Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/07/30
Update

映画『PLAY 25年分のラストシーン』感想評価と解説レビュー。POVという主観ショットで表現する大きな時代の変革を生きる人々

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『PLAY 25年分のラストシーン』は2020年11月6日(金)に新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほかで全国ロードショーほかで全国ロードショー!

13歳から友人、家族とのひと時を常にカメラに収め続けていたマックス。その映像で人生を振り返りながら、彼は一つの想いを胸に抱いていました。  

幼少から撮り続けてきたホームビデオのラッシュフィルムから1人の男性の人生を綴ったドラマ『PLAY 25年分のラストシーン』。ほぼ全編をPOV映像(視点、主観映像)で時にユーモラスに、時に生々しく物語を描きます。

作品を手掛けたアントニー・マルシアーノ監督は、これまでもたびたび仕事を共にしたマックス・ブーブリルと本作でもタッグを組み、90年代のパリを鮮烈に描き出しています。

スポンサーリンク

映画『PLAY 25年分のラストシーン』の作品情報


(C) 2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【英題】
PLAY

【監督・脚本】
アントニー・マルシアーノ

【共同脚本】
マックス・ブーブリル

【キャスト】
マックス・ブーブリル、アリス・イザーズ、マリック・ジディ、アルチュール・ペリエ、ノエミ・ルヴォウスキー、アラン・シャバ

【作品概要】
13歳から自身とその周りの人たちの生活をホームビデオで撮りためた1人の男性の25年を、彼の思いを中心に描いたヒューマンドラマ。

作品を手掛けたのは、フランスのアントニー・マルシアーノ監督。自身が手掛けた『Les gamins』(2013)では主人公マックス役を務めたコメディアンのマックス・ブーブリルと共同で脚本を担当。さらにコメディ映画『Robin des Bois,laveritablehistoire』(2018)でもタッグを組んでおり、3回目のタッグとなる本作では、再び共同で脚本を担当しています。

共演にはヒロインのエマ役に『令嬢ジョンキエール -愛と復讐の果てに-』(2019)などのアリス・イザーズ、マックスの友人・マチアス役に『ダゲレオタイプの女』(2016)のマリック・ジディ、マックスの母に『カミーユ、恋はふたたび』(2012)などのノエミ・ルヴォウスキーらが名を連ねています。

映画『PLAY 25年分のラストシーン』のあらすじ


(C) 2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

1993年のフランス、パリ。マックスは両親からプレゼントされたビデオカメラで撮影を始めました。

以後友達といるとき、家族といるときにマックスは常にビデオカメラを回していました。

そして現在38歳になったマックスは、25年間の映像を編集しようと、これまでの思い出を見返します。

友人や家族と過ごした遊びや旅行、サッカーのワールドカップ、新たなミレニアムへのお祝いなど。

そしてこのフッテージによる回想が終わるころ、マックスはある一つの決心とともに、この映像のラストシーンに向けた準備を考え始めました。

スポンサーリンク

映画『PLAY 25年分のラストシーン』の感想と評価


(C) 2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

POV映像は、1999年の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』以降、特に低予算で手軽に撮影できるという副産物的な効果も相まって、近年のB級ホラー映画などで多く見られる表現方法となりました。

しかし一方で、2015年のアクション映画『ハードコア』のような例など、特殊な映像技法に傾いてしまったり、ジャンル的にはホラー、パニック系などの作品に偏る傾向がありました。

本作はそんなPOV映像のドキュメンタリー風な映像感が得られる効果をうまく利用し、特殊技法に頼らずにある1人の男性とそれを取り巻く人たちの関係を、ユニークなタッチで描いたヒューマンストーリーとして仕上げています。

映像がPOVによるものという点を除くと、物語は『フォレスト・ガンプ』(1994)を彷彿させるラブストーリーに、周囲の人間との関係を交えて描いた人生ドラマ風な展開を見せていると解釈できます。

そしてそれに加え、手持ちのカメラによるリアリティーや手作り感だけでは推し量れない明確なイメージを、主演兼脚本担当のマックス・ブーブリルが持っていたことで、新鮮かつ主題をしっかりと含んだ映像として仕上げています。

POV映像ならではの要所に見えるラフさは作品の特徴といえますが、90年代のフランスにおける若者のライフスタイルを表現した映像、その中で一見アドリブの連続と見えながらも、しっかりと物語の芯をブラさずつなぎ合わせてシーンを作り上げている点など、非常に緻密に計算しつくされた上で出来た印象すらあります。


(C) 2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

劇中では同じ役柄の人間を3世代分用意し、それぞれの時代に合わせて演技をさせていますが、「役者が変わった」と思わせない工夫もかなりの配慮を見せています。

そこには、世代を通して演じる役者が共通して、キャラクター一人ひとりの性格を認識していることがうかがえます。

その意味ではPOV映像という技法が先行せず、あくまで撮りたい映像のイメージを追究したところでこの撮影方法に行きついたといえます。

主人公がカメラでずっと周囲の人間を撮り続けるというアイデアに対するブーブリルのこだわり、その映像に対するアントニー・マルシアーノのゆるぎない世界観こそが、この物語を作品としてうまく成立させた要因であるといえるでしょう。

フッテージのつなぎ合わせで、25年という長い期間を見事に成立させた手腕からは、この技法に対する新しい可能性を見出した印象もあります。

まとめ


(C) 2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

物語は一見、ある人々の人生を追ったヒューマンドラマでありますが、新たな時代を迎えるにあたり、人との関係について国を越えてさまざまなことを考えさせられる側面も持ち合わせています。

この物語のタイムラインを考えると、物語のスタートは1993年。1990年代の初頭から2000年に至る時期は、世界的にはちょうどMicrosoft社のWindows OSが発表され、インターネットというインフラが急速に発達し一般的なものとなり始めたころでした。

その一方、日本ではバブルが崩壊し、韓国では2000年直前に通貨危機を迎えるなど、激動の時代でもありました。

また、フランスという国の目線でもさまざまな出来事のあった時代ですが、この物語では敢えてそういった局所的な出来事に一切触れていません。

この世代に生まれた人たちを、時代の裏側にあった別の目線として描く……。その前の世代の人、つまり彼らと親世代の人とのコントラストで表現することで、この世代はどんな風に育ってきたかを、ストレートな視点で描いています。

そういった時代背景を裏で考えながら物語を辿っていくと、すっと受け流して見てしまうには惜しい作品だと改めて気づかされることでしょう。

映画『PLAY 25年分のラストシーン』は2020年11月6日(金)に、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほかで全国公開されます!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリグズビー・ベア』あらすじと感想。公開される劇場情報も

映画『ブリグズビー・ベア』は、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開。 サンダンス映画祭やカンヌ映画祭ほか、世界中の映画祭で話題を集めた作品で、「サタデー・ナイト …

ヒューマンドラマ映画

映画『泣き虫しょったんの奇跡』あらすじとキャスト。松田龍平の演技への思いとは

2018年秋、全国ロードショーの映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、棋士界の実話を描いた作品で、主演を松田龍平が務めます。 史上初!奨励会退会からプロ編入という、偉業を成し遂げた男の感動の実話です。 2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ネタバレと感想!ラスト結末も

マイケル・キートンがマクドナルドの創業者レイ・クロックを演じる、実話をもとにしたドラマ『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開されています。 あのマクドナルドの創設にこんなドラマがあったとは! …

ヒューマンドラマ映画

映画『みをつくし料理帖』あらすじ感想と内容評価。松本穂香と奈緒に託した角川春樹監督の最後の作品

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー! 作家・高田郁の原作小説を、名匠・角川春樹監督が自身最後の作品として作り上げた時代劇『みをつくし料理帖』。 恵まれない境 …

ヒューマンドラマ映画

映画『もみの家』ネタバレ感想と考察。ロケ地の風景が評判となる坂本欣弘監督の“故郷富山”への思い

立ち止まっても大丈夫、ゆっくり進もう。 撒いた種の実る季節は必ずやってくるから。 心に問題を抱えた若者たちを受け入れ、再び歩きはじめるための一歩を手助けする場所「もみの家」。 主人公の彩花は、そこで仲 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学