Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/23
Update

映画『人魚の眠る家』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【篠原涼子&西島秀俊共演】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『人魚の眠る家』2018年11月16 日(金)全国公開されます

東野圭吾の同題ベストセラー小説を『天空の蜂』で、すでに東野作品の映像化に経験済みの堤幸彦監督が映画化。

時にソフトな平和な時の家族の描写、極端なライティングで魅せるサスペンススリラー的な描写で描かれる、生と死の究極の境界線を巡る愛情の物語となっています。

主演は篠原涼子。これに西島秀俊、坂口健太郎、田中泯、松坂慶子、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司が共演として囲む重厚なドラマとなっています。

スポンサーリンク

映画『人魚の眠る家』の作品情報


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
堤幸彦

【原作】
東野圭吾

【キャスト】
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子

【作品概要】
東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して書かれた同名小説を、『SPEC』『明日の記憶』の堤幸彦監督が映画化。

愛する子供に訪れた“脳死”という悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦を、初共演の篠原涼子と西島秀俊が真に迫った演技で観客の心を震わせます。

西島秀俊演じる播磨が経営する会社の研究員として、人気俳優坂口健太郎。その恋人役には元AKB48川栄李奈。その他のキャストに田中泯、松坂慶子、山口紗弥加、田中哲司ら豪華実力派俳優陣が作品の説得力を際立たせます。

映画『人魚の眠る家』のキャラクターとキャスト


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

播磨薫子(篠原涼子)
二児の母、長女の事故を機に生き方が変わる

播磨和昌(西島秀俊)
薫子の夫、医療機器メーカーハリマテクス二代目社長

播磨瑞穂(稲垣来泉)
薫子・和昌の長女。プールで事故に遭う

斎藤汰鷹(播磨生人)
瑞穂の弟

千鶴子(松坂慶子)
薫子の母。瑞穂の事故の時に居合わせる

美晴(山口紗弥加)
薫子の妹

播磨多津朗(田中泯)
和昌の父でハリマテクス先代社長

進藤(田中哲司)
瑞穂の主治医

星野裕也(坂口健太郎)
ハリマテクスの技術者

川島真緒(川栄李奈)
星野の恋人で結婚を意識している

若葉(荒川梨杏)
瑞穂の従姉妹で、事故の際同じプールで遊んでいた

宗吾(荒木飛翔)
人魚の眠る家に惹かれる少年

スポンサーリンク

映画『人魚の眠る家』のあらすじとネタバレ


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

小学生の宗吾は帰り道に友だちとキャッチボールをしながら下校していました。ところがそのボールが一軒の家に。

その家は門扉に人魚が施されていた豪華な邸宅で、庭には子どもたちの遊び道具で溢れていました。

そして、そこに一人の少女が眠っていました。

その数か月前、薫子と和昌は、愛娘瑞穂のお受験の面談の模擬試験を受けていました。

そこに薫子の母千鶴子から瑞穂がプールで溺れ、意識がないという一報が飛び込んできました。

瑞穂は弟の生人と従姉妹の若葉、薫子の妹の美晴たちとプールに出かけていましたが、そこで溺れてしまったのです。

医師の進藤は、薫子と和昌に瑞穂が脳死状態にある可能性があることを伝えます。

そして、臓器移植の可否を訪ねてきました。

一度はそれに同意した二人、和昌の父多津朗も駆け付けた中で瑞穂の最期を看取ろうということになりました。

その瞬間、瑞穂の体が一瞬動きます。

いわゆるラザロ現象(脳死状態の体、不確定要素で瞬間的に反応する現象)だという進藤の説明を振り切って、薫子は瑞穂の延命を決断します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『人魚の眠る家』ネタバレ・結末の記載がございます。『人魚の眠る家』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

薫子と和昌は、瑞穂の受験が終われば離婚する予定でしたが、その話もいったん納めることになりました。

瑞穂の全身状態は安定していていたこともあって、自宅療養となります。

さらに、和昌が自身の医療機器メーカーハリマテクスの技術プレゼンの中で、自発呼吸ができない人間に呼吸を助ける横隔膜ペースメーカーの存在を知り、瑞穂に移植したところ瑞穂の体の状態は更に安定していきました。

ハリマテクスの技術者星野は、恋人の真央との結婚を意識する中で、電気信号を人間の体の外から送ることで動かせない四肢を動かすことができるという技術をプレゼンします。

横隔膜ペースメーカーの移植で状態が良くなった瑞穂のことを考えた和昌は、この星野の技術を使って瑞穂の体を動かせればさらに体調が良くなるのではないかと薫子に提案します。

