Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/06/19
Update

映画『パピヨン(リメイク版)』2017と1973年版の比較解説。実話原作とオリジナル劇場版との相違点に迫る

  • Writer :
  • 松平光冬

男の友情を描いた脱獄映画の金字塔が、装いも新たによみがえる!

2019年6月21日よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開される、チャーリー・ハナム主演の『パピヨン』の詳細な映画解説

また、実話を記した原作小説や、1973年製作のスティーブ・マックイーン主演の映画版(以下、オリジナル版)との相違点について考察します

スポンサーリンク

映画『パピヨン』の作品情報

(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2019年(アメリカ、セルビア、モンテネグロ、マルタ合作映画)

【原題】
Papillon

【監督】
マイケル・ノアー

【キャスト】
チャーリー・ハナム、ラミ・マレック、ローラン・モラー、トミー・フラナガン、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、イヴ・ヒューソン

【作品概要】
スティーヴ・マックイーンとダスティン・ホフマン出演による、1973年公開作『パピヨン』を2017年にリメイク。

主人公のアンリ・“パピヨン”・シャリエール役を、『パシフィック・リム』(2013)のチャーリー・ハナム、相棒のルイ・ドガ役を、『ボヘミアン・ラブソディ』(2018)のラミ・マレックがそれぞれ演じます。

監督のマイケル・ノアーは、刑務所内での人種間対立を描いた『R』(2010、日本未公開)で注目を浴びた、デンマークの新鋭です。

映画『パピヨン』のあらすじ


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1931年、パリ。金庫破りを生業とし、胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれるアンリ・シャリエールはある日、身に覚えのない殺人罪で逮捕。

終身刑を受けてしまったパピヨンは、“悪魔島”と呼ばれる、南米のフランス領ギアナにある孤島内の刑務所への護送途中で、ニセ札偽造の罪で死刑宣告を受けたルイ・ドガと出会います。

体内に金を隠し持っているために命を狙われていたドガに、護衛をする代償として脱獄の資金提供を求めるパピヨン。

両極端な性格の2人は、これを機に奇妙な友情を結ぶこととなりますが、同時に彼らにとって、長くて過酷な日々の始まりとなるのでした――。

スポンサーリンク

原作者アンリ・シャリエールと小説『パピヨン』について

本作の原作となった小説『パピヨン』は、殺人の濡れ衣を着せられ13年間の獄中生活を送った、アンリ・“パピヨン”・シャリエールによる1969年発表の処女作です。

1944年に、9度目の挑戦でついに脱獄に成功したシャリエールは、その後ベネズエラの市民権を取得し、容疑が晴れて自由の身となりました。

ただ一方で、シャリエールと同時期に獄中生活を送ったという元囚人たちから、小説の内容が事実と異なるといった声が上がったり、冤罪ではなく本当にシャリエールが殺人を犯したのではという説が流布するなどの物議も醸しました。

真偽の程は定かではないものの、原作ではシャリエールが何度も脱獄を試みる過程や刑務所内での混沌とした人間模様、さらには脱獄後の経緯が語られており、これが小説家第1作とは思えないほどの彼の表現豊かな文章力が、余すことなく示されています。

シャリエールはその後、ベネズエラ生活を回顧した続編『パピヨンは死なない』や、映画化の際は自ら脚本・出演した『太陽の200万ドル』を発表するも、映画版『パピヨン』が完成する直前の1973年7月に亡くなっています。

オリジナル版『パピヨン』について

1973年に映画化されたオリジナル版『パピヨン』の大きな脚色として、原作では少ししか登場しないルイ・ドガを、パピヨンの相棒として大きくフィーチャーした点が挙げられます。

これは、スティーヴ・マックィーン扮するパピヨンのパートナーを、第二の主人公的存在にする必要があると判断した、製作陣の意向からです。

そのため、途中から脚本に加わったダルトン・トランボと、パートナー役にキャスティングされたダスティン・ホフマンが協議した結果、ドガの役どころを原作よりも膨らませています。

トランボといえば、太平洋戦争後のアメリカに吹き荒れた、“赤狩り”と呼ばれる共産主義者弾圧に巻き込まれ、公に脚本家としての活動が出来なくなった人物。

その苦難から彼は、理不尽な体制への反発や、真の友情を描いたテーマの脚本を多数手がけました。

ホフマンが「ドガはトランボ本人がモデルになっている」と語るように、オリジナル版ではトランボの存在が際立っていますが、彼自身も俳優として刑務官吏役でカメオ出演しています。

