Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/04/25
Update

映画『海辺の家族たち』あらすじ感想と評価解説レビュー。3人兄妹の絆を描いたゲディギャン監督の集大成的秀作

  • Writer :
  • 松平光冬

父との最期の日々を過ごすために集った3人の子どもたちを描くヒューマンドラマ

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる名匠ロベール・ゲディギャン監督の最新作『海辺の家族たち』が、2021年5月14日(金)より、キノシネマほかで全国順次公開されます。

マルセイユ近郊の海辺の家に、父との最期の日々を過ごすために集まった3人の子どもたちが、それぞれ胸に秘めた過去と向き合う様を、丹念にドラマ化しました。

スポンサーリンク

映画『海辺の家族たち』の作品情報

(C)AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【原題】
La Villa(英題:The House by the Sea)

【監督・脚本】
ロベール・ゲディギャン

【撮影】
ピエール・ミロン

【編集】
ベルナール・サシャ

【キャスト】
アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイラン、ジャック・ブーデ、アナイス・ドゥムースティエ、ロバンソン・ステヴナン

【作品概要】
『マルセイユの恋』(1996)、『幼なじみ』(1998)、『キリマンジャロの雪』(2011)などが高く評価され、ベルリン国際映画祭や、ヴェネチア国際映画祭で審査員も務めたカンヌ国際映画祭の常連でもある名匠ロベール・ゲディギャン監督最新作。

自身が生まれ育ったマルセイユを舞台に、父との最期の日々を過ごすために集まった3人の子供たちと、漂着した難民の子供たちとの出会いを描き、「ゲディギャン監督の映画人生40年の集大成の傑作」として、さらに名声を高めました。

主なキャストは、ゲディギャン監督作の常連にして実生活での妻でもあるアリアンヌ・アスカリッドに、やはりゲディギャン作品の常連であるジャン=ピエール・ダルッサンとジェラール・メイラン。

そのほか、『ニキータ』(1990)のジャック・ブーデ、『タイム・オブ・ウルフ』(2003)のアナイス・ドゥムースティエに、『デルフィーヌの場合』(1998)のロバンソン・ステヴナンといった面々が脇を固めます。

映画『海辺の家族たち』のあらすじ


(C)AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

パリに暮らす人気女優のアンジェルは、20年ぶりにマルセイユ近郊の故郷へと帰って来ます。

彼女を迎えたのは、家業である小さなレストランを継いだ上の兄のアルマンと、最近リストラされて若い婚約者のヴェランジェールに捨てられそうな下の兄のジョゼフ。

3人が集まったのは、父が突然の病に倒れ、意識はあるもののコミュニケーションが取れなくなってしまったから。

家族の思い出の詰まった海辺の家をどうするのか、話し合うべきことはたくさんあったはずなのに、それぞれが胸に秘めた過去が、ひとつひとつ露わになっていきます。

昔なじみの隣人も巻き込み、家族の絆が崩れそうになったその時、兄妹たちにある事態が…。

スポンサーリンク

映画『海辺の家族たち』の感想と評価


左からロベール・ゲディギャン監督、アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン
(C)AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられるロベール・ゲディギャン監督は、出世作ともいえる『マルセイユの恋』や『幼なじみ』、『キリマンジャロの雪』などで、自身が生まれ育ったマルセイユ近郊を舞台とした作品を手がけてきました。

以前、「細い路地のひとつひとつまで知り尽くした町の方がやりやすいから」と、マルセイユで撮る理由を語っていたゲディギャンですが、本作『海辺の家族たち』では、マルセイユ近くのメジャン入江をメイン舞台に選んでいます。

「山腹に建つ、まるで外観しかないように見える色とりどりの小さな家々。それらを見渡す高架橋があり、そこを走る列車はまるで子どものおもちゃのようだ。海に向かって開けた光景が、水平線を背景…彩色されたキャンバスのように変えてしまう。冬の光の中、誰もいなくなったときには特にそう見える。メランコリックで美しい、使われていない舞台セットになるのだ」

