Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの岡部隼也役は和田正人。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。

監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。

脚本を『機動警察パトレイバー』の伊藤和典、『亡国のイージス』の長谷川康夫が担当。

企画に『ローレライ』『亡国のイージス』で知られる作家・福井晴敏が携わっています。

主演は人気実力派俳優である西島秀俊。佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼など豪華俳優が共演することが発表されています。

この記事では、岡部隼也役を演じる和田正人(まさと)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ『空母いぶき』(小学館)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

名優・西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演します。

ほかにも佐藤浩市はじめ、本田翼、藤竜也、玉木宏、市原隼人ら豪華な顔ぶれの出演が決定しています。

監督は、『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗。

映画『空母いぶき』のあらすじ


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

世界が再び「空母の時代」へと突入している20XX年。

日本の最南端沖で、国籍不明の軍事勢力による突然の発砲があり、日本領土の一部が占領されて海保隊員が拘束されました。

緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本はいまだかつて経験したことのない一日を迎えようとしていました。

「いぶき」艦長の秋津竜太は、元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴の持ち主。軍人として武力行使や命がけの任務もいとわない人物です。

一方、副艦長兼航海長に選ばれた新波歳也は、専守防衛・人命第一での行動に誇りを持つ男。

新波は秋津の方針に違和感を覚えながらも、彼の努力や能力を認め、共に任務に励みますが…。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』岡部隼也役は和田正人(まさと)

参考映像:『関ケ原』(2017)

映画『空母いぶき』で岡部隼也役を演じる和田正人(まさと)は1979年8月25日生まれの俳優。高知県土佐郡出身。ワタナベエンターテインメント所属。

所属事務所の若手俳優集団D-BOYSの最年長メンバー。妻はタレントの吉木りさ。

高新中学駅伝に出場し、何度も区間賞を獲得します。実績を評価されて、推薦入学で高校・大学に進学し、陸上部に所属。大学4年では主将を務め、関東インカレ、箱根駅伝、ハーフマラソンなどで活躍。

卒業後はNECの陸上部に入りましたが、2年目に経費削減のために廃部となってしまいます、

廃部通達を受けた当日、俳優になることを宣言。ケガで走れない時期の悔しさが身に染みていたことから、死ぬまで上り詰めることができる仕事として魅力を感じたそうです。

もともと華やかな世界で活躍したいという思いに火がついた和田は、2004年『第1回D-BOYSオーディション』で特別賞を受賞し、同グループに加入。

2005年『ミュージカル テニスの王子様』で本格的に俳優デビュー。

2007年『死化粧師 エンバーマー間宮心十郎』でテレビドラマ初主演。

2013年に、NHK朝ドラ『ごちそうさん』で、ヒロインの幼なじみの肉屋の「源ちゃん」を演じてブレイク。彼女に思いを寄せながらもどこまでも支え続ける青年を魅力的に演じ、視聴者の心を捕らえました。

2014年『≪a≫symmetryアシンメトリー』で映画初主演。

同年、Dステ15th『駆けぬける風のように』で第69回文化庁芸術祭・新人賞受賞しています。

人気ドラマ『陸王』での陸上選手役をはじめ、東京マラソンや、バラエティ番組でのマラソンでも得意の走りを見せています。

ほかドラマ『トレース~科捜研の男~』『Miss デビル 人事の悪魔・椿眞子』大河ドラマ『女城主 直虎』『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、映画『関ケ原』『花戦さ』など数多くの作品に出演しています。

映画『空母いぶき』岡部隼也はどんな役?

岡部隼也は、護衛艦「いそかぜ」砲雷長です。

砲雷長とは、領土を脅かす敵に対してミサイルを発射する役目を持ちます。

和田正人は、この作品を通して、いつ迫るかわからない国の防衛というリアリティを強く想像させられたとコメント。

何度も発した「撃てーッ!!」というセリフが、観る人の心のズドーン!!と届けば嬉しいと語っています。

スポンサーリンク

和田正人(まさと)演技力の評価は

演技力ある中堅としての地盤を固めている和田正人。

陸上で培った男気あふれる魅力と、身体能力の高さから、刑事役などへのオファーも多い俳優です。

そういった意味でも、今回の映画『空母いぶき』での自衛隊員役は、まさにはまり役と言えるでしょう。

一方、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』では、中性的なヒロインの先輩役を好演。リアリティあふれるドラマを作り出すことに貢献していました。

主人公・悦子が心落ち着ける存在を演じ、視聴者が悦子への親近感を持つための重要な役どころを演じ、強い個性を持つ役でも、抑えた演技ができると高く評価されています。

2014年、Dステ15th『駆けぬける風のように』で第69回文化庁芸術祭・新人賞受賞

信頼できる脇役として高く評価されてきた和田正人から、今後も目を離せません。

和田正人(まさと)の公式SNSの紹介

和田正人(まさと)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

国民の命と平和を守るために戦う者たちの姿を描いた、クライシス超大作『空母いぶき』。日本がかつて経験したことのない24時間を描き切っています。

出演は西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、玉木宏、高嶋政宏ら豪華な実力派俳優陣。

『ホワイトアウト』など大作映画を手がけてきた若松節朗監督が、「未来の命に平和な世界を」をコンセプトに、平和や命に重みを問いかける極上エンターテイメント作品に仕上げています。

男気溢れ、鍛え上げた肉体と演技力を持つ名脇役・和田正人。どんな魅力ある砲雷長を演じるのか、要注目です。

『空母いぶき』は2019年5月24日より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想と内容解説。キャストや白石和彌監督は“香取慎吾の真実”の魅力をどのように述べたか⁉︎

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と俳優にしてアーティストの香取慎吾が初の …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】検察側の罪人の結末はキムタクとニノの演技力で考察をするな。橘の真相は愛ではない⁈

映画の原作は雫井脩介の『検察側の罪人』という同題ベストセラーで、演出は『関ケ原』や『日本のいちばん長い日』など、スケール感のある作風で定評の原田眞人監督。 本作は往年の邦画や上質な洋画を観ているような …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじとキャスト。ポレポレ東中野にて上映

赤い彗星を巡る青春群像劇。 PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞を受賞した、自主制作映画作品をご紹介します。 ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開です …

ヒューマンドラマ映画

高橋秀綱映画『このまちで暮らせば』に見る「ご当地映画」の傾向と特色とは

高橋秀綱監督作品『このまちで暮らせば』 最近、映画の中で土地柄を強く前に出した映画が多い。 フィルムコミッションが定着したこともあるが、下手な宣伝キャンペーンより映画のスクリーンに街並みを写しこむこと …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP