Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/05
Update

映画アイ,トーニャの母親キャストで助演女優賞!アリソン・ジャネイ紹介【アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

第90回アカデミー賞助演女優賞受賞!アリソン・ジャネイの『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』。

トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした史上最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」。

オリンピック出場権を巡るライバル衝撃事件の真相を描いた、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

スポンサーリンク

1.第90回アカデミー賞の助演女優賞獲得!


(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

フィギュアスケート史上最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を、あなたは覚えていますか。

この事件の渦中の存在だった実在するフィギュア選手スケーターのトーニャ・ハーディングは、疑惑の目が向かられたものの事件後に、リレハンメルオリンピックのアメリカ代表として出場しました。

そんな彼女の波乱万丈な半生を描いた注目の話題作『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

本作は現地時間3月4日に発表された第90回アカデミー賞にて、主演女優賞、助演女優賞、編集賞の3部門にノミネートされ、トーニャの厳しい母親ラヴォナ・ハーディング役を演じた、アリソン・ジャネイが助演女優賞を獲得しました。

2.映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』とは


(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

1991年に女子フィギア選手としてトリプルアクセルを成功させ、2度のオリンピック代表選手であったトーニャ・ハーディング。

彼女が1994年に起こしたフィギュアスケート史上最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の真相とともに、トーニャの波乱万丈な半生を描いたストーリーです。

トーニャ役で主演を果たしたマーゴット・ロビーは、トーニャがスケートを滑るシーンのみならず、話し方や立ち振る舞いの様子まで完全に再現したの熱演を見せています。

また、強烈な個性を持つトーニャの鬼母ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイをはじめとするキャスト陣の力強い演技を披露。

それにも増して、トーニャの激しく波乱に満ちた生き様を、ブラックユーモア交じりに描いた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は大きな反響を呼び、第75回ゴールデングローブ賞ではミュージカル・コメディ部門・作品賞、主演女優賞(マーゴット・ロビー)、助演女優賞 (アリソン・ジャネイ)の3部門にノミネートされ、助演女優賞を受賞されました。

授賞式ではマーゴットは純白のCHANELのオートクチュール、アリソンはReem Acraの真紅のドレスを身にまとい登場しました。

名誉ある助演女優賞と受賞者として自分の名前が呼ばれると、本作の脚本家を手がけ、アリソンにこの役をオファーした長年の友人でもあるスティーブン・ロジャースと熱いハグした後、主演を果たしたマーゴット・ロビーとキスをかわし、舞台に登壇しました。

アリソン・ジャネイは受賞スピーチは次のようなものでした。

「私一人でこの賞を獲ったのですよ」と開口一番ジョークを発し、「他の候補者も素晴らしい。脚本を書いたスティーブンをはじめ、この受賞で友人の定義ができました。マーゴット、キャストク、クルー、たくさんの励ましをありがとう。これを持ってさらに女優としてキャリアを追求できます。家族、友人、スタッフ、すべての人に感謝します」

アリソンらしく、ジョーク混じりに受賞の喜びを語っていますね。おめでとうございます!

スポンサーリンク

アリソン・ジャネイのプロフィール

参考映像:『アメリカン・ビューティー』(1999)

1959年11月19日にオハイオ州デイトン生まれ。

大学卒業後にニューヨークやロンドンで演技を学び、1989年ドラマデビュー。

ドラマ「ザ・ホワイトハウス」シリーズの CJ・クレッグ報道官役で、4度のエミー賞を受賞。通算では7度のエミー賞を受賞しています。

ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門で過去5度ノミネートされ、映画部門のノミネートは今回初となり、初受賞を果たしました。

また英国アカデミー賞でも助演女優賞を受賞しています。

主な代表作は、1999年に公開されたサム・メンデス監督の『アメリカン・ビューティー』のバーバラ・フィッツ役。

2002年にスティーブン・ダルドリー監督の『めぐりあう時間たち』のサリー・レスター役。

2007年にアダム・シャンクマン監督の『ヘアスプレー』のプルーディー・ピングルトン役。

2001年にテイト・テイラー監督の『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』にてシャーロット・フェラン役を演じています。

また、声の出演作品は『ファインディング・ニモ』(2003)『ミニオンズ』(2015)などがあります。

映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のあらすじ


(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

貧しい家庭に生まれ、幼い頃から暴力と罵倒のなかで育てられたトーニャ・ハーディング。

天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、1992年アルベールビル、1994年リレハンメルと2度のオリンピック代表選手となります。

しかし、トーニャの夫だったジェフ・ギルーリーの友人がトーニャのライバル選手のナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変、見る見るうちに転落していきます。

1度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングでしたが、その後の彼女を待ち受けていたのは…。

スポンサーリンク

まとめ

トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした彼女の半生とは、いかなるものなかのか?

そして、第90回アカデミー賞助演女優賞受賞したアリソン・ジャネイ

彼女が見事な演技力で演じたスケートリンクなのに土足で片手にタバコの姿の⻤母ラヴォナとは?

話題と注目を集める、オリンピックライバル衝撃事件の真相を描いた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョン・デロリアン』ネタバレ感想とレビュー評価。実話を基に理想の車を作ろうとした男の転落人生を描く

“未来の車”を作ろうとした男の波乱万丈な半生。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で一世風靡したタイムマシンのベースカーは、如何にして誕生したのか? 伝説の名車デロリアン(DMC-12)の開発者の …

ヒューマンドラマ映画

映画『お茶漬の味』あらすじネタバレと感想。小津安二郎代表作で夫婦のすれ違いを描く

「夫婦とはお茶漬の味のようなものだ」 小津安二郎の1952年の作品『お茶漬の味』(1952)は、1951年の『麦秋』と1953年の『東京物語』の間の作品で、脚本の野田高梧とともに、小津の円熟味が増した …

ヒューマンドラマ映画

映画『おもかげ』あらすじと感想考察。ベネチア映画祭でマルタ・ニエトが主演女優賞を獲得、息子を失くした女性の“希望と再生”

映画『おもかげ』は2020年10月23日(金)からシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国ロードショー。 ある日突然、息子が失踪してしまった女性の10年後を描いた映画『おも …

ヒューマンドラマ映画

石原裕次郎創刊第1弾『嵐を呼ぶ男』7/13発売!あらすじやDVDも

全93作品を網羅!『石原裕次郎シアターDVDコレクション』7月13日(木)創刊! 昭和のビッグスターとしてタフガイと呼ばれた石原裕次郎。 裕次郎映画の名作・傑作をDVDとマガジンで! 全号をそろえると …

ヒューマンドラマ映画

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』感想と考察評価レビュー。多感な若者と心理学教授の儚くも尊い交流

青年を導く人生の師フロイトを熱演した名優、ブルーノ・ガンツの遺作 2019年2月に亡くなったドイツを代表する名優ブルーノ・ガンツの遺作となる映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』が、20 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学