やがて、薫子は星野の手助けもあって、瑞穂の面倒を見始めるようになりました。

瑞穂は眠り続けていましたが、薫子は星野の技術を使って瑞穂の体は動かし続けます。

徐々に薫子は何かにとりつかれたように瑞穂の世話に没頭していきます。

一方で和昌は、瑞穂の生死を自身のエゴで操っているのではないかと思い悩むようになります。

薫子と和昌の意識の齟齬が頂点に達した時、薫子はこれから娘を殺すと警察に通報。

駆け付けた警官に対して、脳死状態にある娘を殺す自分は、殺人犯になるのかと問いかけます。

薫子が殺人犯となれば瑞穂は生きていることになり、薫子が罪に問われなければ瑞穂は死んでいるということになります。

周りの人間からの説得を受けて冷静さを取り戻した薫子。

その日の夜に瑞穂に付き添っていた薫子は夢か幻かわかりませんが、瑞穂が目覚め“ありがとう”と言葉を投げかけます。

その翌朝、瑞穂は息を引き取りました。

それからしばらくして、宗吾が自宅に帰ってきます。

宗吾は心臓の病を抱えていましたが、ドナーが見つかり助かりました。

宗吾はさっそくあの人魚の門扉の家に向かいますが、家はすでに亡くなっていました。

その時、宗吾の新しい心臓が何かに反応したかのように鼓動しました。

映画『人魚の眠る家』の感想と評価


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

2018年秋は脇で魅せる西島秀俊の演技力

『オズランド』や『散り椿』。そして本作『人魚の眠る家』3作連続で脇に回った西島秀俊。

今や主演型日本人俳優の一人である一方で、かつては脇に回って抜群の存在感を見せていました。

90年代後半から数年間、諸事情もあり民放ドラマに顔を出すことができないことがあって、NHKやWOWOW、映画などで腕を磨きました。

その甲斐もあって西島秀俊は、今や硬軟自在な役者として抜群の存在となりました。

2019年には主役として映画『空母いぶき』が待機中。今度は映画の座長として登場します。

強き母を演じる篠原涼子の演技力


(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

常にかっこいい女性を演じてきた篠原涼子。

そのキャラクターを決定づけたのは、「アンフェア」シリーズでした。

この時の娘を演じた子役が現AKBの向井地美音であることがトリビア的に知られていますが、ここへきて母親役が続きます。

『SUNNY強い気持ち強い愛』『今日も嫌がらせ弁当』で母親役が続きますが、今回の母親像はある種の究極的な母性の持ち主を演じます。

中盤明らかにホラー・サスペンスの演出方法を取り込んで彼女を描いた堤幸彦監督。

母性の狂気を演じた篠原涼子はさらに一歩女優としてのステップを上がったと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

語弊があるかもしれませんが、本作『人魚の眠る家』は現代の命を巡るフランケンシュタインの物語です。

つまり、人間の生命をどこまで人間がかかわるべきなのかの物語。

最近の東野圭吾は『祈りの幕が下りるとき』で原罪を、『ラプラスの魔女』で天才の苦悩を、『マスカレード・ホテル』で現代の個人の匿名性を描いています。

テクニックが全面に出ていた時期から、人間の根本に迫るようになった東野圭吾とその映画化作品、常に豪華キャストということでそこに目が行きがちですが、物語の底辺に流れ続けるテーマの深遠さにも注目です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』あらすじとキャスト。富永監督情報も

母親が隣人の男とダイナマイトで大心中!! 数々の雑誌の創刊と発禁を繰り返した、アンダーグラウンドカルチャーを牽引した雑誌編集者末井昭が綴ったエッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」をまさかの実写化! …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『リバーズエッジ』二階堂ふみ・吉沢亮らの演技力の評価は

岡崎京子の原作漫画が行定勲監督の手によって映画化! 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵ら若手実力派が岡崎ワールドを体現。 主題歌を担当するのは岡崎京子の盟友である小沢健二。 二階堂ふみ主演の映画『リバーズ・エ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファイティング・ファミリー』あらすじネタバレと感想。女子プロレスラーとして勇姿をみせた女性とは⁈

世界最大のプロレス団体WWEで、一夜にしてスーパースターの座を勝ち取った女性プロレスラーの実話を映画化 ドウェイン・ジョンソンが惚れ込んだ脚本は、破天荒なプロレス一家に生まれ育ったマイノリティな女性プ …

ヒューマンドラマ映画

サイレント映画『サタンジャワ』上映日時と開催場所。「響きあうアジア2019」にて生演奏付きで魅惑に浸る

モノクロ世界に漂うジャワ島のサタンが、立体音響のなかで浮かび上がる 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン共催「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」につきまして、詳細 …

ヒューマンドラマ映画

『パラサイト』ネタバレ考察。映画伏線の仕掛け「石・家政婦・大洪水」の意味を深掘り解説

隠された仕掛けといくつもの伏線が絶妙な『パラサイト 半地下の家族』 2019年度の映画賞を軒並み獲得し、アジアからアカデミー賞を総なめする作品となった韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。ポン・ジュノ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学