豊松を見てあきれる同室の西沢。そんな中、房江が面会に来たことを告げられます。

お互いに嗚咽を抑えきれない豊松と房江。なぜ知らせてくれなかったのかと夫を責める房江に、豊松は裁判が間違っていることを話し、再審請求に希望を託していると言って妻を元気づけます。赤子の小さな指に口づける豊松。同じことをせがんだ息子の指にも口づけ、みんなと土佐に帰りたいと呟きます。

夫のために房江は必死に嘆願書の署名を集めるために奔走し、とうとう目標の200人の署名を手に入れます。そして、帰り道に夫と誓い合った岬を見つめました。

署名を房江から見せられた豊松は涙を流し、妻の苦労をねぎらいます。

しばらく処刑が行われなくなった刑務所。そんな中、刑務員が豊松を迎えにやって来ました。西沢は彼が減刑になったと思い喜んで送り出します。

しかし、豊松が連れ出されたのは、明日刑を執行するためでした。ショックのあまり放心状態となった豊松のもとに小宮が会いに来ます。

小宮から葡萄酒を受け取り飲み干す豊松。小宮は来世を信じるしかないと豊松に説き、生まれ変わるなら何になりたいかと問います。豊松は貧しかった自分の身の上を話し、生まれ変わったら金持ちに生まれたいと言って泣き出しました。小宮は彼の肩を強くやさしく抱きます。

ひとりになった豊松は家族宛ての遺書を書き始めました。

「もう一度みんなと一緒に暮らしたい。でももうそれはできません。せめて生まれ変わることが出来るのなら、もう人間にはなりたくありません。いっそのこと深い海の底の貝がいい。私は貝になりたい」と。

なにも知らない房江は、夫が戻ってくることを信じて青い空を見上げました。

スポンサーリンク

映画『私は貝になりたい』の感想と評価

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会

狂気の世界に存在する確かな愛

戦争という愚かな行為の悲惨さをあぶり出す一作『私は貝になりたい』。観終えた後は、こんな恐ろしいことが本当におこなわれていたのかと驚愕せずにはいられません。

中居正広演じる床屋の豊松は貧しい生まれで、幼くして丁稚に出され、足が悪いこともあり貧困に苦しみながら生きてきました。房江と出会って自分の店を構え、親子3人でつつましく暮らしていましたが、突然届いた召集令状によって運命を狂わされます。
上官に強要されて捕虜を刺した豊松は、戦後の裁判で死刑の判決を受けます。実は恐怖のあまり豊松はうまく捕虜を刺すことができず、腕をケガさせただけでした。しかし、殺してもいないのに彼は絞首刑を言い渡されます。

印象的なのは、この時代の日本人にとっての天皇の存在です。彼らにとって天皇は神のような存在でした。捕虜を刺すように言われて躊躇した豊松は、上官の言うことは天皇の言うことと同じという言葉を聞いて、雷に打たれたかのようにもう一度捕虜に向かって突進します。
狂気の中にあった彼らにとって、天皇という存在は彼らの行動に正統性を持たせる魔法でした。天皇陛下万歳と言って命を散らしていった若者たちのことを思うと悲しみに胸がふさがれます。
戦後、目を覚ました人々は、戦争の愚かしさをいやというほど思い知らされることになります。

裁判で、自分たちは馬や牛と同じだと叫ぶ豊松の悲しみと怒りが胸に迫ります。
苦しむ豊松の胸の中で、確かなものとして存在し続けたのが愛する妻・房江でした。幼い子供をふたり連れて高知から上京し、必死で自分のために嘆願書への署名を集めてくれた妻のために、豊松は必死で生きようと心を奮い立たせます。

そんな願いが叶うことなく、極刑に処される豊松の姿に涙を流さずにはいられません。

獄中で出会った人たちとの絆

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会
獄中で豊松はさまざまな人々と出会います。どの人物も強い印象を残す者ばかりです。
最初に独房で一緒になったのは草彅剛演じる大西です。彼は淡々と牢のしきたりについて説明し、翌朝すぐに処刑を言い渡されて去っていきます。ほんの短いシーンですが、草彅の迫力ある演技に圧倒される印象的な場面です。