なおトランボについては、伝記映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2016)があります。

参考映像:『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』予告

スポンサーリンク

リメイク版『パピヨン』の特徴


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そしてリメイク版となる本作は、シャリエールによる2つの原作(『パピヨン』、『パピヨンは死なない』)と、オリジナル映画版の脚本をベースとしています。

あらすじ展開こそオリジナル版を踏襲していますが、オリジナル版にはなかった原作のエピソードも追加。

冒頭でのパピヨンが刑務所に入る前のパリのエピソード、そしてエピローグなどは、原作を意識した箇所でしょう。

キャスト陣についても触れておきましょう。

まずパピヨンを演じるチャーリー・ハナムは、その説得力ある肉体美を活かした乱闘シーンこそあれど、マックィーンがパピヨンを演じたオリジナル版よりも、“静”の演技に徹した感があります。

それが顕著なのは、中盤での独房シーン。

オリジナル版のパピヨンは、独房生活に耐えきれず発狂寸前にまでなるシーンが話題となりましたが、リメイク版でのパピヨンは、心身共に疲弊しつつも、静かに脱獄への執念を燃やすような性格づけとなっています。

参考映像:『パピヨン』の極限の独房シーン

かたやドガ役のラミ・マレックは、オリジナル版のホフマンよりも性格を尖らせつつ、脆さを抑えるよう心がけたと語っています。

それでいて、時にはパピヨンをも凌駕するタフな精神力を見せる演技力は、さすがオスカー俳優といったあたりでしょうか(もっとも、本作は『ボヘミアン・ラプソディ』よりも前に製作されていますが)。

そのほかに、作品全編に漂う閉塞感がオリジナル版よりも上回っていたり、それでいて『ミッドナイト・エクスプレス』(1978)や『ショーシャンクの空に』(1995)といった過去の刑務所映画を彷彿とするシーンも散見しています。

(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ

(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

リメイク版『パピヨン』は、原作を未読だったり、オリジナル版映画を観ていない人向けに製作した感があります。

オリジナル版の評価が高いと、どうしてもリメイク版は比較されて評価が下がりがち。

そのため原作やオリジナル版に触れたことのある人の中には、本作の出来に不満を感じるかもしれません。

しかし、何から何までオリジナル版と同じにしても意味はありません。

自由と希望を諦めない男たちを描くという、根本のテーマはしっかりと捉えています

独自の演出や表現方法を試みた本作は、及第点の出来映えといっていいのではと思います。

極限世界で繰り広げられる男たちの友情を描いた『パピヨン』は、2019年6月21日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』感想評価と考察。主題歌のオープニング曲が物語の世界観に誘う

グザヴィエ・ドランが母と息子の関係やセクシュアリティーへの根深い問題を描く。 映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』が、2020年3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーされています。 …

ヒューマンドラマ映画

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【エドワードヤンおすすめの青春群像劇】

台湾の名匠エドワード・ヤンの代表作にして映画史上に残る傑作『牯嶺街少年殺人事件』をご紹介します。日本では92年に劇場公開され、ソフト化もされましたが、その後、複雑な権利関係のため、長らく劇場公開もソフ …

ヒューマンドラマ映画

映画マイバックページ動画無料視聴はHulu!ネタバレ感想と考察も

今回ご紹介する映画は、『ぼくのおじさん』や『オーバー・フェンス』などで知られる山下敦弘監督の『マイ・バック・ページ』。 キャストに『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』に出演の妻夫 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新年の挨拶に初詣は行かれましたか?今回ご紹介する『ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞』は、五体投地(ごたいとうち)という、巡礼の姿を描いた作品。 チベット民の巡礼の祈り姿は、あまりに途方もないロード・ム …

ヒューマンドラマ映画

カーリング女子映画『シムソンズ』あらすじとキャスト。12年ぶりリバイバル上映決定!

今から12年前、2006年カーリング女子日本代表チームの実話に基づいた映画『シムソンズ』は公開されました。 そして今、平昌オリンピックの女子カーリング日本代表チーム「LS北見」の銅メダル獲得の感動が覚 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学