ゲディギャンにとって「劇場のようだ」というこの入江で、とある家族と隣人や恋人も交えたドラマが綴られます。

(C)AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

主要人物となるアンジェル、アルマン、ジョゼフの3人兄妹は、突然の病に倒れた父の身を案じ、久々に顔を合わせるも、彼らは忌まわしき過去の出来事と、それぞれ抱える現在の問題が重なり、素直に再会を喜ぶことが出来ずにいます。

そんな寂れてしまった入江の町に、3人の難民の子どもたちが漂着します。

ゲディギャン作品においては、マルセイユという町も主役

マルセイユは南フランス最大の港町ということもあり、地中海を通って各地の難民が集まってきます。

民族間の紛争から逃れるため、命がけで海を渡ってくる人々の中には、幼き子どもも含まれており、彼らは逃亡時に親と離れてしまったり、または大人からの迫害を避けて自ら国を離れるなど、理由もさまざまです。

難民・移民事情が絡むのもゲディギャン作品の特徴で、これは、彼の父親がアルメニア出身であることが関係しているでしょう。

旧ソ連から独立したアルメニアとアゼルバイジャンの2国は、カスピ海と黒海に挟まれたカフカス地方の南部にある地区ナゴルノ・カラバフの独立をめぐり、1980年代末期から長い紛争が続きました。

昨年11月10日に4回目の停戦合意となるも、累計で100万人以上の難民を生んだとされるこの紛争がもたらした人々の分断を、ゲディギャンは『Le voyage en Arménie(アルメニアへの旅)』(2006、日本未公開)や『Une histoire de fou(狂気の歴史)』(2015、日本未公開)で、父の故郷アルメニアを絡めて映像化しています。

人口の3割をイスラム系移民が占め、難民にとっては安住の地となりつつあるマルセイユの今を、ゲディギャンは映します。

まとめ


(C)AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

辛い過去と厳しい現在を抱える3人の兄妹は、難民の子どもたちとの出会いにより、思わぬ化学反応を生みます。

『マルセイユの恋』、『キリマンジャロの雪』などで、社会的に弱い立場の人々の人生を温かな眼差しで見つめ続けてきたゲディギャン。

本作が、彼の集大成と銘打たれている理由が分かることでしょう。

市井の人々の絆が生む未来の道しるべを、ご自身の目で確かめてください。

映画『海辺の家族たち』は、2021年5月14日(金)より、キノシネマほかで全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『復活の日』あらすじネタバレと感想考察。コロナウイルス感染拡大の“類似と差異”を解説

1980年公開の邦画『復活の日』は、“いま”こそ見るべき秀作 世界各地で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症“COVID-19”。 外出自粛要請や緊急事態宣言など、日本国内にも大きな影響が出ており、状 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

ヒューマンドラマ映画

映画『青の帰り道』ネタバレあらすじと感想。原作なしで邦画おすすめの名作との共感性を描く

悩み、葛藤、挫折…誰もが経験する青春の1ページ。 同郷の若者たちが歩んだ2008年から2018年の10年間の人生模様を、リアルに描いた青春群像劇『青の帰り道』をご紹介いたします。 スポンサーリンク C …

ヒューマンドラマ映画

映画『ベロニカとの記憶』あらすじとキャスト。リテーシュ・バトラ紹介

映画『ベロニカとの記憶』は2018年1月20日より、東京・シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。 『めぐり逢わせのお弁当』のリテーシュ・バトラ監督が演出を務め、アカデミー賞助演男優賞俳優の …

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライトシャドウ』ネタバレ感想と結末あらすじ内容の評価考察。小松菜奈が吉本ばなな原作の幻想的なラブストーリーを熱演

世界30カ国以上で翻訳されている吉本ばななの初期短編作品が33年の時を経て遂に映画化。 吉本ばななによる同名短編小説を、映画化したラブストーリー『ムーンライト・シャドウ』。 ヒロインを演じるのは小松菜 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学