その後、笑福亭鶴瓶演じる西沢と同室になり、再審請求をあきらめない彼から大きな希望を受け取ります
石坂浩二演じる孤独を抱える元上官の矢野と、豊松は恨みを越えて深く心つながります。毅然として絞首台に上る矢野のシーンは大きなみどころのひとつです。

そして誰より豊松に大きな影響を与えたのは、教誨師・小宮の存在でした。彼は豊松が家族に状況を伝えていないことに気づき、房江に手紙を書いて夫婦を引き合わせます。
教誨師という厳しい仕事をまっとうできるのは、彼自身が来世を強く信じているからです。今苦しんでいる囚人も死後はきっと救われることを信じられるからこそ、小宮は人々を刑に送り出すことができました。

彼は最後の夜に豊松に葡萄酒をふるまい、彼の魂に寄り添います。来世にどんな風に生まれ変わりたい聞かれた豊松は、金持ちになりたいと言って号泣し、小宮は彼の肩を抱きます。

こうして小宮が寄り添ってくれたことで豊松は正気を取り戻し、家族に手紙を書くことができました。
豊松の遺書は絶望に満ちていました。生まれ変わって金持ちになりたいなどという思いは彼にはもうありません。
そこには、ただ残酷な人間の世から遠く離れ、静かに海の底で貝になりたいと書かれていました。
醜い人の世界には戻りたくないという強い思いに加え、遺していく家族を心配する深い悲しみに彼はもはや耐えられなかったのです。

この手紙を見た小宮はどう感じたことでしょうか。来世を待ち望むより、今生きている人を救うことに全力を尽くす大切さを、辛い思いで噛みしめたかもしれないと思えてなりません。

まとめ

(C)2008 映画「私は貝になりたい」製作委員会
大きな不条理の中で過酷な運命に命を散らしたひとりの平凡な男の姿を描く名作『私は貝になりたい』。
家族と暮らしたいというつつましやかな願いを叶えることなく、無念のうちに死にゆく豊松の悲しみが真正面から描かれます。

ストーリーはフィクションながら、恐らく現実に戦場や裁判で起こった真実が描かれていると言えるでしょう。

本当に罪を背負うべきだったのは誰なのかはわかりません。戦争という怪物に飲み込まれた市井の人々は、ただ自身が生きるために必死だったに違いないからです。

馬や牛のように好きにこき使われ、虫けらのように殺されるような、人間の尊厳を踏みにじる世に決してしてはならないと強く訴えかける一作です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『トレインスポッティング』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2017年に続編が公開され、今もファンに支持され続けている映画『トレインスポッティング』。 スコットランドのエディンバラを舞台にヘロイン中毒の主人公がヤク中仲間と送る怠惰な青春。 20年以上経った今見 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンク・オア・スイム 』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。逆転劇の実話を孤独な現代人へ贈るヒューマンコメディ

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! スウェーデンに実在する、男子シンクロチームをモデルに、駄目な中年男達の逆転劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エレファント』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ。タイトルの意味解説とガス・ヴァン・サントは日常の闇を如何に描いたか

“キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている”…ガス・ヴァン・サント監督の代表作のひとつ映画『エレファント』。 ガス・ヴァン・サント監督の演出による映画『エレファント』は、2003年の第56回カンヌ …

ヒューマンドラマ映画

アンジェイ・ワイダ映画『死の教室』あらすじネタバレと感想【タデウシュ・カントルの舞台記録】

アンジェイ・ワイダ監督の隠れた名作『死の教室』。 2019年開催のポーランド映画祭にて上映された名作のひとつが、巨匠アンジェイ・ワイダ監督の『死の教室』。 ポーランドの前衛演劇家タデウシュ・カントール …

ヒューマンドラマ映画

映画『聖なる泉の少女』ネタバレ考察と内容解説レビュー。清らかな水が湧く森に見た自然への敬意と恩恵

変わりゆく時代の中で、私達が忘れてしまった信仰とは。 映画『聖なる泉の少女』は、実際にジョージアのアチャラ地域に昔から口承で伝わってきた物語に基づいた作品です。 むかしむかし、泉の水で人々の傷を癒して …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学